全然知らなかったのですが、昨日は
 
司法書士試験の筆記試験の合格発表
 
だったらしいです。
 
合格されたみなさんおめでとうございます!
 
昨夜のTwitterは合格した人たちのツイートで溢れていましたね。
 
もし、平成14年に私がSNSをやっていたら、絶対に
 
自撮り
 
自撮りしてSNSにアップしていたと思います(笑)
 
 
以前にブログで書いたのですが、不合格になった平成13年度の試験で
「来年は受かったわ」と不合格になったにも関わらず、手ごたえを感じました。
13年に手ごたえを感じても、翌年に受かる保証なんて何もないのにね(笑)
 
合格しても「タダ働きは嫌だ」で、すぐに独立してまあまあ大変だった

【「タダ働き」は嫌】
https://na0ism.exblog.jp/25058912/
 
大変だったけど、運が良くて、当時は「多重債務」の相談がたくさんあって
登記や相続といった「ザ司法書士」の仕事ではないけれど、仕事には恵まれましたね。
精神的に大変だったけど、月に10件、20件とドンドン「多重債務」の仕事が増えていったので食べるには困りませんでした。
 
今年合格されたみなさんが、どんな仕事をされるのかは分かりませんが
登記の仕事は大手に牛耳られているし、多重債務の仕事もないし、新規で仕事を始められるのは大変だと思います。
 
合格後、どこかの事務所で修業をして能力を高めても
独立後、すぐに仕事に恵まれるわけじゃないし
 
「あんなに難しい試験パスしたのに!」
「あんなに修行したのに!」
 
って怒れますよね。
 
SNS見てても
 
仕事が取れないから、古株の士業の悪口を書いたりしてる人いますね。
 
ああいうの意味ないから止めた方が良い
 
悪口言っても仕事増えないし
悪口考えるのは自分の脳にダメージが来る
結局損するのは自分だから
 
 
どうせ、考えるなら
 
誰をお客さんにするのかを定め
どうやったら、自分の存在を知ってもらえるのか
 
だと思います。
 
これって、今でも私は考えています。
 
なるべく同業者と被らないお客さんはどこにいるか
どうやったら、自分の存在をアピールできるか
 
って
 
どっかの固定客つかめば良いなんて時代じゃないし
法律も、お客さんのニーズもどんどん変わっています。
時代の変化に合わせつつも、変化にもブレない自分の軸を作らないと事業は成り立ちません。
 
新しく司法書士を始める人にも
長いこと司法書士をやってる人にも
いや、むしろ長いこと司法書士をやってる人の方が、大変な思いをする時代はもうそこまでやってきています。
 
新しい人、まだ何も持たざる人の方が時代の変化に合わせることができるんと違うかな
 
私はそう思っています。

b0181744_20201470.jpg

[PR]
# by 073995332 | 2018-09-27 20:24
 
「まさかうちがモメるなんて思ってもいませんでした」
 
私は、遺言書作成、見守り契約以外にも相続手続きが専門です。
 
で、相続手続きには
 
遺産分割協議書
 
と言って、具体的に遺産をどう分けるかを記載した書類に、相続人全員がハンコを押して手続きをすすめます。
 
遺産分割協議書を作成する前段階として、相続人の方の意向を確認するんですが
前段階で「いいよ」と言っていた方が、いざハンコを押す段になって
 
ハンコ押さない
 
と言い出すことがごくまれにあります。
 
「ハンコ押さない」と言われて、弁護士ならテンションが上がるのかもしれませんが
司法書士はテンションがダダ下がりになります。
 
なぜなら、弁護士は争いになってからが仕事ですからね。
司法書士は争いになっちゃったら仕事にならないから。
 
【 もめる前の司法書士 】
https://na0ism.exblog.jp/22540722/
 
 
長いこと司法書士をやっていると、依頼者の家族関係をうかがえば
その先の展開がどうなるかは大体分かります。
 
家族関係がこんなだからモメるなとか
円満に行くなってことが分かる。
 
兄弟同士は仲が良いけど、その兄弟の奥さん、旦那さんと関係が良くないとモメる。
 
お客さんとの雑談で「兄嫁が気に入らない」とか「妹の旦那がどうの」ってのが出てきたら
 
モメますよ
 
今から何か手立てをしておかないと相続の時、モメますよ、ってアドバイスしています。
 
他に、子どもの教育にお金がかかっている。生活に困っているとか
兄嫁が保険外交員やってる、妹の旦那が司法書士(弁護士)だ、もモメる。
なので、司法書士である私も、義理の父母の相続ではモメ事とを引き起こす火種になりえます(笑)
 

モメてから何を言っても遅い
 
「まさかうちがモメるなんて思ってもいませんでした」
 
って、相手の心のうちまではわかりません。
 
モメ事なんてないならそれでいいし
モメても被害が最小限になるような工夫をしておいて損はない。
 
モメちゃったら
 
縁切り
 
家族の縁も、兄弟の縁もスッパリ切れてしまいます。
 
私は一人っ子なので、兄弟の縁は良く分からないけど、親族の縁が切れてしまったら寂しいだろうなと思う。
 
相続でモメる金額って、裁判所の統計によると預貯金不動産を含めて5000万円以下の金額なんですよね。
たったそれだけの金額について争って、お金で買えない縁が切れてしまうなんてもったいない。
 
「うちはモメないと思うけど、それでも万が一に備えて」
 
という感じで、将来の話をしてみてくださいね。
 
いつでも力になりますよ。
b0181744_16454767.jpg

[PR]
# by 073995332 | 2018-09-26 16:56
 
「SNSで仕事来ますか?」と聞かれることがよくあります
 
「来ますよ!SNSで仕事来ますよ!」
 
聞かれたら、そう答えているんだけど、答えても
 
「じゃあSNSやります!」

って人はいません。
なんだか答え損だなぁといつも思う。
 
たまにやります、という人がいても、ちょこちょこっとSNSやってそれっきり。
 
SNSで仕事来ます
 
でも、続けないと仕事は来ません。
ちょこちょこ投稿して、仕事が来るという魔法のツールじゃない。
 
商品を売るためでも
あなたを売り込むためのツールでもない。
 
あなたとSNSでつながっている人との関係性を深めるツールが
SNSです。
 
【SNSで「あのセンセイ」より売れる!】
https://na0ism.exblog.jp/28243926/
 
 
「知り合いの弁護士がLINE@始めたいって言ってるけどどう思う?」
 
そんなことも聞かれますが
 
「常に発信している人じゃないと何をやってもダメだと思うよ」
 
って、私は答えていますね
 
向き不向きもあると思うんですよね。
 
「何を発信したらいいか分からない」から発信できないという人もいれば
ネタが豊富で常に発信している人もいる。
 
私も発信するネタには困りません。
「常に発信する」と決めているので、ネタが勝手に引っかかってきます。
 
それに、私は投稿のモチベーションが
 
「自分のことを知ってもらいたい」で
 
どうしたら自分の存在を知ってもらえるか
どうしたら自分に興味を持ってもらえるか
どうしたら面白いやつだと思ってもらえるか
 
それらを考えて投稿しています。
 
売り込もうとか
仕事を取ろうとかを考えては投稿していません。

「来ますよ!SNSで仕事来ますよ!」と言っているけど
売り込みは一切していません。
 
 
どうしたら自分の存在を知ってもらえるか、とかって
何もSNSの投稿の時にだけ考えることじゃない。
 
人前での自己紹介、プレゼンでも
 
どうしたら自分の存在を知ってもらえるか
 
を考えてやらないと仕事なんて来ない。
 
勘違いしてる人多いんだけど、自己紹介やプレゼンって
自分のことをダラダラ説明する機会じゃない。

自分のことを強く印象付けるため

にするんだからね。
 
 
あなたは、他人に自分のことを強く印象付けるための工夫をしていますか?
 
b0181744_18333619.jpg

[PR]
# by 073995332 | 2018-09-25 18:42
 
私は、分厚い法律専門書を読むのが苦手
勉強は嫌いだということを以前書きました。
 
でも、改正民法の施行が迫る中、好きとか嫌いとか言っていられなくなってきた。
なので、「薄い本」を勉強することから始めました(笑)
 
【司法書士も「薄い本」で学ぶ】
https://na0ism.exblog.jp/26618048/
 
因みに、薄い本(うすいほん)とは
同人誌、特に漫画・アニメーション・コンピューターゲームの成人向け二次創作同人誌を指す俗語(隠語)でもあるそうなので、使う時は気をつけましょう(笑)
 
私も昔は、新しい法律を学ぶために、仕事のための仕入れとして
やたら「ぶ厚い本」を買いこんでいた時期もありました。
 
でも、その本を買ったことに満足して
知識の定着も中途半端になってしまう。
 
だから、まず薄い本でアウトラインをつかんで
重要なところだけを「まあまあ厚い本」で補うようになりました。
 
依頼者や相談者への質問に答えるのだったら薄い本だけでも問題ない
実際に依頼を受けた際に掘り下げて勉強しても遅くはない。
 
もちろん、誰に何を聞かれても大丈夫
矢でも鉄砲でももってこい、くらいの知識をストックできれば良いけれど
それにはとにかく時間がかかる。
 
勉強に割く時間があるなら、勉強する時間を仕事を取ってくる方に割くべき。
勉強なんて仕事とってからやりゃあいい。
 
で、ジュンク堂で「薄い本、薄い本」と探していたら、期せずして
日本司法書士会連合会が出版していた本が一番薄くてとっつき易そうでした。
 
次に読む「まあまあ厚い本」はどれにしようかな
 
b0181744_18203226.jpg

[PR]
# by 073995332 | 2018-09-24 19:18
 
私は朝活「BNI」に参加しているのですが
BNIでは、紹介の出し方もらい方、プレゼンの仕方等のトレーニングがあります。
 
BNI=business network international
 
だから、「ネットワークビジネス」と勘違いされることもありますが
早起きは習慣化されるし、ビジネスのためなら朝早くても平気という前向きな経営者が多いので気に入っています。
 
で、BNIには「カテゴリー」というものがあって、1専門分野1人が参加できます
 
例えば、すでにBNIのグループに「フランス料理」の人が参加していたら、そこのグループにはもう「フランス料理」の人は参加できません。「イタリア料理」の人は参加できますけどね。
 
士業であれば、カテゴリー「司法書士」とか「税理士」で参加している人もいますが
厳密に言えば司法書士や税理士って職種であって専門分野ではありません。
 
専門分野だから、司法書士なら「相続」「法人登記」でしょうし
税理士なら「確定申告」「相続税」になるんでしょうね。
 
ちなみに私のカテゴリーは
 
遺言・みまもり
 
です。
 
司法書士の「し」の字もありません。
 
最初は、頑なにカテゴリー「司法書士」を貫いていたのですが
ある時

「一般の人は、司法書士が何をする人か分からない」
 
ことに気がつき、司法書士ではなく「遺言・みまもり」にカテゴリー変更しました。
 
 
私のカテゴリー変更は、何が得意業務なのかを一般の方に伝えたいのと
ただ、司法書士と言うよりも「遺言・みまもり」の方が覚えてもらいやすいかな、と思ったからです。

【「絞れば」売れる】
https://na0ism.exblog.jp/28606216/
 
で、「カテゴリー『遺言・みまもり』です」とBNIの方に伝えると
 
「登記の仕事やらないの?」
「仕事の紹介減るやん」
 
と心配されます。特に士業の方に。
 
先日も、ある弁護士の方に
 
「仕事の大半は登記でしょ?そんなことして大丈夫?」
 
と心配されました。心配してもらってありがとうございます。
ちなみのその方のカテゴリーは「弁護士」でした。
 
「トラブルがあったら弁護士に相談」ということは誰でも知っています。
だけど、トラブルの質もいろいろあって、弁護士として報酬をいただけるトラブルもあれば、いただけないトラブルもある。
できれば、お金にならないトラブルは相談には乗りたくないというのが本音だと思う。

ただ「弁護士」と名乗るより「離婚」とか「相続」とカテゴリーを絞った方が、質のいい仕事、お客さんに恵まれると思う。
だって、弁護士ってトラブルの渦中に身を置くからストレス半端なさそだし
できたら、ストレス減らして少しでも楽にお金稼ぎたいでしょうから

 
でも、専門分野や業務を絞りこむって
 
怖い
 
怖いんですよね。
 
私も頑なにカテゴリー「司法書士」にこだわっていましたから。
 
ただ、絞りこんでみたら、仕事が減るどころか増えて、やりたくない仕事は来なくて
普通に「司法書士」を名乗っていたころより、ずっと私と言う存在を覚えてもらいやすくなりました。
売上も上がったし。
 
昔、天海祐希主演の「離婚弁護士」というドラマあったけど
あれくらい絞りこんだ方がぜったい売れると思うな。
 
ところで、10月から始まる米倉涼子のドラマは「元弁護士」ってどうなんだろ?

b0181744_20565284.jpg

[PR]
# by 073995332 | 2018-09-21 21:17