<   2018年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 
 
先日、2、3年ぶりに仲の良い司法書士仲間と食事をしました。
 
昔はみんな「ヒラの司法書士会員」だったのに、今では支部長職もいるし
愛知県司法書士会の役員だっている。
 
昔も今も「ヒラ」なのは私くらいです(笑)
 
「ヒラ」なのは、こんなブログ書いてたからかな~

【クビになるのが理想】
https://na0ism.exblog.jp/21128837/
 
彼らとは、多重債務問題が深刻だったころ
お互いに切磋琢磨し、ほんのちょっと世の中に貢献した戦友でもあります。
 
彼らと話していて、面白いなと思ったことがありました。
 
それは・・・
 
新人司法書士は、債務整理の相談の仕方を知らない
 
ということ。
 
「仕事を受任しちゃえば分かるようになる」
 
と古い私は思うのです。

実際、私たちが多重債務の仕事をしていた時は、言葉は悪いのですが
 
「知識や経験がなくても、とにかくやれ」
 
大量の相談者の方がいたので、できませんなんて言えず仕事を受けて、現場で学んでいました。
泳ぎのできない子どもをプールに突き落として泳がせるみたいなね。
何も分からなくて不安でしたが、自分なりに本で調べたり、先輩に相談してどうにかこうにか手続きをすることができていた。
 
でも今は、多重債務の仕事自体少ないし、昔ほど若手会員間の関係が密じゃない。
そういった理由で、若手は債務整理の相談の仕方が分からないらしいです。
司法書士試験科目に「破産法」もないしね。
 
「修業をしたところで修業先と同じ仕事は来ないから、とっとと開業してしまったほうがいい」
「分からないことは先輩に聞けばいいし」
 
私が開業したときのようには、今はいかないみたいです。
新人の人は大変だ。

昔は「昭和会」という若手司法書士の集まりがあって
何でも話せたり相談できる同期先輩後輩といつも会えたんですけどね
 
もし、債務整理の手続きが分からない新人司法書士の方がおられましたら、私までご連絡ください。
有料ですが、相談から手続きまでお教えいたしますよ。 
 
 
同業の司法書士と話してもつまらない。
新しい発想が生まれない
 
と、さんざんブログに悪口を書いてきましたが
私と同じ年に司法書士試験に合格した人たちは、私にとって特別です。
 
お互いの人間性も良い時期も悪い時期も知ってるから正直になれる。
ただ、優秀な人が多いので、私は全て彼らに頼り切りになってしまうんですけどね。
 
また、2、3年後に会いたいな。
b0181744_16071930.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-03-30 17:00
 
  
「良い場所に事務所ありますね」
 
事務所に来ていただいた人によく言われます。
 
私の事務所は、愛知県の桜百選に選ばれた「五条川」の桜並木の真ん前にあります。
(Googleマップで見てみて)
 
たぶん、日本で一番ロケーションのいい司法書士事務所じゃないかな、と思っています。
 
すごく感じ悪いと思われるでしょうが
わざわざ花見に行く人の気持ちが私には分かりません。

だって、仕事しながらでも花見できるから。
パソコンで文書作りながら、少し顔を左に向けるだけで花見できるから。
 
桜ってその年によって、満開になるのが早かったり遅かったりするし
せっかく花見の日程を決めても、雨が降れば花見も楽しめなくなる。
 
でも、私は桜並木の前で仕事してるから、いつでも花見ができる。
 
ますます感じ悪いですね(笑)
 
 
でも、良いことばかりでもなくて、桜の時期は人出がとにかく多いから
 
・事務所までお客さんに来て貰いにくい
・事務所の出入りを花見客にジロジロ見られる
・車での移動が大変
 
こんな感じの不便を感じます。
 
「こんな人が司法書士やってんだ」みたいに見られると、少し恥ずかしいです。
どっから来るのか分かりませんが、観光バスで来られる人もいるみたいです。
 
また「事務所で話を聞いて欲しい」というお客さんには
 
人出が多いから決死の覚悟で来てくださいね
 
と伝えることもあります。
大げさじゃないですよ。
 
今年は、満開になるの早いから、たぶん今日、3月29日を境に散っていくばかりですね。
3月30日から「岩倉桜まつり」なのにね。
 
 
人出が多くて嫌なんですが、ある意味、1年で事務所の宣伝効果が一番高まる時でもあります。
「看板」という何時代だよ、っていう古い宣伝ツールが、桜まつりの時期は一番効果を発揮します。
だから、桜まつりの前後はお問い合わせの電話が増えるような気がします。
 
人に見られて嫌だな、という気持ちもありますが、個人事業主なんで顔が売れるのも必要かも、とある意味諦めてもいます。
顔が売れないとしょうがないですよね。有名税ってやつですよね。
 

岩倉桜まつりは3月30日から4月8日まで。
名鉄名古屋駅から犬山線に乗って特急で一つ目の駅が岩倉駅です。

【岩倉桜まつり】
https://www.facebook.com/岩倉桜まつり-126610661393286/

夜は桜のライトアップもやっています


※事務所の前の桜並木
b0181744_16555345.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-03-29 17:12
 
 
先日、Google検索で「私のブログ」がトップページに表示されていると教えてもらいました。
 
「司法書士 岩倉市」で検索すればトップには出ますが、それ以外でトップに表示されるって何だろう?
 
「司法書士の稼ぎ方」
 
司法書士の稼ぎ方で検索すると、私のブログがトップに表示されます(笑)
 
「品がない」ってことで一般の司法書士が嫌うパターンですね。
こんな↓記事も書いてるからね~

【じゃあ、司法書士で食えますか?】
https://na0ism.exblog.jp/23369758/
 
 
「司法書士は稼げるのか?」という記事はよく見かけます
また、船○総研というところも士業向けのコンサルをしているみたいです。
 
私も○井総研のコンサルの記事をネットで見ましたが、あまりピンときません。
私がやりたいこととズレているからかもしれませんが、きっと一般の司法書士には響くのでしょうね。
 
稼ぐって、誰しも関心のある事柄なんだけど、口に出すのは憚られる。

どうやったら稼げるのか、どうやったら仕事が取れるのか
私は開業当初どうしても知りたくて、先輩司法書士に聞いたことがあります。
 
しかし
 
「不動産屋に嫌な顔をされてもニコニコ足を運べ」
「最初は小間使い扱いされていればいつかは仕事がもらえる」
「良い仕事をしていれば誰かが見ていてくれる」
 
そんな当たり障りのない助言くらいしかもらえませんでした。
 
また、ひたすら「お願いします」を繰り返して、住宅メーカーから仕事を取ってきた女性司法書士を「根性のあるやつ」と評価したりもしていた。
 
根性で仕事を取ってきた人は凄いと思う。
私もそうでなければならないと思って行動したけど、できなかったことだから
 
 
「司法書士の稼ぎ方」
 
で検索された人って
 
先輩司法書士の助言をもらったものの、その通りできなくて悩んだり
「お願いします」としか言えない自分、小間使いみたいに扱われている自分が少し嫌になったり
良い仕事してるけど誰も見てねえじゃん
 
そんなことを感じている人だと思います。
 
私が考える「司法書士の稼ぎ方」は既にブログに書いていますし
まだ書いていないけど、地道に試行錯誤してやっていることもあります。
 
聞きに来てくれたら全部お教えしますけどね。
 
あなたが先輩司法書士から聞いたこと、私から聞いたことは先輩が、私が上手くいったことだから、あなたに合うか合わないかは分からない。
とりあえずやってみたら合う合わないが分かる。
話を聞いただけで何もしない人は、どんなことを聞いてもきっと上手くいかないと思う。
 
少しでもあなたの心が動いたのなら、どんな話でもとりあえずやってみましょう。

b0181744_09380962.png

[PR]
by 073995332 | 2018-03-28 17:00
 
 
私と見守り契約を結んでいる伯母。
 
いろいろ考えて、伯母に何かあった時用に
コクヨから出ている「エンディングノート」を渡しました。
 
もしも何かあったときに知らせる伯母の友人知人の連絡先を書いてもらって、エンディングノートを私が保管しておけば安心だから。
 
・・・しかし、一抹の不安は、ノートを私が直接ではなく私の母を通じて渡したこと。
 
私が渡したのなら、私が聞き取りをしながらその場で書いてもらう。
だって、ただ渡しても書きっこないこと分かっているから。
 
今回は、私の都合が悪くてやむなく母に頼んだのです。
 
「前から欲しかった嬉し~」
 
そんな風に伯母が喜んでいた、と母から聞いていたのですが・・・
 
数週間後、伯母にノートの件を確認したら、案の定書いていない
 
予想はしていたものの、あっさり「書いてない」っていう伯母は清々しくもありました。
でも、きっと私だって「書いておいて」とノートを渡されても書かないと思う。
 
だから
 
「今度の土日に一緒に確認しながら書こうね」
「ちゃんとノート持ってきてね」
 
とお願いしておきました。
 
 
終活ブームと言われています(まだ言ってる?)
 
私は「終活」という言葉が嫌いなので、極力使いませんでした。
  
【「終活」とか自分が嫌な言葉は使わない】
https://na0ism.exblog.jp/26988578/
 
でも、「終活」という言葉が定着してしまっているので、私の好き嫌いを度外視して、「終活」という言葉を(嫌々)使うことにしました。
 
来月には「○○○終活」というセミナーをJVで開催します。
 
 
で、エンディングノートの話に戻るのですが、子どもが親のことを心配して
 
「(もめないように)キチンとしておいてね」
「エンディングノート書いておいてね」
「専門家に相談しなよ」
 
といくら言っても、親は
 
「キチンとしてくれない」
「ノート書かない」
「専門家に相談なんかしない」
 
それくらいに思っておいてください。
 
本当にあなたが、親にキチンとしてほしいなら、あなたが主となって動かないとダメ。
あなたが段取りを全て整えないとダメ。
 
例えば
 
親と一緒にキチンと整理しておく
親と一緒にエンディングノートを書く
親と一緒に専門家のところに行く
 
手間を惜しんではダメです。
 
上記の伯母の件で、手間を惜しんだ私も反省をしております。
もし手間暇かけたくない方は、専門家に依頼することをお勧めいたします。
 

私が使っている「エンディングノート」は、Amazonでも買えます

↓   ↓   ↓


「もしもの時に役立つノート」
http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/life-event/ending/

b0181744_17471791.jpg
 

[PR]
by 073995332 | 2018-03-27 17:00
 
 
「クソ女ども」
 
弁護士は、まずそう遺言書を読み上げた

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

私が好きな出版会社幻冬舎の見城徹社長が絶賛していた
韓国映画「サニー」をようやく見ました。
 
「サニー」のあらすじを少し
1970~80年代の洋楽ヒットナンバーの数々で彩られ、2011年韓国で740万人を動員したドラマ。
夫や娘にも恵まれ、何不自由ない生活を送っていた42歳のナミは、ある日、母の入院先で高校時代の友人チュナと再会する。
25年前の高校生時代、ナミやチュナら7人の仲良しグループはずっと一緒にいると約束しあったが、ある事件がきっかけで離れ離れになってしまっていた。
病気に苦しみ、最後にみんなに会いたいというチュナのため、ナミは当時の仲間を集めようと決意。
各地に散った仲間を訪ねる旅の過程で、再び人生に輝きを取り戻していく。

予告編はこちら
https://youtu.be/7CKBF80PIPY
 
映画のラストで、チュナがグループのメンバーに遺言書を残していて
その遺言書の冒頭の一文が
 
「クソ女ども」
 
で始まるのです(笑)
 
遺言書の内容とか、「サニー」の意味とかは実際観ていただいたらと思います。
7年前の映画だからか近所のGEOで1週間100円で借りられましたし、Amazonプライムでも観れるそうです。
 
誰しも青春時代があるし、この映画のようなグループに属していた人もいるでしょう。
私のようなおじさんやおばさんに強くお勧めします。
泣けました(笑)
 
 
自分で全文全て手書きする「自筆証書遺言」であれば、法律で規定するポイントさえ押さえていれば
 
「クソ女ども」
 
という書き方もできると思いますが
 
私はいつも公証役場の「公正証書遺言」を利用しているので、チュナが
 
「クソ女ども、で書き出したい」
 
と言っても、「えー!もう少し考えませんか?」と再考を促すと思います。
 
とは言うものの、遺言書があってもモメる原因のひとつに
 
遺言書の「書き言葉」と、遺言書作成した本人の「話し言葉」が違いすぎる

ということがあって
 
「これホントに親父が書いたのか?」
「誰かに書かされたんじゃないの?」
 
って遺言書を疑うというもの。
 
こんな感じに法律的に正しい遺言書であっても、「言葉使い」と言った法律専門家としては些細なことで、モメるってことはあります。
 
遺言書の「本文」が、法律に沿ったカチコチのものであったとしたら
付言、私でいう「結言」の部分は本人らしさ全開のものであった方がイイかなと思います。

【やってほしいことより感謝の言葉】
https://na0ism.exblog.jp/25933142/
 
 
より個性的な結言書(遺言書)の作成希望の方、私までお声がけくださいね。
 
b0181744_11091009.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-03-26 17:00
 
 
いつも好き勝手に書いているこのブログですが、意外に読まれているようでビックリです。
好き勝手書いてるだけなのに、何か役立ちますかコレ?
 
で、ブログの読者が、わざわざ時間も旅費もつかって広島から来てくださってさらにビックリ。
お酒を飲みながら話すと良いことも話すんだけど、それ以上に余計なこといい加減なことしか話さないので、さぞかし呆れたことと思います。
 
でも、わざわざ来てくださってありがとうございました
 
安田晋一郎さん!
 
 
安田さんが私に聞きたいと仰っていたことは
 
私のアイディア発想法
 
司法書士業務なにも関係ないですね(笑)
 
ちなみに、アイディアが出やすい場所はこの記事に書きました
 
【馬と枕とトイレ】
https://na0ism.exblog.jp/27926263/
 
また、人と話しているとアイディアが浮かびやすいですね。
実際に、安田さんとお話していて、いくつか安田さんのお役に立つようなアイディアが出たような気がします
・・・酔っ払っていたのであまり覚えてないけど。
 
 
誰しもアイディアを出せるのだけど、せっかくのアイディアを潰してしまうのは自分なんですよね。
 
・自分は司法書士だからそんなことを考えるべきではない
・他の司法書士はそんなことをやっていない
・おかしなことは口に出すべきではない
 
「~であるべき」とか「同業者の目」
  
がアイディアを潰す。
 
また
 
「司法書士は同じ商品を扱うから差別化独自化なんてできっこない」
「仕事は法律の範囲内でしかできない」
 
という「思い込み」もアイディア発想を妨げます。
 
 
他人が縛られている常識を疑ったり

「どうしたら~できるだろうか?」
 
と、「自分へ問いかけるクセ」をつけておくと、アイディアって出やすいと思う。
 
私は
 
「司法書士は登記で食わないかん」という業界の常識(?)を疑って、自分なりのスタイルを作ったし
 
「遺言ってマイナスのイメージしかないから、どうやったらプラスのイメージ付くかな?」
 
 
結言
 
というアイディアが出ました。
 
他にも
 
・何から何まで自分一人でやらなくてもいい。共同受任もアリ
・士業以外の人とのJV(ジョイントベンチャー)もオッケー
・司法書士業以外でお金をもらっても良い
・他
 
こんな風に考え方を変えたり、アイディアを出したりしています。
 
この中でも「専門家なんだから人に頼らない」という思い込みから解放されて
人に任せる人と組んで仕事をしてもいい、と思えるようになったのは大きかったですね。
ほら、専門家って一人で抱え込んで何でもやりたがる人多いから。
 
自分が後生大事に抱え込んでいるものを手放してみるのも、アイディア発想のやり方の一つでしょうね。
 

b0181744_18081656.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-03-23 18:14
 
 
「フェイスブックって出会い系みたいなものだと思っていました」
 
あまりSNSになじみのないから、そんな言葉を聞きました
 
間違いない!
 
「出会い系サイト(であいけいサイト)とは、インターネットを通じた「出会い」を仲介するウェブサイトの総称である。」
(ウィキペディアより)
 
フェイスブックを始めた7年前に

「友だちではありませんか?」

と表示された高校時代の仲間と再会してから、私の新しい人生が始まったと言っても過言ではありません。
 
フェイスブックを始めなかったら
高校時代の仲間とソーシャルでリアルで繋がらなかったら
今の自分はないと思う。
 
だから、フェイスブックのアカウントを持っているのに活用していない方、閲覧専用という方
ランチや飲み会の写真ばかりあげている人はかなりもったいないと思います。
 
フェイスブック=SNS=遊び、暇つぶし
 
って考えている人が多いから、私に対して
 
「ヒマで良いですね」とか「仕事してる?」って言うのだと思う。
 
 
そもそも、人との「出会い」があるから仕事って始まるんじゃないの?
出会いもなく一人ポツンとしてて仕事なんてあるわけない。
 
人と出会って親交を深めて始めて仕事が生まれる
 
出会って間もない人、名刺交換しただけの人と仕事をしようと思う人なんていないでしょ?
 
出会って間もない人
遠方にいる人
長いこと会っていない人
 
そんな人たちと親交を深めるのに、フェイスブックって極めて優秀なツールだと思います。
リアルに会わなくても、相手が勝手にこちらに親しみを感じてくれるんだもの。
 
別に良いんですよ。フェイスブック使わなくても、あなたが知り合った人全てと毎日コンタクトを取れるのならね。
私はそれほどヒマではないから、フェイスブックを始めとするSNSを使って効率的に知り合った人全てとコンタクトを取っています。
 
「ヒマで良いですね」って言ってる人は、身近な人にすらコンタクトとってないと思うな。
 
 
そもそもSNSを使いこなしている司法書士はいないし
仕事につながると考えてSNSをやっている司法書士もいない。
たぶん私くらい。
 
世間では「今さら感満載」のSNS活用セミナーも、司法書士や士業向けにやったらまだまだ受けるのかもね。
士業の世界は世間より5年から10年は遅れているから。
 
SNS活用セミナーなんて言うだけで恥ずかしいけど、勇気を出して「今さら感満載」で士業向けSNS活用セミナーやってみようかな。

b0181744_17502210.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-03-22 18:08
 
 
才能
 
才能って素敵な言葉ですよね。
 
私にも才能があって
 
文章や物語を作るのが私の才能

です。
 
物語?ただのほら吹きじゃん、って親にはよく言われますけど(笑)
 
この↓ブログにも書きましたが、才能ってどんなものかって言うと
 
「他の人が苦労してるのに、自分が苦も無く簡単にやれてしまうこと」

【才能でお金をいただく】
https://na0ism.exblog.jp/26035621/
 
だから、私にとってブログが書けない人とか、いきなりスピーチを振られても何も話せない人というのは理解できません。
 
そんなの、私簡単にできてしまうから。
 
こんなこと書くと嫌われそうですけどね。
他にも、私の才能はあるのですが、あれこれ書くと嫌われそうなのでこの辺にしておきます。
 
 
私の文章を書く才能は、ひたすら定型文を作成する司法書士業には活きません。
定型文って言うと多少聞こえは良いけど、ある人は「写経みたいな仕事」って言ってますね。
 
なので、才能を発揮するのはブログを書くときくらいです。

今日は、どんな仕事したとか詳しい仕事の内容を書く司法書士が多い中で
仕事とは関係のないことだったり、私の内面のことを書いてる私は「かなり変わり者」の部類みたいですけどね。
変わり者でも、人に覚えてもらえるのは有り難いし。
 
 
たまに、自分には才能がないから、という声を聞きますが、そういう方は
 
「他の人が苦労してるのに、自分が苦も無く簡単にやれてしまうことは何だろ?」
 
って考えてみてください。
 
または
 
「えっ!どうしてそんなことができるの?」
 
と人に感心された体験を思い出してみてください。
 
ちなみに、私の「えっ!どうして~」エピソードですが
 
「どうしてそんなに人の欠点を的確に見つけられるの?」
 
と感心?呆れられたこと?があります。
 
7年くらい前までは、本当に人の欠点見つけることばっかしてましたね。
よく言えば、人を観察していること、細かいところに気がつくということですが、折角の才能を無駄に使っていました。
 
でも、今は、その才能を「人の良いところを見つけること」に使えていて、そのおかげで以前は苦手だったコミュニケーションもかなり上達しました。
 
 
繰り返しになりますが、あなたの才能の見つけた方は
 
「他の人が苦労してるのに、自分が苦も無く簡単にやれてしまうことは何だろ?」
 
という自分への問いと
 
「えっ!どうしてそんなことができるの?」
 
というあなたの感心されたエピソードです。
 
ぜひ、あなたの才能を見つけましょう。

b0181744_18462067.png

[PR]
by 073995332 | 2018-03-21 18:46
 

今、受講している「コミュニケーション講座」で
 
非言語コミュニケーション
 
つまり言葉を使わないでコミュニケーションをはかる、ということをやりました。
 
言葉を使わずに意思を伝えるのって難しいし、もどかしい
イライラするのに、何個も非言語をやらせる講師の先生に
 
「えー!まだやるの!?」
 
と反抗的な態度をとってしまいます(笑)
 
 
やらされるとイライラする非言語コミュニケーションですが、実は私、仕事で結構使ってるんですよね。
 
相談者依頼者の話を聴きながら、意識的に無意識に使っている。
 
嬉しいことを聴かされている時は、明るい表情で
辛いことを聴かされているときは、悲しい表情をする。
 
法律専門家として、相談者依頼者に感情移入しすぎると痛い目を見ることがある
かといって、淡々と聞いてるだけだと、どうしても相談者との温度差が生まれてしまう。 
 
だから、ほどほどの共感を示すことができると、相談者との信頼関係が生まれます。
 
適度な相づち、うなずき
そして、表情、身振り手振りと言った非言語コミュニケーション。
 
こちらが非言語でコミュニケーションを取ることも大事ですが
相手が示す非言語を観察してくみ取ることはもっと大事。
 
相手が腕組みをしているなら、緊張をしていたりこちらを警戒しているのかもしれない
そわそわ落ち着かないのなら、極度の不安を感じているのかもしれません。
 
法律専門家のところに相談に来られる方で、言葉を使ってスラスラと自分の悩みして欲しいことを語れる人って少ないです。
言葉にならない仕草や動作、非言語の表現をこちらがくみ取ってあげることも、時として必要です。
 
「あなたが不安に思われていることはこんなことですか?」
「あなたがして欲しいことは、これこれこんなことで間違いないですか?」
 
非言語をくみ取って、こちらが言葉でフィードバックしてあげる。
 
そんな風に、相手の非言語コミュニケーションをくみ取って、相手のことを気遣えればより信頼関係が深まりますよね。
 
 
イヤイヤやっていた「コミュニケーション講座」での非言語コミュニケーションですが
相談者との信頼関係を深めるために、もう少し真剣にやってみようかな。
 
 
非言語は嫌だけど、コミュニケーションを上達させたい方はこちらの講座がオススメです。
 
 ↓   ↓   ↓ 
 
https://office4c.wixsite.com/communication


b0181744_18114565.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-03-20 18:00
 
 
「村瀬さん、半年前に比べてすごく良くなりましたよ!」
 
今日、歯医者の半年ごとの定期検診で、めちゃ褒められました。
 
「そんな細かいとこ磨けないよ!」と心の中で悪態をつきながらも
3種類の歯ブラシと歯間ブラシを使いこなした成果があったというもの。
 
・ハイチュウ(お菓子)が歯の詰め物にひっついて取れてしまった時
・歯が痛んだ時
 
しか、歯医者に行かなかった私が、もう何年も定期検診に通っています。
 
マメにケアしていれば虫歯も歯肉炎も防げるしね。
虫歯になったら時間もお金もかかるから。
   
【司法書士も定期診断に使って】
https://na0ism.exblog.jp/27102090/
 
 
このブログ↑で、司法書士も定期診断に使って方がイイよ、と書きました
   
会社だったら、株主の構成とか会社の定款
    
【会社定款見直し強化月間始めました!】
http://na0ism.exblog.jp/20830038/
   
個人の方で遺言書を作られた方も、定期的に遺言書の見直した方が良いです。 
   
【財産もらう方が先に亡くなったら?】
http://na0ism.exblog.jp/24319572/
 
 
で、もう一つ
見直しというか離れて暮らす父母がいるなら、マメに実家に顔を出して
父母の健康状態のチェックをしてあげてください。
 
・物忘れが増えた
・ボンヤリしてる
・何かおかしなものを買わされている
 
定期訪問していれば、そんなちょっとした変化に気がつく。
 
私も、被後見人さんのところには週一程度訪問しますので、何か変わったところはないか、健康状態はどうかをいつも気にしています。
 
 
「母さん、なんか物忘れが増えたなぁ」
と思ったらすぐに医者にかかる。
 
すぐに安否確認ができるようにすると良いです。
私は、伯母と「見守り契約」を締結しているので、スマホを持たせてビデオ通話をするようにしているし
ノートにもしものときの連絡先等を控えています。
 
「もしものこと」が起こってからでは遅いのですからね。
 
元気なうちに「見守り契約(委任契約+任意後見契約)」をしておくと安心ですよ。

b0181744_18020382.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-03-19 18:02