<   2018年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 
 
私の高校の同級生が愛知県一宮市でうどん店を営んでいます。
昼時はいつもお客さんで一杯
 
付近には「○亀製麺」とか、安いうどん店が結構あるのに
彼の店はそこに負けずに集客します。
 
飲食店ってフリーペーパー等で「クーポン」をまいて集客するところが多いのに
彼の店はまったくクーポンを出しません。
でも、繁盛してるからすごいな、と思う
 
ご興味のある人は、行ってみてください。
私、夏は「海老天おろしうどん」 冬は「海老天カレーうどん」を頼みます

【釜揚げ饂飩 鈴家】
https://tabelog.com/aichi/A2302/A230201/23038167/
 
 
当たり前のことですが、うどんを食べたい人はうどん店に行く
うどんを食べたいからって、ファミレスに行く人はいません。
 
でも、ビジネスの場だと、本当は「うどん」を売りたいのに
ハンバーグも出す、パスタも出す、ドリンクバーもやる
そんな「ファミレス」のような売り方をしている人がいます。
 
「こんなこともやります」「あんなこともできます」とアピールをする人

いわゆる「何でも屋」と言われる人です。
 
専門分野を絞って仕事を逃すのが惜しいから、「あれもこれも」と言ってる人は
 
「うどん以外にもハンバーグもパスタも出すんですよ」
 
と言ってるファミレスみたいなもの。
 
印象にも残らないし、本当にうどんを食べたいお客さんには選ばれません。
 
「うちはうどんしか出さねえんだよ!」
 
って言ってる店は印象に残るし選ばれます。
 
もし、士業の人と名刺交換する機会があったら、こう聞いてみてください
 
「どんな仕事が専門ですか?」
 
って。

それで「あれもこれも」と答えたら、「ファミレスだ」と心の中で思ってください。
ファミレスの人、けっこういますよ。
  
【専門ありますか?】
http://na0ism.exblog.jp/24494226/
 
 
「あれもこれも」と言わなくても、名刺に資格しか書かれていない弊害が最近分かりました。
 
それは
 
自分が本当に欲しい仕事に恵まれない
 
です。
 
例えば、「行政書士」とだけ名刺に書いてあるだけだったら、名刺をもらった相手は何する人か分からない。
たぶん、何か困ったときに電話すればいいのだ、とだけ理解する。

そして、自分は建設業の仕事が欲しいのに、全く分野の違う仕事ばかり来ることになる。
 
「それは自分の専門じゃないから出来ない」と断ると、相手に不満だけが残ります。
ファミレスだから何でもあるだろうと思って来たのに、「うちはうどんは扱いません」と店員に言われるようなもの。
そりゃー怒れますよ。私もきっと怒ります(笑)
 
また、資格名だけ書いた名刺を渡すのは、ある意味相手に失礼だと思う。
 
「おれ、こんな資格だけど、おれに依頼すること分かるよね」って。
 
資格名と専門分野も名刺に書いて 

「私はこんな資格でこの分野の専門家なので、お手伝いさせてください」
 
そんな姿勢の方が、お客さんに選ばれやすくなる。
私はそう考えています。
 
 
※鈴家はこんな看板です

b0181744_18152581.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-01-31 18:23
 
 
「この制度は市民に取って有効な制度だから周知したい」
 
そんなメールが流れてきました。
 
司法書士会が運営している「ADR」という紛争解決手続きが、あまり市民に利用されていないから何とか利用してもらいたい。
周知されるように頑張ろうぜ、というメール
 
制度を周知したい理由が「有効な制度」だから。
 
確かに、専門家の立場からしたら有効なんだろうな、と思います。
でも、本当に有効な制度だったら利用者は増えているはず。
 
増えていないのは、市民が「有効な制度」と思っていないから。
 
ADRという特殊な法制度だから分かりにくいかもしれませんが
ADRを、例えば「健康器具」に置き換えたら分かりやすいと思う。
 
「この健康器具は健康に良いんです」
 
と売り手に勧められて、あなたは買いますか?
 
という話
 
いち司法書士会員として、ADRが周知されることを願いつつも
どうしても売り方に絡めてしまって、ダメ出しっぽくなってしまいました。 

でも、良い悪いを決めるのは買い手であって売り手ではありませんからね。
 
売り手が「良い」と言った段階で、私は、その商品売れないと思っています。
 
 
・・・というものの、「良い」とは言わなくても
私、「あなたに役立つ」とか「悩みを解決する」と言っちゃうことあります。
 
一番良いのは「良い」とか「役立つ」とか言わず、別の言葉で別の方法でお客さんに「良い」「役立つ」を思わせることです。
 
・良い、役立つを別の言葉で表現する
・良い、役立つを視覚で表現する
・良い、役立つを感覚で分からせる、イメージさせる
 
です。
 
私がよく使うのは
 
私の提供するサービスを使って
こんな事に困っていた人がこんな状態になりました
 
をストーリーで話す方法
 
例えば、将来に不安を抱えていたお一人暮らしの方が、私と「見まもり契約」を結んだことで
こんな不安が解消できて、本人そしてご家族からもこんな感謝の言葉をもらいました
 
というストーリー
 
もっとも、自分でストーリーを語らなくても、「お客様の声」がたくさんあれば
良い商品なんだな、役立つサービスなんだな、ってことが見込み客に伝わります。
 
あんまり好きではないけれど、どこかの司法書士事務所の過払い金のラジオCMもストーリーを語ってますよね。
 
 
言葉で表現するは出来ているけれど
動画など視覚で良さを表現することが自分は弱いから、動画が自分の課題だな。

お客さんが動画で、私の良さを語ってくれたら私の信頼度が増しますよね。

※事務所のチラシ

b0181744_18244172.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-01-30 18:31
 
 
高校生くらいのとき
 
森高千里
 
が好きでした。

同じラグビー部の今泉くんに、森高の中古CD買ってきてもらって聞いていました。
どうして今泉くんに頼んだんだろ?
 
「非実力派宣言」とか「ハエ男」とかタイトルのおかしな曲ばかり歌ってましたね。
 
ヒット曲のなかに
 
「私がオバさんになっても」
 
という曲があって、最近の私にとても響きます(笑)
 

「私がオバさんになってもディスコに連れてくの?」
 
じゃなくて
   
「私がおじいさんになっても、遺言の仕事を依頼してくれる?」
 
そんな気持ちに最近よくなります。
 
今は、40代なので60代、70代の方からのご依頼が来る
だけど、自分が60代になったら依頼来ないだろうな、と思います。
 
私でも、同じ司法書士に頼むなら、60代の人より40代の働き盛りの人に頼んで
何かあったらサポートしてもらいたいと思うもの。
 
ひと昔、ふた昔前の司法書士なら、不動産屋や銀行を複数つかんでおいて
若いモンをたくさん抱えて事務所経営をしていったと思うのです。
 
それが、司法書士の「理想のビジネスモデル」だから、どの人もそこを目指すけど
なかなか難しいでしょうね。
土地の売り買いは減るし、労働人口も減って住宅ローンを組む人もいなくなるから。
 
それに、司法書士のメシの種である「登記」は、電子化、AIの進化で5年、10年先には激減すると思う。
 
だから、私がおじいさんになっても大丈夫なように 

・仕事の件数を増やさず
・体力を使わず
・それでもって需要がある
 
そんな仕事を今から探っています。
余裕のあるときにこそ先のことを考えて、先のことに投資すべき。
 
40代はまだまだ「おじいさん」と呼ばれる年齢ではないけれど
「初老」って40歳のことだからね。
 
5年後の50歳になるころまでには
 
「おじいさんになっても依頼がドンドン来る仕組み」を完成させたいです。
 
b0181744_15422898.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-01-29 16:12
 
 
「いつも営業とかのことしか書いてないから、きっと仕事しとらんのやわ」
 
私のことをそう思っている人ってたくさんいる。

【村瀬さん、仕事してますか?】
http://na0ism.exblog.jp/26982411/
 
もちろん、司法書士として「書類仕事」はしていますよ。
 
でも、今日はこんな仕事しました、とブログ書いても自分がつまらないから書かないだけです。
書類仕事じゃない仕事、営業とか仕事のとりかたについて書いている方が楽しい。
 
でも、あえて仕事のことを書くとすれば
 
正解のない仕事

について、ここのところずっと考えています。
 
 
正解のない仕事
 
それは、今、私が成年後見人としてお世話をしている方(被後見人)の将来について、です。
 
それは、私一人の力では出来ないことで
被後見人さんのお身内の方、行政、職場の方、等々みんなで考えていくこと。
 
自分が「こうだ」という正解らしきものを出しても
別の方にとっては正解でなかったりする。
 
今日も、被後見人さんのことについて、担当者会議が開かれましたが
正解も正解らしきものも出ませんでした。

もやもやしてます。
 
開業したてのころはもやもやするのが嫌なので
理屈でガンガン攻めて、自分だけスッキリしていましたが
アラフィフになった今は、理屈、理屈言わないし、ぶちまけて自分だけスッキリすることは止めました。
成年後見って、法律でバシッと解決策が出るものではないし
 
でも、もやもやするなぁ
 
思い過ごしかもしれませんが、私のところに来る成年後見の案件って
結構考えさせられる案件が多いような気がします。
 
何か、いつもウンウン唸って考えないといけない案件が多くないかな?
 
 
普通の司法書士がたくさん手がける登記手続きのように
書類を作って法務局に申請してお金をいただくという仕事はシンプルだし割が良い。
 
でも、自分がそのような仕事を求めていないし
そのような仕事は私でなくてもできる。
 
ウンウン唸る仕事であっても、私にしかできない仕事だから
自分に解決してほしいと思われているから仕事が集まってくる
 
私は、そんな風に思い込んで
 
正解のない仕事に取り組んでいます。


b0181744_18134279.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-01-26 18:20

 
たまに、士業の方向けの勉強会に誘われますが、私は参加しません。
 
士業の人とお話することがないのと
以前、士業向け勉強会にお試しで参加したときに
 
イジメ
 
られたからです(笑)
 
10年前以上のことですが、「司法書士です」と名乗ったら
 
「司法書士に聞くことは何もない」
「司法書士に何が話せるんだ?正しい登記の仕方か?」
 
とさんざんバカにされました
 
今だったら、いろいろ言うことがあるのですが
当時の私は、コレという特長もないし「武器」を持っていませんでした。
 
だから、言われるがまま
 
初対面の人にこんだけバカにされるなら、金輪際、士業向けの勉強会に参加するのは止めよう、と決めました。
 
 
それに、「先生」と言われるのも嫌で
 
初対面の人に言われたり、そして士業同士で「先生、先生」言い合うのが気持ち悪い。

【「先生」なんて少しも偉くない】
http://na0ism.exblog.jp/26911504/

「『先生付け』しないと怒られる」

ような、おかしな士業の業界もあるみたいです(笑)
 
そんな士業の勉強会に出るくらいなら、「全く士業のいない経営者ばかりの勉強会」に出た方がよほど勉強になると私は考えています。
 
「司法書士?何する人?」
「うちには優秀な司法書士がいて」
「・・・・・(無視)」
 
司法書士ってこんなにニーズがないんだという気づきを与えてもらえるとか
 
・司法書士のことを知らない人に、どうやったら関心を持ってもらえるか
・優秀な司法書士がいる会社の経営者から、どうやって仕事を奪うか
・無視する人をどう振り向かせるか
 
専門知識を深める以外の、仕事の受注に直結する「勉強」はとても興味があります。
平たく言えば営業ですね。
  
【 士業の営業の仕方 】
http://na0ism.exblog.jp/23213975/
 
 
うちの「見まもり契約」のパンフレットは
関西地方で劇的な成果をあげている、ある士業の方のを許可を得てお金を支払って
 
丸パクリ
 
させてもらったもの。

あんな専門知識も深くて、おまけに営業もものすごくできる
そんな士業の方がいる勉強会には参加したいと思うのですが、なかなかいないですね。
 
b0181744_16435471.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-01-25 16:51
 
 
あなたは、スピーチが得意ですか?
 
結婚式でのあいさつ
何かの会でのあいさつ
 
ある程度の年齢になるとスピーチを求められることが増えますよね。
 
前もってスピーチのご指名をいただいていれば準備もできますが
私だけかもしれませんが、いきなりスピーカーの指名をされることも結構ある。
 
なんか「いきなりスピーカー」をやらされすぎて、何かの会、何かの集まりに出るたびに
 
絶対(スピーカーの)指名が来る!
 
と、今では構えるようになりました。
 
・会場の雰囲気、参加者
・私の前に話した人の話の内容
・自分の近くにいる人
・その会の趣旨
 
それらをふまえて、私はスピーチのアウトラインを構成します。
それさえできていれば、いきなりスピーチを振られても対応できます。
スピーチを振られようが振られまいが、上の4つの点はいつも抑えるようにしています
 
ウソだと思う方は、私に会ったとき、いきなりスピーチを振ってみてください(笑)
 
 
「いきなりスピーカー攻撃」にさらされて、いつの間にか「耐性」ができてしまった私はともかく
前もって指名されていても、スピーチが苦手って人はたくさんいます。
 
そんな方に、スピーチを成功させるコツがあるとしたら
 
サクラを仕込む
 
です。
 
・自分の話にリアクションをしてくれる人
・その人を見ると落ち着く人
・親友など
 
そんな人をサクラにする。
 
自分の話にうなずいてくれたり、笑うなどリアクションしてくれる人がいると気分が乗るし
緊張していても、見知った人がいてくれたらそれだけで落ち着きます
親友なら助けてくれるでしょうしね。
 
私は、見知らぬ人の中に放り込まれても「サクラ」を作るようにしています。
 
・初対面の人でも話してみて感じの良い人
・リアクションの大きい人
・そしてお綺麗な方
 
そんな方々と事前にコミュニケーションをとっておいて、サクラになってもらう。
 
最初にその人を見て、周りに目線を配って、またその人に戻る
そうやってスピーチをすると、例え、初めての場でも落ち着いて気分良く話せます。
 
「サクラを仕込む」
 
ぜひお試しください。


また、以上に書いたことは、スピーチの心構えなので、スピーチの構成等は
私も学んでいる下記講座にて学んでくださいね。


【たった2時間で質問力が変わるコミュニケーション体験講座】
https://office4c.wixsite.com/communication


b0181744_16474133.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-01-24 17:09
 
 
「相続手続きが簡単に」
 
という触れ込みで、平成29年5月29日から,全国の登記所(法務局)において,各種相続手続に利用することができる「法定相続情報証明制度」が始まってます。

「法定相続情報証明制度」について
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji05_00284.html
 
私、制度が始まった時、「ものは試し」でやってみようとしたのですが
 
断念
 
理由は
 
ちっとも簡単じゃないから
 
以上。
 

「相続手続が簡単に」

という触れ込みだから
相続に必要な書類が大幅に減ったとか、わざわざ戸籍を集めなくてもオンラインで完了
 
というイメージを持たれる方がたくさんいるのですが
 
相続の必要書類は減っていない
戸籍はわざわざ集めないとダメ
 
なんです。
 
相続財産が不動産以外に、預貯金等ある場合
 
確かに、「法定相続情報証明制度」を使えば、銀行等で戸籍のコピーをとる時間が短縮されます。
 
でも、私にとって「法定相続情報証明制度」のメリットはその程度。
 
「証明書」をもらうために、わざわざ法務局まで出向く時間が惜しい
司法書士である私が法務局に行きたくないのに、一般の方はなおさら行きたくないと思います。
 
法定相続情報証明制度についてご質問を受けることはありますが
 
「あんまり意味ないと思います」
 
と答えています。
 
 
先日の新聞報道等で、行政手続きの電子化が大幅に進む、とありましたが
私は大賛成。
 
会社設立が簡単にオンラインでできたら便利でしょう。
戸籍の収集もせずに相続手続きができたら便利
 
司法書士なんていらなくなっちゃいますね。
 
でも、遅かれ早かれ「その日」は来る。
司法書士とか「士業」という職種は、国が電子化、IT化に本気出せばたちまち無くなってしまうから。

今は、使えない「法定相続情報証明制度」ですが、ここ数年で、大幅に便利になるかもしれません。
 
 
私は、「その日」に備えて、意外と地道に動いていますよ。

b0181744_15500902.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-01-23 15:50
 
 
私が仕事を始めた当初は
 
専門知識を深めねば
お客さんをたくさん捕まえねば
 
で、てんてこ舞いでした。
 
でも、開業した早々に仕事はなくて
やることと言えば、専門知識を深めるための勉強だけ。
 
時間は充分あるから知識は深まります。
でも、どれだけ知識を深めてもお客さんはやってこない。
 
お客さんを見つけに行っても、独力では見つけられないから
一般の司法書士のように、銀行や不動産業者に紹介してもらうように
足繁く通いますが、当然、ぽっと出の新人になんか仕事はありません。
 
そもそも
 
お客さん
 
どんな人が自分のお客さんになるのかが分かっていなかった。
どんな人がお客さんになるのかが分からなければ、お客さんになる人がどこにいるのかも分かりません。
 
【あなたのお客さんはどこにいますか?】
http://na0ism.exblog.jp/24901160/
 
↑この記事、ほんと書きたいこと書き放題ですね。
 
 
・自分がお客さんにしたい人はこんな人
・こんな人に自分のサービスが役立つ
 
そんな「理想のお客さん」を絞り込めれば、どこにその人がたくさんいるのかは自ずと分かります。
 
私であれば
 
・パン教室
・整体
・カーブス
・老舗の喫茶店
・etc
 
に理想のお客さんがたくさんいます。
 
パン教室を狙っている司法書士なんて、全国で私くらいだと思います(笑)
どんな人が私の「理想のお客さん」なのかは、私まで直接聞いてくださいね。
 
 
お客さんを絞り込む
理想のお客さんをイメージしよう
 
と言うと、司法書士であるなら

「銀行」「不動産業者」「お金持ち」「土地持ち」「高齢者」
 
となる。
 
でも

「その理想のお客さんは、どこにたくさんいますか?」
 
と質問されると、答えに窮する人多いです。
 
その場所が分からなければ、独力で探すこともできないし紹介も生まれません。
私のようなフリーランスにとって、お客さんの「紹介」が一番有り難い。
その紹介が生まれないのは致命的です。
 
もちろん、これは司法書士に限った話ではなく、どの職種にも当てはまります。
「理想のお客さん」の絞り込みをして
その次に、その人がどこにたくさんいるのか、を死ぬほど考えましょう。
 
 
私の理想のお客さんは、パン教室にたくさんいますので
 
「あなたの仲の良いパン教室の先生をご紹介ください」

b0181744_13462093.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-01-22 14:20
 

私のパートナーは
 
「自分の意見言わなさそうに見えるのに、実はガンガン意見を言う」
 
ので、驚かれるそうです。
 
反対に私は
 
「ガンガン意見を言って攻めるように見えそうですが、実は控えめで気が長い」

です。
 
「見た目」と「実物」のギャップある場合、どちらが好印象ですか?
たぶん、見た目が悪く実物の良い私ですよね(笑)
 
ギャップで損する人
ギャップで得する人
 
います。

私はどちらかと言えば、得しているタイプです。
やっている仕事の内容、そして見てくれがあまり良くないからか
 
・真面目そう
・難しいこと言いそう
・話がつまらなそう
・ガンガン意見言いそう
・どんどん攻めてきそう
・怖そう
 
自分で書いてても嫌になるくらいマイナス評価が多い(笑)
でも、実際に会った人からは、プラス評価をいただくことが多いです。

見た目と実物のギャップがあることに感謝しています。
 
 
ギャップは、お客さんに選ばれるのに大事だよ

ということは何度か書いていますが、なかなかギャップを人前にさらすのを躊躇される方が多いな、という印象です。

【強烈な選ばれる理由】
http://na0ism.exblog.jp/24335544/
 
・鉄道オタク
・アイドルオタク
・アニメオタク
・深海魚が好き
・車のエンジン音が好きだから、車内で音楽をかけない

など、その人の持つイメージとかけ離れた趣味、嗜好、好きなものがギャップのもと
 
自分の好き、好きで好きでたまらないことを発信すれば
 
「実は私も大好きなんです」
 
という人が絶対現れます。
 
お客さんになってもらうなら、「好き」が同じ人とお客にした方が絶対楽だし
成約率も高くなる。
 
例えば、RXー7という車がたまらなく好きという会社の社長は
 
あふれ出る「RXー7愛」を発信すれば、同じように「愛」を持つお客さんを引き寄せます。

「あなたも好きなんですか?私も大好きなんです!」

好き同士なんだから、セールストークも要りません。

 
仕事、特に私の仕事は、情よりも理、理屈が勝つようなイメージがあるかもしれませんが
意外に、情が強い

どうせ仕事を頼むなら、理屈が立つあいつより
いつも仲良くしている「アイツ」に頼みたい
 
となる。

その、「アイツ」になるには
 
好き

を発信することですよ。

世の中全ての人をお客さんにするのも仲良くなるのも不可能。
自分のことを気に入ってくれる人しかお客にできないし、好きになってくれる人としか仲良くできません。

好きか嫌いかどっちやねん
 
という当たり障りのないことばかりでは、誰もお客さんになってくれないし、誰とも仲良くできません。
 
人に何を言われようが自分の好きを遠慮なく発信することが「アイツ」になる秘訣です。
 
 
私は

本屋
電車
一人旅
トレーニング
アイドル
美女
ピンク

が好きです。



b0181744_18133711.jpg
 



[PR]
by 073995332 | 2018-01-19 18:20
 
  
うちの事務所は、年配の方の散歩コースのそばにあるので
  
「散歩でいつも看板を見ていて気になって」
 
という年配の方が、よく訪ねてこられます。
 
「いつも見ている」
 
というのが大事ですね。
 
いつも見ているから、気になる
いつも見ているから、覚えている
いつも見ているから、忘れない
 
私の司法書士という仕事は
 
今すぐ欲しい!
 
今すぐサービスを受けたい

ということはめったにありません。
 
いつか分からないけど、「その時」になったら利用する
 
という仕事です。
 
だから、覚えていてもらうことが大事だし
覚えてもらうより
 
忘れられないことが大事
 
 
忘れられないように毎年年賀状を出す
忘れられないように写真付き名刺にする
忘れられないようにマメに会う
忘れられないようにSNSに投稿する
忘れられないようにブログを週5回書く
 
「何かありましたら」でその何かを待つだけで、何もしない人は
やっぱり何もありません。

【「何かありましたら」では何もない】
http://na0ism.exblog.jp/27986852/
 
あなたみたいな仕事してる人は腐るほどいるんだもの
同業者と同じことしてたらすぐに忘れ去られます。
 
誰でもできることを誰もできないくらい徹底してやることが
忘れられないための一つの方法ですよね。
 
忘れられないように、で始めたLINE@ですが
いくら忘れられないようにって、いつもイベントの告知をしたりクーポンをバラまくだけではもったいない。
コミュニケーションツールとして使わないともったいない。
 
また、どんなことを発信するかで、あなたへの興味の持ち方も変わってきます。
 
あなたの一日の予定とかランチに何を食べたかなんて
芸能人でもないあなたに、誰も興味は持ちません。
 
あなたの見込み客が知りたいのは

あなたがどんな人でどんな考えを持ってる人なのか

なんです。

忘れられないように、そして興味を持ってもらえるような発信をしましょう。
 
あっ、LINE@の登録お願いします。
 
友だち追加


こっ恥ずかしいですが、忘れられないように顔出ししています

b0181744_11105263.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-01-18 12:24