事務所によっては「ヤミ金お断り」の事務所もありますが、当事務所はヤミ金から借入のある方でも断りません047.gif

でも、久しぶりのヤミ金です。

利息制限法の上限金利引き下げに伴い、ヤミ金が増えると言われていました。
実際に増えたという話も聞きますが、真偽の程はわかりません。

依頼者に教えられた携帯電話に電話してみました。
いわゆる「090金融」というヤミ金業者です。

「×××!」「××××!」
ヤミ金さん、表現するのもはばかられるような低俗な言葉を発します。

コチラとしては法律論を述べるのみで、どんなに罵られようが相手にはしません。

ヤミ金さんが振り込んだお金返すと言っても、わけのわからんことをまくし立てます。


依頼者には、

・今後1~2週間は電話が続くこと
・電話がかかってきても相手にしないこと
・もし家にヤミ金が来ても、ドアを開けないこと
・通話内容を録音すること

をお願いしました。

どうしても対応が難しい場合には、所轄警察署に同行する旨も伝えました。

しばらくはガマンの日々が続きそうです045.gif
[PR]
# by 073995332 | 2009-07-08 23:31 | 債務整理
平和デス

何が平和かというと「法務局からの電話がない」からです058.gif

「法務局からの電話」
それは、補正を知らせる電話です。

「名古屋法務局○○支局(出張所)ですが・・・・」

それだけで心臓がバクバクです。

「書類が足りないよ」
「申請書おかしいよ」
・・・・

それならまだ良しです。

「取り下げて」

真っ青です033.gif

めったに取り下げないですけど。

「補正の連絡」は申請後、1、2日のうちにありますが、「名古屋法務局本局」だと申請後1週間たってからでも
補正の連絡があります。

もっと早く連絡くれ~い、と言いたいですが、本局は登記申請件数も多く職員の方も忙しいので、仕方ないですね001.gif


司法書士 岩倉市
[PR]
# by 073995332 | 2009-07-07 11:14 | 登記
自分で言うのも何ですが、わたし結構気の長い方だと思います。

「書類をもってきてください」
「家計簿つけてください」
「債務増加の経緯いついつまでに完成させてください」
・・・・

債務整理の依頼者にいろいろお願いすることが多いのですが、依頼者がこちらの要望に応えてくれなくても、怒ったり注意したりすることはありません。

まあ、人って忘れっぽいし、仕方ないよね、と思っていますから。


でも、依頼者が「これこれをやります」と言ってやらないとちょっと事情が違います。

強めの口調で注意します。
自分の言葉に責任を持ってほしいし、気のゆるみを引き締める必要がありますから。


気の長いこととは関係ないかも知れませんが。

たとえ過去にどのような過ちをおかしていても、わたしは過去の過ちを責めません。
過去の過ちからいかに学ぶかが重要だからです。

たまに多重債務を抱えた方に「お説教」をする弁護士司法書士がいるようですが、あまり意味があるとは思えません。

かえって逆効果かも。

やっちゃったことはしょうがないじゃん。

まあ、同じ失敗を繰り返さなければいいし、人間は失敗するものですから。

そう思ってます。
[PR]
# by 073995332 | 2009-07-06 22:19 | つぶやき
債務整理手続では「引き直し計算」が必須です。

引き直し計算とは
債務者の現在の債務額を確定させる際、「利息制限法」という法律にしたがい、 正確な債務額を計算し直します。これを「引き直し計算」といいます。

私たちは消費者金融から「取引履歴書」を取り寄せ、ひたすらエクセルのソフトに「年月日」「借入金額」「返済金額」を打ち込みます。

直前に大きな金額を借りていたり、毎日のように借入をしていない限りは、だいたい5年くらい取引を続けていれば債務の額が半減することが多いです。

10年以上続けていると、いわゆる「過払い金」が発生していることが多いです。

今は、引き直し計算を代行する会社が多くあるようですが、私は自分で計算します。
当然、取引の期間が長いと入力する手間が増えますが、自分でやります。

休みの日とかちょっとした仕事の合間をみて、ひたすらエクセルにカタカタ打ち込みます。

「典型的なギャンブルの借り方してるなあ」
「返済と同じ日に借入しているなあ」

少しブツブツ言いながらなので、端から見たら少し薄気味悪いかも026.gif
[PR]
# by 073995332 | 2009-07-05 19:03 | 債務整理
あんまり登記のこと書きませんけど、ちゃんと登記の仕事もしています。

今週は、抵当権設定登記をしました。

も少しくわしく言うと、「住宅ローンの借り換え」の抵当権設定です。

よけいわかんないですかね042.gif

借り換えとは
新規で低い金利のローンを組み、それを原資に元の金利の高いローンを一括返済することです。

ちょっと専門的になりますが、借り換えの場合の登記は、
①(新たな借入についての)抵当権設定登記
②(前の借入についての)抵当権抹消登記
を「連件」申請します。

今回は、少し違って
①(新たな借入についての)抵当権設定登記
②(前の借入についての)抵当権移転登記
③(前の借入についての)抵当権抹消登記
3連件で申請しました。

②番が必要だった理由は、前の借入先だった「住宅金融公庫」が組織変更して「独立行政法人住宅金融支援機構」になったためです。

連件申請って、けっこう神経使います。

一個でも不備があると連件で申請した登記が全てストップしてしまいますから。

仮に登記を取り下げることになると大変です。

融資実行日が抵当権設定の日付になりますので、日付の変更が余儀なくされてしまいます033.gif

司法書士真っ青です。

大きなお金が絡みますので、登記は神経を使います。
[PR]
# by 073995332 | 2009-07-04 12:28 | 登記