この仕事は税理士の仕事で
この仕事は司法書士の仕事
 
他士業の仕事は扱ってはいけない
 
専門家にとってこれは重要なことで、例えば、行政書士が司法書士のように「登記申請代理」をしたら司法書士法違反になります。
下手したら逮捕されます。
 
でもね、これって一般の人にとっては
 
どうでもいいこと
 
「なに士」だろうが、自分が頼んだことをやってくれる人なら誰でもいいんです。
 
 
会社設立手続きのように、司法書士でも行政書士でもできそうな仕事。

「業際」
 
っていうのですが、これがよく問題になります。
 
行政書士なのに会社設立登記申請した
 
とか
 
司法書士なのに定款の作成代理した議事録作成した
 
というように。
 
お客さんにとっては、どっちでもいいことを専門家同士が争っています。
 
私の扱う「遺言書作成」も業際でしょうね。
行政書士も司法書士も私は持っているのであまり気にしたことないけど。
今はそんな感じですが、数年前までは愛知県司法書士会の会務に関わっていたので
法務局に行政書士のポスター貼られると「おかしくないですか?」と法務局まで苦情を言いにいったりしていましたけどね。
 
ひょっとしたら、私の事務所に仕事の問い合わせをした後に、他士業の方の事務所に電話をして
 
「司法書士事務所より安くやりますから」
 
と言われて仕事を取られているのかもしれません。
 
現に、「それ〇〇士の仕事じゃないじゃん」ということを堂々とうたってる人もいますからね。
 
以前は、そんな人たちにカリカリしていましたが、今はどうでも良くなりました。
 
費用が合わないのは仕方のないことだし
お客さんにとって自分の困りごとを解決してくれるなら誰でもいいわけだから。
それに違法なことをしてる人はそのうちに目立って捕まえるだろうと思ってるし。
 
カリカリしたり、「あいつは許せない」とSNSでつぶやいてるより
自分が売れる方法を考えていた方がずっと健康的だから。
 
業界のことを考えて「業際」をうるさく言ってくれる方は素晴らしいと思うけれど
無責任に聞こえると思いますが、業界より自分が食べていけることが私にとっては大事。
 
業界のことを考えて行動しても、業界は食べさせてくれないし、自分を守ってくれないから。
 
先日、少しTwitterで賑わっていた「業際」について、思うことを書いてみました。

b0181744_10351980.png

[PR]
# by 073995332 | 2018-07-20 10:38
 
美容院で髪を切ってもらいながら
 
「村瀬さんの仕事もAIに取られるの?」
 
と美容師さんに聞かれました。
 
「そうですね。取られちゃいますね」
 
司法書士の仕事はAIに取られます。
おしまい。
 
 
司法書士のやってる「登記」という作業は、間違いなくAIにとって代わられちゃいますね。
もっとも、登記に絡む不動産の売買は、人口減と「土地あまり」で減るでしょうから
AIの発展を待たずともジリ貧でしょうね。
 
登記の仕事はあればあったでいいけど、無くなった時の備えを同業の人って考えているのかな?
 
で、美容師さんに聞かれて
 
「そうですね。取られちゃいますね」
「でも、AIがまだまだできないだろうなって分野の仕事をやってます」
 
と答えました。
 
でも、「AIがまだまだできない」分野って何なんですかね?
 
私自身、「この業務」とはっきり言えなくて、ぼんやりしたことを言うと
 
コミュニケーション
 
コミュニケーションが不可欠な業務は、まだまだAIはできないでしょうね。
AIが「ドラえもんレベル」でコミュニケーションできたら、いよいよ私の仕事も本当におしまいです。

【士業が「AI」に仕事を奪われない方法】
https://na0ism.exblog.jp/27829519/
 
余計な事ですが、ここんとこ「価格」でAIではなく同業者に負けっぱなしなので、見積書とか作る気がなくなっています(笑)
 
 
先ほどコミュニケーションのことを書きましたが
 
司法書士業務でコミュニケーションが活かせる分野は何か?
 
と考えてしまうと、おそらく何も浮かびません。
 
仕事の枠をとっぱらって考える。
 
つまり
 
コミュニケーション×自分とか
コミュニケーション?自分?

って考えると何か浮かんできます。
 
「それって司法書士の仕事じゃない!」

って言われそうですが、ニーズがあってなおかつ自分の能力を活かせる分野ならアリじゃないですかね?
 
私はそう考えています

b0181744_18113523.jpg

[PR]
# by 073995332 | 2018-07-19 18:14
 
連日、37度とか38度が当たり前になっている愛知県
心なしかスマホもすぐに熱くなる気がします。
 
2月から月イチで通っていた東京での勉強会、昨日が最終回でした。
愛知県ほどじゃないけど東京も熱くて、私ポロシャツ短パンでしたよ。
最初の頃は、「渋谷」とか「永田町」とかニュースやテレビで聞いたことのある地名で、華々しく事務所や会社を経営している人たちにビビッていました。
だって、そんな人たちに「岩倉市から来ました」なんて言っても通じないから(笑)
 
普段は、似たり寄ったりの人が集まる勉強会ばかりだから、たまには「ビビる」くらいの人たちの間に交じった方がいい。
 
ビビッて、打ちのめされて、おのれの未熟さを知ることが成長につながります。
 
 
飽きっぽい
 
「いいな」と思ったことも、数か月すれば飽きてしまうし
楽しいなと思っていたこと、場所、人にも飽きてしまいます。
 
飽きっぽいのは私の短所なんだけど、反面、私の発想力の源でもある。
 
飽きるから、新しいことを考えるし
飽きるから、新しい場所に行き、人に出会おうとも思う。
 
飽きて新しいことを考えて、それを人に話して「はぁ?」とか「訳が分からない」と言われるのが好きで
「いいね」とか「面白いね」と言われるのはあまり好きではありません。
 
今思うと失礼だったな、と反省をしていますが
 
「会ってお話したい」
 
私に話を聞いてほしいという保険業の方がおられたので、お会いしたことがあります。
たぶん業務提携をしたいとか、そんな話だったと思います。
 
でも、

「保険のことならなんでもお任せください」

とか、つまらないことばかり話されるので

「つまらない話をしないでもう少し私の興味を引くような話をして」

と忠告したことがあります。
だって、保険業の方が「保険のことなら~」ってあまりにも普通ですよね。
 
司法書士は相続対策の提案もすることがあるので、何人もの保険業の方から声がかかります。
しかし、どの人も「保険のことなら~」だったら、こちらとしてもどなたに保険のことをお任せしたらいいか分からない。
 
保険屋さんなんだけど、新しいことを考えて提案できるとか、こちらの興味を引くような話のできる人
すこし、いやだいぶ変わっている保険屋さんなら、お仕事をお任せしたいと思います。
 
もっとも、私は飽きっぽいから、そんな保険屋さんが現れてもその時には保険屋さんに飽きてるかもしれませんけどね。
 
相続=保険、税金、お葬式という「連想ゲーム」は、どの司法書士もすることで
私もさんざん連想してきました。

でも、そろそろ飽きてきたので、相続以外の仕事やセミナーを中心にやっていこうかなと思っています。

b0181744_17065336.jpg

[PR]
# by 073995332 | 2018-07-18 17:07
   
こないだの三連休は豪雨で床上浸水と軽トラック3台を流されてしまった叔母のお見舞いに行ってきました。
 
叔母が住むのは岐阜県の関市上之保地区という山間の小さなところ
その昔は「上之保村」という村でした。
 
今までは災害のニュースも見ても「大変だな」と思うだけ
新潟の上越地震の時も、東日本大震災の時も現地で法律相談をしてきましたが
どうしても他人事なんですよね。

【名古屋空港→花巻空港→陸前高田市】
https://na0ism.exblog.jp/16234366/
 
畳の部屋が床上浸水で畳を外して、床下がむき出しになっている
壊れた軽トラックが転がっている
電化製品は水に浸かってしまって使い物にならない
 
被災した家(叔母の家)に足を踏み入れて初めて、災害というものを目の当たりにしました。
もっとも、私が訪ねる数日前から、私の母、親戚一同が土砂を掻き出し不用品を放り出して、きれいになっていたのですが。
私がお手伝いできたのは不用品を運搬することぐらい。
 
いくら被災地に行った、被災地で法律相談をしたことがあると言っても
遠方から上之保のためにボランティアで来てくださってる方に比べたら、法律相談なんて屁みたいなもの。
 
ボランティア受付に行列をなす人たちには頭が下がりました。
  
ホントかどうか定かではありませんが、こういった豪雨は地球温暖化が原因で、今後は毎年起こる、と誰かが言っていました。
確かに毎年どこかで豪雨が起こって甚大な被害が起きています。
 
私の事務所も五条川という川の真ん前にあるので、大雨の時はヒヤヒヤしています。
 
 
災害はいつ起こるかどこで起こるかは分かりません。
分からないから分からないなりの備えが必要ですよね。
 
箪笥が倒れないように「つっかえ棒」をするとか
「非常持ち出し袋」を用意するとかね。
 
それに比べて、人の死はいつ起こるか分からないけれど、必ず起こります。
人間の致死率は
 
100%
 
なんです。
 
離婚歴がある方
子どものいないご夫婦
独身の方
 
は、もめ事が起こりやすかったり、亡くなった時に手続きが非常に手間な場合が多いから
 
「遺言書作った方がいいですよ」
 
とお勧めはするんですけどね。
 
で、ある時、私が
 
「親族間のモメ事を防ぐために遺言書の仕事をしています」
 
と、信頼しているコンサルタントの方にお伝えしたら
 
「人は予防にお金は払わない」
「セコムに入るのは泥棒に入られた人だけ」
 
と言われました。
 
「いやでも、遺言のご依頼多いっすよ」
 
と心のなかでは思いながらも、納得できるところはあります。
 
例えば、がん保険が一番必要な人は「がん」を患った人だし
私もキックボクシングで手首痛めてから、手首を保護するために「バンテージ」するようになったし。
 
今回の、西日本豪雨で河川の治水対策や地滑り対策はきちっとなるんでしょうけど、できれば「こと」が起こる前に万全な体制にしてほしいですよね。
 
災害も相続対策も

b0181744_17595161.jpg

[PR]
# by 073995332 | 2018-07-17 17:00
 
「スマホ終活」というコンテンツを始めてから、とにかく「スマホ」と名のつくものを読んでいます。

【「スマホ終活」やってます】
https://na0ism.exblog.jp/28329533/
 
この
 
「スマホを落としただけなのに」
 
もそう
 
https://bookmeter.com/books/11648502
 
昨年末、友人が最新のiPhoneXを落として、再購入するとき現金一括でしか買えなかった

と聞かされて、大変だね、くらいしか言えませんでしたが、今だったら
 
「データは?」「セキュリティーしっかりしていた?」
 
色々うるさく聞いていたでしょうね。
 
むかしむかし、秋元康原作の「着信アリ」読んで怖いと思いましたが結局幽霊の話なんで
「スマホを~」の方がリアリティがあるから余計に怖い。
 
スマホが殺人鬼の手に渡ることは考えにくいけど、データを抜き取られたり、SNSの「なりすまし」に使われたりすることはあり得ますからね。
SNSなんてしょっちゅう誰かが乗っ取られていますから。
 
年末には、あの北川景子主演で映画化もされるみたいで、私の「スマホ終活」も映画化に伴ってヒットしないかな。
 
 
司法書士の仕事をしていて
 
「(不動産の)権利証なくした!」
「実印が見当たらない」
「契約書がない」
 
と、何かをなくす方は珍しくありません。
 
「権利証なくても、別の方法ありますから」
「じゃあ、新しい実印再登録してください」
「契約書作った人に問い合わせてみてください」
 
そんな風にアドバイスすれば、何かがなくなっていても大丈夫。
 
でも、スマホはそうもいきませんよね。
 
「スマホ終活セミナー」でお話するネットバンクがどうの、という前に
友人知人の電話番号はみなさんスマホで管理しているから、スマホがなければ電話もかけられない。

パソコンで電話番号のバックアップをとってる人もまずいない。
 
「スマホなくした!」
 
と言われても、「じゃあこうして」って私は的確なアドバイスをする自信はないです。
 
iPhoneXをなくした友人は酔っぱらっていてなくしたと言っていたので、酔っぱらっているときはスマホなぶらないことですね。



ちなみに、私はiPhoneXのことを「テン」ではなく「エックス」としばらく思いこんでいたことを告白します(笑) 
b0181744_17281298.jpg

[PR]
# by 073995332 | 2018-07-16 17:29