<   2018年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 
アジア大会、とくに陸上競技の4×100mリレーを見ていると

私の仕事と一緒
 
そう思います。
 
ちなみに私は小学生の時、4×100mリレーの学校代表でアンカーでした。
今回のアジア大会の代表で言うと私は
 
ケンブリッジ飛鳥でした(笑)
 
大会の前は、ひたすらバトンパスの練習
来る日も来る日もひたすらバトンパス
 
バトンパス、バトンパス、バトンパス・・・
 
バトンを上手くつなぐための練習をひたすらやる。
その甲斐あって、本番ではバトンミスなく競技を終えることができた。
 
 
私の仕事、相続対策なり遺言書なりは
 
バトンパスと同じ
 
親から子へ子からその子へ財産を想いを引き継ぐ仕事です。
 
小学生の時はバトンパスをする当事者でしたが
司法書士の今は、4×100mリレーのコーチですね。
 
「バトンはオーバーハンドではなくアンダーハンドだよ」
「バトンゾーンを上手く使わないとだめだよ」
 
「生前贈与ではなく遺言の方がよいですよ」
「非課税枠を有効に使いましょう」
 
そんな感じ
 
バトンパスは走者同士の呼吸を合わせないと上手くいかないのと同じように 
我流のそして、後継者のことを考えない相続対策をしている人もやっぱり上手くいかない

リレーも相続対策も、きちんと正確に。
b0181744_21171087.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-08-31 21:24
  
「村瀬さんの事務所は何人スタッフがいますか?」
 
同業者とか士業の方と名刺交換をするとき、必ずされる質問です。
 
「一人でやってます」
 
というと不思議そうな反応、少し冷ややかな反応をされることがよくあります(笑)
 
司法書士事務所のビジネスモデル(?)って
 
「銀行や不動産業者から単価の低い仕事をたくさん集めて、たくさんのスタッフでひたすら処理する」
 
のが理想とされます。
 
だから、いくらの仕事をしたかより、何件の仕事をやったかが重視される。
 
周りの成功しているとされる司法書士事務所がそんなだから
司法書士ってそうあるべきと思い込んでいる人が多い
 
「何人スタッフいますか?」という質問はその典型じゃないかな。
 
負け惜しみと思われても構わないんだけど、スタッフがいたらスタッフに何を教えるのか困るし
スタッフがいるスペースの確保も考えにゃならん。
スタッフとその家族の人生をしょい込むなんて私にはできません。
だから私は独りが気楽でいいです。
 
たくさんのスタッフを雇用している事務所は、私とは方向性が違うけどスゴイと思う。
 
 
たった3ヶ月でクビになりましたが、私が勤めていた事務所って
今にして思えば
 
人を雇う必要がない
 
先生一人で十分にやっていける事務所だったと思う。
人を雇っていたのは、ただの「見栄」だったんじゃないかな。
 
多くの司法書士は、どこかの事務所で修業をして修行先でやっていたことに倣って
自分の事務所運営をします。

・銀行や不動産業者が苦手だ
・人を雇うのは面倒
・たくさんの仕事なんて集められない
 
という私のような変わりものは、ロールモデルとする事務所がなかったから
自分で四苦八苦しながらやるしかありませんでした。
 
ロールモデルがないから同業者には聞けないし
異業種の方でロールモデルになる人の話をずいぶん聞いた。
 
時には、お金を支払って「アイディア」をいただき、その「アイディア」を丸パクリしたこともある。
 
たまに、母に褒められる(?)ことがあるんです。
 
「あんたは自営業なのに自分に閉じこもらないし、かといって同業者ともつるまない。上手いこと異業種の人との付き合いを増やしている」
 
って(笑)
 
そりゃー自分に閉じこもっていたら仕事なんて来ないし
同業者と付き合っても仕事にならない
仕事が来るのは異業種の人からだからね。
 
上手いのかどうかは分からないけど
今、アライアンスを組んでいるのは、IT業、医療業界、建築業の人ですね。
どの業種の人も、司法書士業とは遠いから誰もアプローチしないし、このアライアンスはスタッフを雇わなくても外注で事足りる。

【「何でもできる人」はきっと損する】
https://na0ism.exblog.jp/28531047/
 
 
私が学んだ異業種の人の中に「何人スタッフがいますか?」って質問する人はいなかったし
一人ですごく売り上げを立てている人がたくさんいました。
 
「たくさん人を雇わないと稼げない」
 
って思い込んでる人は、

「人を雇わないと稼げないって本当かなぁ?」
 
とほんのちょっとでも疑問に思ってみると、新しい発想が生まれると思う。
 


b0181744_20415898.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-08-30 20:45
 
私は少人数で飲み食いするのが好きです。
で、そういった食事会をするのに適したお店を教えてもらうととても嬉しい
 
食事会に良い店は
 
お金持ってるおじさん

 
女性
 
から、私はよく教えてもらいます。
 
まあ、私もおじさんなんですが、お金はそんなに持ってない(笑)
会社の役員になってるおじさんや古株の士業のおじさんに、食事に連れてってもらい
良い店なら別の人との食事会に使います。
 
女性の場合は「食事に行こう」と誘うのができないので
 
「魚の美味しい店知らない?」
 
と聞いて、一人で行ってみて良い店なら誰かと一緒に行くようにしています。
 
おかげでまあまあお店のストックが増えました。
 
 
美味しい店を知りたいとき、私はお金持ってるおじさんか女性から教わりますが
困ったことがあったときに、あなたは誰から困りごとを解決してくれる人を教えてもらいますか?
 
逆に

「あの人に聞けば何でも解決してもらえる」
 
あなたはそんな人に思われたくないですか?
 
私が困った時に相談するのは
 
人脈のある人
 
です。

だから、あなたが「あの人に聞けば何でも解決してもらえる」人に思われたいのなら
 
人脈のある人になればいい
 
「そんなすぐに人脈なんて作れない」という人は
 
人脈ありそうに見せればいい
 
いつもたくさんの人に囲まれている
異業種の人と付き合いがある
そんな雰囲気をSNSなりで発信する
 
そうすれば、人脈ありそうに見える

【「情報が集まる人」になろう】
https://na0ism.exblog.jp/25042583/
 
あとは
 
常に情報、お役立ち情報を発信する
 
というのも、物知りと思われて
 
「こんなこと分かりますか?」
「こんな人知ってますか?」
 
というように聞かれるようになります。
事実、私は人脈がなかった時、情報をひたすら発信をしていたので
「こんなこと分かりますか?」としょっちゅう問い合わせがありました。
 
司法書士だから、弁護士だから、「なになに士」だからと言っていても
情報なんてちっとも集まりません。
 
だって、「なになに士」なんていっぱいいるし、発信しない「なになに士」がほとんどだから
発信する「なになに士」はいるにはいるけど、発信内容は自分のことだけ。
お役立ち情報を発信している人はまずいません。
 
「なになに士」の方は売り込み臭が強すぎるんですよね。
売り込み臭の強い人はもれなく嫌われます。
 
売り込みではなく、お役立ち情報を発信する人は好かれるし、関心を持たれやすい

人から関心を持たれないと仕事にはつながらないし
役立つ人のところにしか情報は集まりません。
 
あなたのところに集まった情報の中にしか、あなたの得する情報、仕事になる情報はないからね。
 
人に関心を持たれ
情報の集まる人になろう

b0181744_19265029.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-08-29 19:34
 
 
私は、本業である司法書士の仕事のご紹介もとてもありがたいのですが
 
「新しいビジネスをやろうぜ」
 
というお誘いも大歓迎しています。
 
とても不届きで、嫌う人もいるかもしれないけれど
私の理想は
 
動かなくてもお金が稼げること
 
です。
 
またまた不届きなことなんですが
司法書士業はあちこち動いて人にあって書類を作ってお金をいただく仕事です。
 
あちこち動く先が増えると自分1人では対応できないから
多くの人を雇ってたくさんの仕事をこなすのが、司法書士が描く司法書士としてあるべき姿なんだと思う。
 
でも
 
・あちこち動かないと
・たくさんの仕事を集めないと
・人を雇わないと
 
お金って稼げないのかな?
 
・動かなくても
・たくさん仕事がなくても
・人を雇わなくても
 
お金って稼げるんじゃね?
 
「新しいビジネスがしたい」という思いは、この「稼げるんじゃね?」という疑問から始まりました。
 
 
私がやっている
 
「あの先生より10倍高くても売れる士業養成講座」
 
というセミナーでは
 
「枠を外しましょう」
 
ということを言っています。
 
枠を外すというのは、例えば
 
「司法書士」という枠
司法書士として何ができるか、を考えず自由に発想しましょうよ、ということです。
 
人に笑われてもいいから
どんなに突飛でもいいから
発想を止めないで、ということを言いたいのです。
 
私のITコンサルとのアライアンスも「枠」を外したから成立しました。
ある意味、アライアンスという「枠」も外れているのかもしれません。
 
「協業なんだから同じように働かないといけない、働くべきだ」
という「思考の枠」を外して、ITコンサルA氏とアライアンス組んでいます。

・・・平たく言うと「私がやることが少なくて済む」ということなんですけどね(笑)

【「遠い人」と組め】
https://na0ism.exblog.jp/28410587/
 
 
司法書士を始めとする士業の方は真面目な方が多いから
 
動かなくてもお金が稼げる
 
に強い拒絶反応を示します。
 
法律知識を売って
書類を作って
お金を稼ぐものでしょう、って
 
それは間違いのないことですが、別に自分が売らなくても人に売ってもらってもいいし、人に書類を作ってもらう方法もある。
 
「スマホ終活」も、私のやったことは
 
アイディアを出して
商標の出願を弁理士に頼んで
人前で話しただけ
 
ゆくゆくは「話す」こともやめて、話したい人に話してもらう予定です。
 
 
誤解を恐れずに言えば、「動いてお金を稼ぐ」って
 
動いている、忙しくしていることに充実感を覚えてしまって
いただいたお金がその動き、忙しさに比例していなくても満足してしまう危うさがある。
 
それは、報酬というより手間賃ですよね。
 
あなたがいただいているのは、手間賃でしょうか?
それとも報酬でしょうか?

b0181744_19551030.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-08-28 16:27
 
 
「英語で資本金って何て言うんだっけ?」
 
外国籍のお客さんと会社設立の打ち合わせをしていて
 
資本金
 
の説明をするときに、資本金とだけ伝えても分からないから
はて、英語でなんと言うのか、と少し困りました。
 
Capital stock
 
スマホで調べたら、資本金のことを

Capital stock
 
と言うそうです。
勉強になりましたわ。
 
あまり数は多くないんだけれど、外国籍の依頼者相談者もたまにいるから
ちゃちゃっとスマホで調べて伝えられるのはめちゃ便利。
 
スマホのもっと便利は使い方はあるんだろうけど、私は検索するくらいしか使えてません(笑)
 
 
ただ、SNSについては、誰よりも使えていると自負しています。
 
こういったブログの文章を書いている時でも、LINE、メッセンジャーを通じて情報のやり取りをしているし
電話と違って時間を取られることがないので、私の仕事はSNSに助けられています。

【「LINE」でご連絡ありがとうございます】

https://na0ism.exblog.jp/28393766
 
SNSを通じての連絡だと、自分の気の向いたときに、連絡をすればいいし
文字を書くので「言った言わない」が防げる。
 
電話の方が早いから
文字を打つのが面倒だから
 
と、頑なに電話で押し通す人もいますが

SNSの方が楽なのにな
もったいないな
 
といつも思う。
 
文字だけじゃなくて、資料も写真も添付できるし
何よりも時間の浪費を防げる。
 
時間の浪費って、例えば
こちらが電話をかけても相手が電話に出られず
相手から折り返しの電話があっても、こちらが電話に出られない 
が延々と続くやつ
 
私はあれが一番苦手です。
 
ちっとも電話って便利じゃないと思う。

「SNSはちょっとな」 

という方は、ショートメールでも良いんですけどね。
文字数の制限はあるけど、携帯の電話番号さえ分かっていればできるし
短い連絡には便利


私は、一日も早く「電話」という機械が無くなってほしいと切に願っています。
電話は人の時間を奪う最たるものですからね。
 
b0181744_16012144.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-08-27 16:02
 
「何やってる人ですか?」
「どんな分野が専門ですか?」
 
って、名刺交換の時に聞かれてる人は売れないと思う。
 
人は他人になんて関心がない。
関心があるのは自分のことだけ。
 
名刺交換して「司法書士です」と名乗っても、相手は「へー」で終わります。
「何かありましたら」と言ってみても、何もありはしない。
 
相手は、あなたのことなんか関心ないんだからさ。
最初に何を言うかが大事じゃないか?
 
 
私は、一般の人には
 
「私は日本一の『ゆいごん書』の専門家です」
 
と言い
 
士業の人には
 
「同業者より10倍高くても売れる方法を教えています」
 
と名乗っています。

【「10倍高く売れる方法」教えます】

https://na0ism.exblog.jp/26691256/
 
業務範囲(私の場合は遺言書であり結言書)を絞ると、その仕事しか来なくなると思っている人が多いから
どの人(例えば司法書士)も、業務範囲を絞ろうとしない
 
「司法書士ってどんな仕事するか知ってるでしょ?」
「その仕事が来たら依頼してね」
 
くらいにしか思っていない。
 
繰りかえしになるけど、相手は、司法書士のことなんて知らないし
あなたのことも興味がない。
 
「なんか司法書士って人に会ったな」くらいの印象しか残りません。
 
「~10倍高くても売れる~」と名乗っていると、敬遠してくる人もいるけれど
いやほとんど敬遠されるな(笑)
敬遠されたとしても「売れる方法」は、インパクトあるし、誰もが興味持つことだから。 
 

「どんな仕事でもします」と「網」を広げれば広げるほど
「何でもできます」とあなたが言えば言うほど
 
あなたの印象は薄まっていって、あなたは選ばれにくくなりますよ。
 
だから、あなたの印象を濃くして、あなたがお客さんから選ばれやすくするには
 
インパクトを与えること
やることを「絞る」こと
 
これらに尽きると思う

b0181744_20195644.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-08-24 20:34
 
 
「そのセミナー受講すると誰がどうなれるの?」
 
もしくは
 
「誰にどんなメリットがあるの?」
 
という、お客さんのシンプルな問いに具体的に答えられるかどうかが大事だよね
 
昨夜、私が5冊買った板坂裕治郎大先生の書籍「社長の鬼原則」をプレゼントするという企画の当選者の方に、書籍を渡す席で上記のようなやりとりがありました。
 
【ターゲットは「アホ社長」】
https://na0ism.exblog.jp/28533837/
 
セールスの人は、くどくどと商品の良さやスペックを説明するのに一生懸命で、セールスが話せば話すほどお客さんが離れていきます。
お客さんは、商品のスペックなんて興味ないから
 
お客さんが興味あるのは
 
自分にメリットがあるか
 
だけ。

自分が得するか
 
だけ
 
 
だから、お客さんにメリットを見せる
お客さんがその商品を購入してメリットを得てる姿をイメージさせる
 
それさえできれば、どんな商品、サービスも売れる。
 
説明するんじゃないんです
イメージさせるんです。
イメージできるように話す。
 
司法書士の仕事をセールスと言っちゃっていいか分からないけど
ある手続きをお勧めするときには、お客さんがイメージしやすいように話しますね。
 
「今はこうだけど、この手続きすれば将来的にあなたはこうなってるから」
 
そうイメージさせる。
 
お客さんの頭の中に「得してるイメージ」を描かせよう
b0181744_19560928.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-08-23 20:05
 
高校野球、今年は盛り上がりましたね。
プロ野球も高校野球も興味ない私まで「あのチーム」を応援しましたから。
大阪府民以外の人はみんな「あのチーム」を応援したんじゃないかな~
 
金足農業高校
 
冬満足に練習できないのに
無名の選手ぞろいなのに
お金もなくてカンパに頼っているのに
快進撃
 
次第に、選手の、高校のストーリーに惹かれ秋田県民以外も味方につけました
やっぱストーリー大事だよね
  
【「すしざんまい」に学ぶストーリーの力】
https://na0ism.exblog.jp/25388552/
 
対戦相手は、自分たちより(たぶん)恵まれていて
素材も日本代表クラス揃い
 
日本中が「ジャイアントキリング」を望みました。
でも、真っ向勝負して美しく散った。
 
 
「感動をありがとう」
 
いち視聴者なら「ありがとう」でいいと思いますが
金足農業に感動、感情を動かされた私は、どうして感情を動かされたのかを考えてみました
 
・地方
・ハンデ
・無名VSエリート
・全力
・応援
・ラスボス
・ドラマ
・惨敗
 
とりあえず思いついたのはこれらで
私の感情を動かしたこれらを私の仕事にどうにか活かせないかを考えています。
 
・岩倉市という辺鄙なところ
・資本力がない
・無名の個人事務所
・全力は当たり前
・誰に応援されているか
・ラスボス?
・どうして司法書士という仕事を選んだのかというストーリー
・過去にお客さんに選ばれない価格競争に負けっぱなしだった
 
あれ?活かせるかな?
 
こんな具合に、感情を動かされたことを私の仕事に活かす
私が売れるために活かしたいです。
 
 
「たかが感情じゃん」
 
と思われる方がいるでしょうけど、人の購買意欲って
 
感情が動くから湧く
 
欲しいという感情が起こるからモノを買うんですよね。
欲しいという感情の後に、理屈で自分を納得させる。
決して理屈が先じゃない。
 
カタチのあるモノでも
私のようにカタチのないサービスでも同じ
 
感情を動かすこと
 
感情を動かすことができれば、モノもサービスも売れます。 
 
なかなか商品が売れない
サービスを契約してもらえないという方は、ひょっとしたら理屈優位で売ってるかもしれませんよ。

b0181744_17475118.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-08-22 17:48
 
「もっと早く知りたかった」
 
お盆期間中に、ケアマネジャーさん相手に
 
死後事務委任契約
 
の話をさせてもらいました
 
死後事務委任契約とは、葬儀や埋葬に関する事務を委託する契約のこと。
委任者が、受任者に対し、自己の死後の葬儀や埋葬に関する事務についての代理権を付与して、 自己の死後の事務を委託する委任契約を「死後事務委任契約」といいます。
 
「認知症になったらどうのこうの」
「成年後見制度はこれこれ」
 
という話は、ケアマネジャーだったらご存知だと思ったので
亡くなった後のことについて話したら役に立ててもらえるかなと思い
 
死後事務委任契約
 
の話をしました。
 
死後事務委任契約って、「スマホ終活」とも絡んでくるから、知っておいても損はないでしょうしね。
 
【「スマホ終活」やってます】
https://na0ism.exblog.jp/28329533/
 
 
介護施設の方
病院の方
 
は、入所者、入院患者が亡くなった後のことをどうされているんでしょう?
 
ご家族がいればその方に
ご家族がいなければ身元保証人の方に
 
亡くなった後のことを任せているのかもしれません。
 
ご家族であれば、相続人として亡くなった後のこと、相続手続きも行えますが
身元保証人等で身内でもない方は、できることが限られます。
 
そして、介護施設、病院ならまだ良いのですが
身寄りのないお独り暮らしの方が亡くなられた後は、どうするんでしょう?
 
いつも通り、法律がどうのという話は全くせずに、自分の経験を踏まえた話をしました。
 
例えばこんな感じ
 
『Aさんは、自分が亡くなった後のことを檀家になっているお寺の住職に託しました。
 
「亡くなったら後のことは頼むね」
 
Aさんはその一言といくらかのお金を渡しておけばそれでいいと思っていました。
 
口約束は何の意味もない
住職がカギを託されていても、Aさんが亡くなった後に住まいにあるものを持ちだしたら窃盗と言われかねません。
 
「契約書にしておかないと住職が泥棒になっちゃいますよ」
 
私の一言で、Aさんと住職は「死後事務委任契約」を始めとしたいくつかの契約を結びました。』
 
 
成年後見制度では、被後見人の死後でもできることはいくつかありますが
お年寄りがみんながみんな認知症になるわけじゃない。
 
だから、死後事務委任契約って使える制度だと私は思っています。
 
でも、遺言書とか死後事務委任契約の話すると、決まって
 
「(受任者になっている)村瀬さんがお年寄りより先に亡くなったらどうするんですか?」
 
と聞かれるので、すこし困ります。
 
そんなにすぐに死にそうに見えるかなぁ? 

b0181744_13525657.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-08-21 17:00
 
最近の私は、セミナーなど新しいことをいくつか始めていますが、なかなか上手くいきません。
 
・集客ができない
・価値を伝えられない
・成約できない
 
自分でも面白いくらい「ないないづくし」で笑っちゃいます。
 
で、上手くいかないから
 
しばらく続けてみます
 
 
上手くいかないなら、止めるんじゃないの?
自分なら止めるな 
 
と思われた方は、少しもったいない。
 
上手くいかない場合には、なぜ上手くいかないのかを検証したり
やり方を変えてみたりするチャンスです。
 
いくつかの失敗や不成功を積み重ねないと成功には到達できません。
行動して失敗して、修正して行動してまた失敗する。
その繰り返し。
 
普段、司法書士という「失敗のできない仕事」をしているから、笑っちゃうくらい失敗続きもなかなか楽しいですよ。
 
 
で、「同業者より10倍高くても売れる」というセミナーをやってみて
 
士業の人の食いつきが悪い
 
士業向けのセミナーなのに、士業の方の参加が少ないのが面白いな~と思っています。
 
よく言えば「仕事にもお金にも困っていない」
悪く言えば「高く売ることに抵抗がある」
 
もっと悪く言うと 
 
高く売るとお客さんに逃げられる
高く売ると契約知ってもらえない
高く売ると同業者に悪口を言われる
 
高く売るのはあくどい
高く売るのは悪いこと
高く売るのは許せない
 
そんなことを思っていてる人が多いのかな。
 
「儲ける」「稼ぐ」「営業」という言葉に嫌悪感を抱く人多いし
士業も商売なんだけど商売らしさを出すことに抵抗を感じているのかも 
 
【パラダイムシフト】
https://na0ism.exblog.jp/22472615/
 
だから
 
「同業者より10倍高くても~」なんてもってのほか


また高く売れない理由に、「お金へのトラウマ」もある

お金にこんなイメージを持っているとお金を受け取れない

「悪いことをしないと稼げないもの」
「汚いもの」
「争いのもと」
「身を滅ぼすもの」

【 高く売れ! 】
https://na0ism.exblog.jp/23019310/
 

上手くいかないセミナーをやってみて
 
高く売ることに抵抗があるのかな?
「お金へのトラウマ」があるのかな?
 
そんな「仮説」が浮かびます。
「仮説」が浮かんだら
 
どうしたら抵抗をなくすことができるか
どうしたら「お金へのトラウマ」をなくせるか
 
という解決策らしきものを考えるようになります。
 
だから、ちょっとくらい上手くいかないからって、新しいことをやめちゃうのは勿体ないなぁと思っています。
新しいこと、誰もやっていないことは上手くいかなくて当たり前。


b0181744_20320756.jpeg

[PR]
by 073995332 | 2018-08-20 20:33