<   2018年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 
「何を投稿しようかとついつい考えてしまい投稿が止まってしまう」
 
SNSのアカウントを持っている人で、こんな人が多いみたいですね。
 
SNSなんて自分の考えや意見を投稿するだけなんですけど

凄いこと書こう
「なるほど!」「さすが!」と言われること書こう
 
なんて考えているから投稿できないんじゃないかな、と私は思います。
 
最初のうちは、誰もあなたのことを知らないし、あなたの投稿に関心がないから
良いことを書こうが悪口を書こうが反応はありません。
だから、安心して悪口でもくだらない投稿でもしたらいい。
 
私も「なるほど!」「さすが!」と思われたい願望はあるけれど
ただ、だらだら自分の想いを綴って「アンチ」を増やすだけになっています。
「アンチ」が増えた反面「ファン」も増えましたけどね。
 
 
SNS初心者の人って
 
自意識過剰
 
自意識過剰な人が多い
 
「SNSだよ!?」「インターネットだよ!?」「全世界発信だよ」
 
って、あなたの投稿なんて誰も見てやしないよ
 
「変なこと投稿して、お客さんに変なやつと思われたらどうしよう」
 
って、あなたがその人をお客さんだと思ってるだけで、相手は何も思ってないから。 
変なやつでも、お客さんに覚えてもらったらラッキーじゃん
 
最初は誰も見てくれないけど、地道に投稿して「友だち」増やして
パーソナルな部分を出して行くと、「友だち」がリアクションをしてくれる
 
「いつも見ています」
「こないだのアレ面白そうだね」
「○○さんと仲いいんだね」
 
って。

【「いつも見てる人」に仕事は殺到する】
https://na0ism.exblog.jp/26660267/

 
当たり障りにないことばかり投稿してたら、相手も当たり障りのない反応しかしないけど
自分がパーソナルなことを投稿すれば、相手は自分に親近感を持ったり、より密なコミュニケーションをとってくると思う。
 
「いつも見てる人に仕事は殺到する」
 
って書いたけど
 
いつも見てる人=親近感を持ってる人=仲のいい人

なわけで、SNSは
 
仲良くなるためのツール
 
なんです。
 
仲良くなりたい人に、当たり障りのない態度とらないでしょ?
好きな異性に、そっけない態度とらないでしょ?
不平不満ばかり投稿する人は嫌いでしょ?
楽しいことやってる人が好きでしょ?
 
SNSは仲良くなるためのツールなんだから、どう使うかは分かりますよね。
なるべく、あなたのパーソナルな部分出していきましょ
 
b0181744_10095574.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-05-31 10:11
 
 
Twitterの投稿で知りましたが
投資マンガ「インベスターZ」が実写化されることになりましたね

『インベスターZ』は2013年6月~2017年6月まで講談社・週刊『モーニング』にて連載され
投資をテーマにしながらも、身近なお金に関する疑問から結婚や就職の意味までを描き出し
誰もが楽しみながら有益な情報が得られる経済漫画として大ヒットしました。
作者は『ドラゴン桜』や『エンゼルバンク』を生み出した三田紀房。
今回、三田紀房が所属するクリエーターエージェンシー(株)コルク全面協力のもと、テレビ東京でドラマ化することとなりました。

http://www.tv-tokyo.co.jp/investorz/
 
ホリエモンとかZOZOタウンの社長とかドラマに出るのかな?
 
嫁が里帰りしているスキに、インベスターZを「大人買い」したことがバレて嫁に怒られたなぁ(笑)
 
いつ頃「○ックオフ」に売りに行ったら高く売れますかね?
アニメ化とかドラマ化すると高く買い取ってくれるんですよね。
 
 
私の売ってる商品というのも「売り時」がある。
今、「売り時」「旬」の商品は何だろうかっていつも考えています。

先日、ある不動産関係の方と話していて「民事信託」の話をしていて
民事信託が旬だという意見もあります。
 
確かに話題にはなってるけど、「売り時」「旬」かと言われたら
そーでもないんじゃないですか?って答えています。
 
別の言い方をすれば、いろんな人の口から「その話題」が上がりだしたら
「旬」をとうの昔に過ぎているとも言えます。
 
ファッションだと、若い女性が取り入れたファッションを中年の女性が取り入れだしたら「旬」の終わり、って聞いたことがあります。
だから、「ちょっと話題になってる」ぐらいが、「売り時」で「旬」なんじゃないかな、と思っています。
 
ただ、司法書士は「待ちの法律家」で、売ろうと考える人が少なくて
「頼まれる」「使われる」人が多いんですけどね。
 
 
頼まれるはまだしも「使われる」だと大変。
価格決定の自由はないし、競合も多い。
 
「あなたじゃなくても他に人はいるんだからね」
 
と言われかねない。
 
だから、「使われ」ないように、自分が主導権もって「売れる」ものを作ることが大事。

これから何が「旬」で「売り時」になるんでしょうね?

また、私「インベスターZ」はいつ売りに行ったらいいんでしょうね?
b0181744_16460970.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-05-30 16:56
 
私は、まったくゲームをしません。
電車の乗っていてもスマホはSNSをチェックするくらいで、後は本を読んでいます。
 
ガチャ?課金?
 
よく分からない。
 
中学生まではゲームをしていました。
ファミコンの「ドラクエ」が好きだったし
テスト前に「ドラクエ」を貸してくれた金子くんのおかげでさんざんな成績を取りました。
「レベル45」のおっさんになった今でも金子くんに会うとその話をします(笑)
 
スマホゲームはしないし、ゲームセンターにも行きません。
 
でも、私の子どもはゲームが好きで、パソコンで「マインクラフト」というゲームをやっていますし
ゲームセンターにも連れて行かされます。
 
で、今、ゲームセンターには、ゲームのコインを預かってくれるシステムがあるのですね。

【メダルバンク】
http://www.sega-snc.net/game_system_medalbank.html
 
パスワードと指の静脈(?)で確認して、メダルの出し入れをするシステム。
すごいですね。そのうち「顔認証」や「虹彩認証」の機械も出てきそうですね。
 
ちなみのこのメダルバンク、私の指の静脈で登録しましたので
私にもしものことがあったら、このメダルどうなるんでしょうね?
相続されるのかな?
 
 
「人が亡くなったときに銀行の預金はどうしたらいいのか」
 
と聞かれて
 
「相続人全員の印鑑証明書や戸籍を持って銀行の窓口に行け」
 
と回答するのは、普通の法律専門家
 
良い法律専門家は
 
「そのまま黙ってカードで下ろせばいいよ」
 
と回答すると、昔、大学の授業で習った記憶があります(笑)
まあ、そのためには事前に一日の引き出し限度額を上げとかないとね。
今のところ限度額のMAXは200万円が限度だったと思います。
 
でも、メダルバンクは、黙って下ろすはできないですね。
たかが、ゲームのコインなのにどんだけセキュリティー厳しいんだ、と呆れました。
 
「スマホ終活」
 
というセミナーを始めてから、セキュリティーとかパスワード管理
そして、ビットコイン、仮想通貨について学び始めました

【「スマホ終活」やってます】
https://na0ism.exblog.jp/28329533/
 
学び初めて以来 
 
ドラッグストアのポイントは相続できる?
アップルペイは?
あのポイントは?
 
といろいろなことが気になります。
 
ちなみに、ドラックストアのポイントは相続できないようです。
【スギ薬局ポイントサービス規程】
http://www.sugi-net.jp/point/kitei.html
 
もちろんこんなことを知っていても、私の相続や遺言の依頼は増えるわけじゃないけど
世の中の動きに関心を持って置くことは大事。
 
昨日のブログ
 
【同性を愛する人】
https://na0ism.exblog.jp/28336916/

だって同じ。
 
世の中の動きに対して、自分ができることできないこと、するべきことすべきでないこと。
ごちゃごちゃ色々考えると、新しいアイディアが浮かびます。
 

ちなみに「メダルバンク」のメダルの保管期間は1ヶ月
1ヶ月以内に来店しないとメダル無くなるよって
 
こんな商売上手も「メダルバンク」から学べます。

b0181744_16201726.jpg


[PR]
by 073995332 | 2018-05-29 16:28
 
私は、「LINEニュース」でいろいろなニュースを知りますが
 
今日は

【同性を愛するということ 勝間和代のカミングアウト】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180528-00010002-bfj-soci
 
勝間和代さんが同性のパートナーがいることを公表していたことにビックリ
 
勝間和代さんと言えば、たくさんの著書を出されている方
全然稼げない私が、藁をもすがる気持ちで

「無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法」
 
を読んで、何1つ実践できなかった。
私には無理だらけでした。
 
「勝間さんだからできるんじゃん」
 
と言い訳して、すぐにブックオフに売り飛ばした記憶があります。
 
勝間さんのニュースに接して最初に思ったことは
 
男性も女性も愛することができて幸せの幅が広いな
 
ということ。
 
男性も女性も愛することができるなんて人間愛ですよね。
反対に「人間に対する関心」が薄い私は、人間愛も薄いんだと思う。
 
 
LGBTという言葉は、まだまだ世間に浸透していないし、偏見もある。
私自身、あまりよく分かっていないし、偏見のようなものもないとは言えません。
 
勝間さんのような著名人だから、「遠い世界」の話にも聞こえますが
私にはそんな遠い世界の話ではありません。
 
同業の行政書士の方もいるし

【「しおちゃん学講座」名古屋で唯一のセクシャルマイノリティ(MTF)行政書士、しおちゃんのblog】
https://ameblo.jp/siomi2003/
 
しおちゃんのブログで、服装とか化粧とかトイレとかLGBTの人ってけっこう大変なことが分かる。
また、しおちゃんの足の写真に少しドキッとしたことをカミングアウトします(笑)
 
過去の依頼者にも、今思えば「LGBTの方だったんだな」という方がいましたし。
そのうち「同性パートナーへ資産を譲りたい」というご相談もあると思う。
 
現在の法律では「同性婚」は認められていないし
同性パートナーが死亡しても、残されたパートナーには相続権はありません。
 
だから、法律専門家は「遺言書かけ」「いや民事信託だ」と言うけれど、そんなことは些細なことだと思う。
 
大事なのは「同性を好きな奴はおかしい」等で遠ざけるのではなく
 
「この人はそういった価値観の持ち主なんだ」
 
と、世の中が受け入れることじゃないですかね。
理解する必要はなくて受け入れさえすればいいのです。

受け入れるって
 
「勝間さん、そうなんだへぇ~」
 
ってだけ。
 
「同性を愛するなんて理解できない」「私には無理~」とあなたの価値観を通さなくてもいい。
何で同性を愛するんだ、ってことは、私も正直理解できない。
 
理解はできないけれど、「そうなんだ~」と受け入れることはできます。
 
 
同性婚に限らず、多様な価値観を「そうなんだ~」と受け入れるような世の中にするにはどうしたらいいんでしょうね?
 
※写真は勝間和代さんのTwitterから引用させていただきました。

b0181744_17405723.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-05-28 18:13
  
最近、メディアは日大アメフト部の話題ばかり
先日も、記者会見の司会者が話題になりました。
今日の記者会見も何かあったみたいですね。
 
メディアは、都合良く情報を切り取って伝えるので、詳細はわかりませんが
 
「同じ質問ばかりして意味がない」
「同じ質問をするならもう止めます」
 
といった司会者の発言が批判の的になっています。
 
確かに同じことばかりくどくど質問されたら頭にくる気持ちは分かりますが
あの会見がどういった趣旨で行われ、誰の主宰かを考えたら「もう止める」はないんじゃないかな。
 
私の周りには日本大学出身者の方はいませんが、今は少し肩身が狭いかもしれませんね。
 
 
私も仕事で
 
「同じ質問ばかりで意味がない」
 
って思うことは多々あります。
 
「さっきその質問にお答えしましたよね?」
「あなた回答に納得していましたよね?」
 
と言いたくなることもあります。
言いたくなるけど、私の回答の仕方が悪いのかもしれないし
相談者にとっては重要なことなので、念押しをしたいのかもしれない。
なので、相談者が納得されるまで何度でも回答をします。
 
また、関係のない話を延々とされることもありますが
私は関係のない話をされても話をさえぎることはありません。
 
関係ないように聞こえても、どこかで肝心な話につながるかもしれないし
どうしても私に聞いて欲しいんだな、と思って聴いています。
 
 
ところで、女性には失礼します、なんですが
 
「女性とはどういう生き物か」
 
を女性の司法書士に教えてもらってから、私は司法書士として女性のお客さんが増えました。
 
女性とは、という話題興味ありますか?
 
それは、女性とは
 
「自分が話したいことを話す生き物」
 
ということ。
 
話したい事を話すのだから、こちらが質問しても回答をしてくれないのは仕方がない。
 
目からウロコでした。
 
女性が「自分が話したいことを話す」のなら、こちらが質問を投げかけてもあまり意味がない
だったら、話をさえぎらず自由に話させるようにしよう
 
そう決めてから、女性とのコミュニケーション(?)も上手くなり
女性の依頼者が増えた気がします。
 
反対に、男性の依頼者は難しいですね。
口数少ないし、あまり感情が表に出ないから。
私自身も口数少ないし・・・・・


「私は男性と女性で話の聴き方を変えてます」
 
って同業者の人に伝えると「何で?」みたいな顔をされますが、聴き方変えないとコミュニケーション上手くいかないと思うんですけどね。
 
もし、あなたが女性とのコミュニケーションを上手にしたいと思ったら
 
「女性は自分が話したいことを話す生き物」
 
だって覚えておいてくださいね。

b0181744_16522937.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-05-25 17:07
 
私は今
 
スマホ終活
 
というセミナーを月1イチで開催しています。
 
なんでこんなセミナーやってるかは、こちらの記事からどうぞ。

【自分だけの競技を創れ!】
https://na0ism.exblog.jp/28245921/
 
で、昨夜第2回目を開催し、次回第3回目の日程も決まっていますが、早くも
 
ネタ切れ
 
ネタ切れの危機です(笑)
 
スマホ終活を毎回同じネタにするという方法もあるのですが
それでは私が飽きてしまうから毎回少しづつ変えています。
 
第1回目は総論的なこと
第2回目はクラウド
第3回目はビットコイン
 
ほかに何かネタありますかね?
 
なにぶん「スマホ終活」は新しいネタなので正解も失敗ない。
失敗もないから、思い切ってテストできるのがいいところ
 
これが世間一般でやってる「終活セミナー」なら、正解失敗がすぐ分かる。
独創的なネタもあまり考えられないからテストもしづらい。
 
ネタ切れ苦しいと思いつつも、毎回テストができるのが楽しいです。
 
 
スマホ終活やってます
 
と言いましたが、実は私の働きは少なく
アライアンスを組んでいる「ITコンサルタント」の方の働きが大きいです。
 
私、スマホもクラウドも詳しくないし、ビットコインもかじった程度で、あまり戦力にならない。
私ができることは人前で話すことと、SNSで拡散させられることだけ。
 
また、終活ということで遺言だの相続だの任意後見契約だの法律に絡むところは
「スマホ終活」に興味を持っていただいている弁護士の方の助力をいただいています。
 
「こんな感じでどうでしょう?」と契約書の文言を思いつくことはできますが
法律面のチェックは弁護士の方が間違いない。
 
以前の私なら、スマホもクラウドもイチから自分で勉強して、何でもかんでも自分で抱え込んでいたと思う。
実際、世の中のセミナーやってる士業の方って自分で抱え込み、手柄は全部独り占めって方が多い。
 
自分が苦手なことは得意な人に
自分ができることでもより得意な人にお任せする。
 
そんな風に人に任せることができるようになったは、自分の成長だと思います。
 
理想は「お飾り」になること。
スマホ終活という商標を持っているだけで何もしないのが、私の理想の状態です(笑)
 
 
そんな「スマホ終活」というコンテンツを全国に広めてくれる方を、随時募集していますので
「広めたい」という方は、私の「LINE@」までご連絡くださいね。


友だち追加


b0181744_14243853.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-05-24 14:25
 
以前、被後見人さんが入所している介護施設にて
 
「徘徊」
 
と言う言葉を日常的に使っていることが気になる旨の記事を書きました

【私の仕事じゃない】
https://na0ism.exblog.jp/25101516/
 
施設のなかを自由に歩き回っているだけで徘徊、異常行動みたいな言い方をしていたのが嫌だなぁ
あたかも部屋のなかでジッとしているのが正常っておかしくない?
 
そんな意味合いの記事です。
 
「この司法書士おかしな奴」みたいな目で施設では見られていましたが
自治体を始めとして「徘徊」という用語を使わない動きになっているみたいです。
 
今朝の新聞にも載っていましたが、ネットで見つからなかったのでコチラの記事をどうぞ
  
【「徘徊」使いません 当事者の声踏まえ、見直しの動き】
https://www.asahi.com/articles/ASL3N6H64L3NULZU015.html
 
世間が「村瀬はおかしな奴じゃないよ」と言ってくれているみたいで嬉しいですね。
 
 
私は年配の方の依頼を受けて、遺言書を作成したり、任意後見契約書を作成することが多いのですが、言葉の使い方には気を遣います。
 
例えば
 
認知症
 
という言葉は、依頼者にとってはキツイ言葉で
日々、認知症になるかもしれないという恐れを抱いている方が多くいます。
 
「私は認知症にだけは絶対になりたくないんです!」
 
という言葉もよく聞く。
私も若年性認知症になったらどうしようと心配ですから。
 
でも、司法書士等の専門家にとって、専門用語というのは凄く便利。
 
「認知症に備えて遺言書作っておいた方がイイですよ」
 
って、認知症という1ワードで事態の大変さを伝えられるから。
医学用語(?)だし、世間で認知されていますからね。
 
便利だからって世間で知られている言葉だからって、認知症のような専門用語を連発すると信頼を無くすこともあります。
 
私は極力専門用語を使わず、例えば認知症かなと不安になってる人に
 
「将来に備えて」
「少し身体に不調を感じたら」
「ちょっと物忘れが増えたなと思ったら」
 
そんなふうに濁して伝えるようにしています。
かえって伝わりにくいかな?
 
 
些細なことかもしれないけど、依頼者と良い関係を築くために私は専門用語に気を遣ってます。
 
b0181744_16394907.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-05-23 16:40
 
日大アメフト部員の危険なタックルについての記者会見
見入ってしまいました。

【日大選手 “反則は監督、コーチの指示”主張 内田前監督に真っ向反論】
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6283425
 
二十歳の子が顔出し実名出して、記者会見するような事態になったことに怒りを覚えます
あの子が自分の子どもだったらと思うととてもツライ。
 
好きだったアメフトが好きでなくなり、そしてプレーすることも難しくなった。
顔出ししたことでメディアから追い回されることもあると思う。
彼のプレイは非難されるべきものだけど、真実を述べるために記者会見開くなんて、なかなかできることじゃない。
彼の人生に多くの幸せが訪れますように。
 
 
記者会見を見ていて気になったのが
 
質問
 
記者の質問が気になりました。
 
確か、1社1問だったと思うのですが、数問質問する人がいたり
ぼんやりしていて答えにくい質問する人がいたり
重複する質問する人がいたりで、質問の仕方が上手でないなと思いました。
 
陳述書を読み上げた後に、手元に陳述書がない状況で質問するのは確かに難しい。
けれど、他の質問者の質問を聞いていれば重複は防げるし、より深い質問もできたと思います。
 
記者会見の中で、ニュースゼロの小正キャスターの質問が私にとっては一番答えづらかった。
 
「ご自身にとってアメリカンフットボールってどういう存在なのでしょうか」
 
何を聞きたいのか不明。
こんなぼんやりした質問は苦手です。
でも、小正キャスターは好きです。
 
 
私は仕事で質問もするし、質問をされる側でもありますが
質問をされた場合
 
傾向として男性は割合簡潔な質問をされる方が多く
女性は、話が長く一つの話の中に複数の質問をちりばめる方が多い気がします。
男性と女性それぞれの特性が分かって結構興味深いですよ。
 
質問が簡潔だと助かる反面、こちらから質問を促す必要がある。
 
「他にご不明な点はありませんか?」
 
男性は口が重い傾向がありますからね。
 
逆に、複数の質問がちりばめられた時は
 
「今のお話の中にこれこれこれと3点のご質問があったと思いますが間違いないですか?」
 
と確認します。
  
反対に、私が質問をする場合は、相手が答えやすいように簡潔に「1問1答形式」にします。
そして、簡潔すぎて「尋問」や「取り調べ」にならないように気をつけます。
 
「お前がやったんだろう!」みたいなのは最悪だから。
 
 
自分では気をつけて質問をしているつもりでも、実際の相談者の方の感想は分かりません。
 
「質問の意味が分かりません」
 
と言ってもらった方が私は助かります。
 
いくら士業だからって、いくらセンセイだからって、質問力がある人ばかりではないですからね。
 
b0181744_18015941.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-05-22 18:57
  
AI、自動運転車、フィンテック・・・
 
世の中の流れの速さに振り落とされそうな司法書士村瀬なおひとです。
 
商売をする上で
 
ライバル
 
ライバルの存在はつねに気にかかります。
 
昔は、自動車産業なら、トヨタ、ニッサン、GM、BMW等がライバル関係にありましたが
今は、グーグル、アップルなど、非自動車産業もライバルに参入することが目されています。
 
今後、3年先、5年先には劇的な変化がありますね、きっと。
 
 
私の司法書士という仕事もライバルがいる。
それは同業の司法書士であったり、弁護士、行政書士であったりします。
 
だから、どの士業も「業際」をとても気にしている。
 
業際というのは、例えば、税金の申告は税理士しかできない、というような
法律で定められている、各士業の仕事の範囲のことです。
 
以前、司法書士会の研修に講師としてやって来た弁護士の方が
 
「これは司法書士の業務ではないですからね」
 
と暗に「業際」をにおわせるような話をながながとしていたので面白かったです。
弁護士も司法書士をライバルとして見てるんだなぁ。
 
士業の世界も士業ばかりを見ていると、自動車みたいに思わぬ異分野からライバル参入なんてこともあるかも(笑)
 
 
異分野からのライバル参入は少しおいておいて
あなたには身近なライバルっていますか?
ライバルがいるとして、どうやってライバルに勝っていきましょう?
 
新分野の勉強をして知識を深めますか?
「安売り」競争を仕掛けますか?
異業種交流会に出かけて人脈を広げますか? 
 
実際に私も、勉強してみたし、安売りはしなかったけど高くも売れなかった、異業種交流会にも行きました。
けどライバルに勝てるような要素は得られなかった。
 
で、気づいたのは
 
自分は何をする人なのか
 
自分は何をする人かを伝えられていないということ。
 
そして、自分も伝えられていないし、ライバルも伝えられてない。
 
「司法書士です」「登記の仕事してます」「相続手続きやってます」・・・
こんな感じ。

一般の人にとって司法書士なんて何する人か分からないし
「登記って土こねるやつ(陶器)」でしょとか
「相続って税金でしょ」って普通に言われる

だったら、「自分は何をする人か」を伝えられるようにしたらいいじゃんって。
 
技術開発でしのぎを削る自動車産業に比べたらずいぶん楽ですよね。
ライバルに勝つには、「自分は何をする人か」を伝えるだけでいいんだから。
 
私は司法書士のこと書いてますけど、これって他の業種にも当てはまりますからね。
 
名刺交換しててても、相手が「何をする人か」分からない事多いですし
「あなたは何をする人ですか?」なんて親切に聞いてくれる人なんていないですよ。
私はよほど興味を惹く人でないと「何する人ですか?」って聞きません。
名刺をいただいて終わりです。
 
あなたは「自分は何をする人か」を相手に伝えられていますか?
 
 
ところで、やろうやろうと言ってなかなかやらない
 
「やろうやろう詐欺」 

を私は長いことしていましたが、やっと名刺のリニューアルしました。
名刺を渡してみて、相手の反応を見て、さらに良いものにします。

b0181744_16270001.jpg
 


[PR]
by 073995332 | 2018-05-21 16:38
 
 
私は、打ち合わせとか会食の場所を決めるのが嫌です。
人に決めてもらって何も考えずに打ち合わせや会食の場所に行くのが好きです。
 
どーしても私が決めないと行けない時は
 
打ち合わせは、ホテルのラウンジ
会食は

「お金持ってる年上の男性」

に連れてってもらった店か

「女性」

に教えてもらった店にしています。
 
ホテルってコーヒー1杯1000円以上しますが、ソファの重厚感だったり静かさがいい
それにホテルだと、相手を丁重にもてなしているイメージ出ませんか?
 
昔は、ド○ールや○ターバックスで打ち合わせをしていましたが五月蠅いし落ち着かない。
なので、今は名古屋駅前のマリオットアソシアホテルのラウンジを使ってます。
 
 
会食の場所は、どんな店を選ぶかで自分の味覚や生活レベルを判断される気がして苦手。
私は自分の味覚に自信ないしね。
ビジネスパートナーになる人、関係を深めていきたい人との会食にチェーンの居酒屋はあり得ないし。
 
だから、接待に長けている「お金持ってる年上の男性」か
味覚や店の雰囲気を察知する能力に長けた女性の選んだ店を会食に使っています。
 
考えすぎかもしれないけれど、自分が打ち合わせの場所をホテルのラウンジに指定されたら
 
「おっ、少し気合い入れよう」
 
と思う。
 
それに、私が今まで見てきた業績のいい経営者で、チェーンのコーヒーショップで打ち合わせしてる人なんていなかったし、会食場所は味も雰囲気もよかった。
 
 
まだまだ自分はラウンジを使うレベルじゃないから
 
とか
 
売上アップしたらあの店で会食しよう
 
という方がいますが
 
「自分はもうそのレベルだから」
「あの店で会食するに相応しい」
 
と思い込んでホテルを使い、会食をした方が、「そのレベル」への到達は早いです。
重要なのは実際はどうあれ「そう思い込むこと」です。
 
私は「思い込みの達人」なので
 
自分はグリーン車に相応しい
自分はオーダースーツを来てもOK
自分は気軽にタクシーをつかってもいい
自分は・・・・・
 
と思い込んで、そのとおりに行動して少しづつ「セルフイメージ」をあげています。

【全てはセルフイメージ】

https://na0ism.exblog.jp/25936353/
 
繰り返しますが、自分が成長するには自分が成長したと「思い込むこと」ですよ。

b0181744_19111928.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-05-18 18:26