人気ブログランキング |

<   2016年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

  
半年くらい前の話ですが、タレントの堀北真希さんと山本耕史さんの結婚報道について
フェイスブックにこんなことを書きました。

↓   ↓   ↓   ↓

**********************************


【分をわきまえない】
 
『世の中のみなが分をわきまえていたら面白くない
「イタい人」、「変な人」がいて、「真面目な人」がいるから面白い』
村瀬なおひと
 
 
堀北真希さんと山本耕史さんの結婚報道をうけて
「40通のラブレター」がフォーカスされています。
 
イケメンだから
実力派俳優だから
一般の人がやったらストーカー
等々
  
意見ありますが、ほんとに好きな人がいたら熱意もってアプローチすればいい。
 
イケメンじゃないから
実力がないから
ストーカーって思われたらどうしよう
 
なんて、自制せんと「分をわきまえず」行動したらいいのに。
最初から、自分が相手のこと好きで、相手も自分のことが好き、なんて奇跡はありません。
「分をわきまえない」行動が奇跡を起こす。
  
  
「分をわきまえて」言いたいことも言わず、やりたいこともやらない人生なんて意味ないよ。


*************************************
 

誰もが身の丈を知って、分不相応な振る舞いをする。
そんな人生つまらなくないですか?
 
とはいえ、私がそんな風に考えられるようになったのは、ここ数年のこと。

4年前に、私の父親が、病気発覚後「あっさり」3週間で亡くなった時に

「人間ってこんなにあっさり死んじゃうの?」
「それなら、人生やりたいことを躊躇せずにやらないと損じゃん」

と気づき、そこから人生が変わりました。

【好きにさせてくれてありがとう】
http://na0ism.exblog.jp/24345736/

人って大事なものを失わないと、大事な何かに気づかない。
私の場合は、父の死で、「自分の人生は有限なんだ」と気づいた。

「今日が人生最後の日だとしたら、今やってることは本当に自分のやりたいことか」

という、ジョブズの名言にハッとする人は多いと思いますが、
では、実際に自分のやりたいことをやっているのかどうか疑問です。
 
自分の人生なんだから、やりたいようにやればいいのに
他人の評価を気にしたり、無理に周りに合わせようとして、やりたいことをやれていない。
 
そんな方多いのではないでしょうか。
 
 
ところで、先日、私の関わっている名古屋成功塾の懇親会で

【名古屋成功塾】
https://www.facebook.com/nagoyaseikojuku/

「あなたはSKですね」

と言われました。

意味が分からない
「SK?」「SKE48じゃないの?」

で、「SK」の意味を教えてもらったのですが

「スーパー勘違い」

だそうです(笑)

褒められました。
 
・まるで根拠ないけど、訳の分からない自信を持ってる
・お世辞だろうが何だろうが、褒め言葉は否定せず全て受け取る
・普段から、「俺ってスゴイかも」と思ってる


言われてみれば、私は「SK」かもしれません。

「SK」してるから、緊張しないし
「SK」してるから、言いたいこと言ってやりたいことやれてる
「SK」してるから、値下げしなくてもお客さんに選ばれてる

だいぶ困った人に見えそうですが「SK」は、実は脳科学的にみて理にかなっているのです。
 
人間の脳は、正誤の判断ができないので、その人が思い込んだとおりのことを実現させる働きがあって
「俺ってすげえ」と勘違いをしていると、その人がイメージする「すげえ状態」に到達させようと働きます。
 
いろいろご縁があって、褒めてもらったり、脳科学を教えてくれる方に出会い
自分を成長させるために、私は「あえてSK」の状態を保っています。
 
・自分に自信のない人が、自信なさそにするのではなく、あえて自信ありげな発言行動をする
・褒められても「自分なんてまだまだ」と否定せずに、褒められたら「ありがとう!」と言う。
・などなど
 
人にどう思われようが、何を言われようが、自分を「SK」させないと損。
「SK」した分、成長できますからね。

環境とか自分に関わる人を変えることはできないから
自分を変えるしかありません。
 
いきなり「SKなれ」と言われても無理なので
小さな成功体験を積み重ねて
少しずつ自分で自分を認めてあげることができたら「SK」が続くような気がします。
  
 
短い人生なので、思い切り「SK」しましょう。
 

「名古屋成功塾はSK揃いです」
b0181744_161115100.jpg

by 073995332 | 2016-02-15 16:12

「俺が離婚した場合には(遺言書)どうなるの?」

「離婚した場合はね、ああしてこうしてこうなって・・・」
 
学生時代からの友人の遺言書作成の相談を受けています。

私はまだ43歳です。
まだというか、もう43歳なのかな?
 
遺言書作成は50歳を過ぎてから、とお勧めしていますが
実際は60歳オーバーの方がほとんどで、40代の方はまれです。

【遺言書は何歳くらいで書くもの?】
http://na0ism.exblog.jp/24778975/
 
そりゃーあんた、昔からあんまり体は丈夫じゃないけどさ
2年連続で同じクラスになったじゃん
一緒に体育の授業でハンドボールやったじゃん
台風の中、予備校の模試受けに行ったじゃん
成人してまもないときに一緒に酒飲んだじゃん
俺の人生の悪い時よく知ってるじゃん
   
遺言なんて早くね?
 

法律専門家として「遺言はお早めに」と言ってるけど、あんたは早すぎないか?
 
でも

「プロなんだからしっかりお金とらんといかんよ」って。

いいよ。そんな心配しなくても。あんた以外にもお客はたくさんいるんだから。

もちろん、しっかりアドバイスするよ。プロだから。
でも、全然現実感ないんだよね。
 
離婚はするかもしれんけどさ、あんた死なないでしょ?そんなにすぐには。
自分でも死なないと思ってるから、そんなにしっかり先々のこと考えられるんでしょ?
 
なんかさあ、80歳近い人でも「俺にはまだ(遺言書作るの)早い」って言ってる人いるけど
あれ、不思議だよね?
 
40代のあんたが、死ぬこと考えてるのに、なんで80代が(死から)目をそらしてるんだろね?
やっぱり怖いんだね。

40代は、死に対して現実感がないから、(遺言書作成を)進められるのかな。
 
 
もしさあ、あんたが死んで、遺言書に書いてあるとおり俺が遺言執行者になっても
ささっとやるからね。

何か長引いたらきっと悲しいじゃん。

でも、やっぱ、俺、遺言執行者になるのやめようかな。
奥さんを遺言執行者にしてもいい?

あ、だめ?
そうだよね、奥さん名義変更とかに気を使いたくないよね。

やっぱ遺言執行者になるよ。
 
ちゃんと面倒見るからさ。
どんなことがあっても、ちゃんと最後まで面倒見るよ。

ご指名にあずかり、ご依頼をいただきありがとうございます。
 
 
同級生の遺言書作成の相談に乗りながら、頭の中でそんなことをずっと考えていました。

b0181744_21555051.jpg

by 073995332 | 2016-02-12 21:56
   
先日、ネットか何かで見たのですが

男性は異性を好きになった理由を論理的に説明できるけど
別れる時は感覚的で、その理由を論理的に説明できない

一方、女性は

好きになる時は、感覚的で論理的には説明できないけど
別れるときには、その理由を論理的に説明できるそうです。

分かる。

以前、ある女性に「その音楽を何で好きになったの?」と聞いたときに

「好きになるのに理由なんていらないじゃん」

と言われたことがありました(笑)
 
 
「好き」

というのは異性関係に限らずビジネスにも重要な要素です。
 
「好きな人と組んでビジネスをしたい」
「自分のことを好きな人にお客さんになってもらいたい」

好きでもない人とビジネスはしたくないし、好きでもない人に買ってもらいたくない。

また、
 
「この人のこんなとこが好きで一緒にビジネスしてるんだよね」

とか

「この人こんなとこが素晴らしいんだよ」

と、自分のビジネスパートナーを他人に紹介すると、新しいビジネスに発展しやすくなります。
 
ビジネスパートナーを「ティーアップ」することが大切です。
 

【「ティーアップ」してますか?】
http://na0ism.exblog.jp/24541134/
 
 
たまに「ティーアップ」のコツを聞かれることがありますが

「相手に関心を持つこと」
「相手のことを好きになること」


だと私は思っています。

自分が関心のない人、好きでもない人なんてほめれませんよね。
 
ブログにも書いたのですが、昔の私は

「悪いところ探しの名人」で

人の悪いところに気づく力がずば抜けていて

人の悪口ばかり言っていました。

でも、今はその「気づく力」を良いところを探す方に使っているので

「良いところ探しの名人」になることができました。
 
 
「ティーアップ」って好きな人同士の褒め合いとは少し違っていて
好きだからこそ、あえて厳しいことも言ってくれるような人との関係があってこそ成り立ちます。
 
「相手にもっと良くなって欲しいから苦言を呈する」ような人との関係。

私が関わっている「名古屋成功塾」も「岐阜成功塾」は、そんな人たちの集まりです。



【名古屋成功塾】
https://www.facebook.com/nagoyaseikojuku/

【岐阜成功塾】
target="_blank">https://www.facebook.com/gifuseikoujyuku/?fref=ts


「2月10日開催岐阜成功塾第8講義の様子」
b0181744_1725942.jpg

by 073995332 | 2016-02-11 17:04
 
「亡くなった父に借入金があったので何とかしてください」
「亡くなった兄弟に税金の滞納があって役所から督促状が届きました」

 
そういったご相談をよく受けます。
 
相続=お金、不動産というプラスのイメージを持たれますが
その他にも、借金、滞納税金も相続の対象になります。
 
プラスの財産は、いつまでに相続しなければいけないというのはありませんが

【いつまでにやらないかんの?】
http://na0ism.exblog.jp/23899354/
 
マイナスの財産は、相続を拒否するのに期限があります。
 

プラスの財産が一切ない、あってもほんの少しという場合には

「相続放棄」

という手続きをお勧めしています。

相続放棄とは
法定相続人となった場合に、被相続人の残した財産が、プラスの財産が多くても相続せず、マイナスの財産が多くても債務の負担をしないことで、相続放棄するとその法定相続人は初めから相続人でなかったことになります。



民法第915条
1項 相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。
   ただし、この期間は、利害関係人又は検察官の請求によって、家庭裁判所において伸長することができる。

  
家庭裁判所への申立が必要ですが、さほど難しい手続きではありません。
 
しかし、被相続人の債権者への対応が煩わしかったり、債権者に少し面倒な方がいる場合は、専門家にお願いした方が無難です。
 
特に、滞納税金がある場合は、税務署や市役所等の対応をしないといけないので、煩わしかったりします。
私自身、何度か依頼者と一緒に税務署の署員にお話に行ったことがあります。
 
 
一般の人が「財産放棄したい」と言われることがありますが、
法律的な意味での「相続放棄」ではなく「遺産分割(協議)」の意味で言っていることが多いです。

なので、その場合は「財産放棄したい」という発言の真意を確認します。

遺産分割協議とは
遺産は相続人が複数の場合、全員の共同相続財産となります。
その共同で相続した相続財産を具体的に誰にどのように分けるか
を話し合うのが「遺産分割協議」です。


話し合いの結果、何も財産をもらわない方は「放棄した」ことになります。

依頼者が「どうしても放棄したい」と言っても、「費用も時間もかかるので遺産分割の方がいいですよ」と勧めることもあります。
 
裁判所に相続放棄の申立をするのは、負債が沢山ある場合とか、ほんとに限られた場合だけです。

ちなみに、「遺産分割(協議)」で被相続人の遺した借金や滞納税金を特定の人に相続させるような話し合いをしても
他の相続人は、債権者からの請求を拒むことはできません。

債権者が協議内容をオッケーすれば別ですが、原則拒むことはできません。

例えば
財産も何もない無一文の相続人に、相続人間の話し合いだけで借金を押しつけることができたら、債権者の利益が害されてしまいます。
 
 
借金の支払は自己破産手続き等で、免れることができますが、税金は自己破産しても支払義務を免除されません。
しかし、相続放棄をすれば、借金も滞納税金の支払いも免除されます。
 
「借金とか滞納税金の支払いから逃れたい」という相続人の気持ちは分かります。

しかし、「それは払った方がいいんじゃないですか?」

と思うような「支払」までも支払いたくないという人がたまにいらっしゃいます。
その「支払」が何かは書きませんけど、仕事とはいえ少し複雑な思いを持つことがあります。

ただ、私にはそういった「支払ってもらえない方」が困っていることが分かるので
そこに「営業」をかけられるという利点はありますけどね。

b0181744_1533158.jpg

by 073995332 | 2016-02-10 15:04
 
今、入っている自動車保険を今度の更新を機に変えようと思っています。
 
理由は・・・・

「更新時期が迫らないと連絡しないから」

です。
 
そこの保険代理店に保険をお願いしたのは、私のビジネスパートナーからの紹介だったので
いわば、「人的関係」を重視してお願いしたのです。
 
たしかに
私がそこの保険代理店に問い合わせをすれば、対応をしてもらえます。
 
でも、それって「ネットの自動車保険」と何も変わりません。
 
リアルな店舗を構えた代理店ならではの良さとか価値が感じられないので
ネットの自動車保険でも良いような気になっています。
 
こんなことを書くと
ネットだと事故が起こったときに対応に問題がある、とか言われそうですが
私は事故が起こっていないときの対応をして欲しいなと思っています。

わがままですかね~
 
たぶん
どこの保険代理店も、更新の時期が迫ってからの連絡しかしていない。
他がやらないから、うちもやらない、そんな感じ。
 
自動車保険料も月々1万円ちょっとなんで、代理店側も手間はかけたくないのかもしれない。
あまり保険のことは分かりませんが、代理店にとってもっと実入りの良い保険があるのでしょう。
 
でも、そんなことお客さん(契約者)にとっては関係のないことです。
 
少しのお金を払う人でも沢山お金を払う人でもお客には変わりありません。
 
週に1回とは言わないけど月に1回くらい連絡くれてもいいかな
連絡内容はたわいのないことでいい。

多分、月1回連絡くれるような保険代理店はないでしょうから、印象に残りますよね。

連絡もらったタイミングで、私もそこにお客さんを紹介できるかもしれないし
万が一、私にお客さんを紹介してもらえたら、ずっとそこと契約し続けるでしょうね。
ビジネスの話したっていいじゃん。
 
そこより前の保険代理店にお願いしていた時も、私がお客さんを紹介したところ
そのお客さんを怒らせてしまいました。
 
どうも代理店にとっては、儲からない保険だったらしく

「ネットから申し込みできるから」とけんもほろろの対応をされました。
 
扱いたくない商品ならHPに書くなよ、です。

まあまあ信頼をしていた代理店でしたが、お客さんを怒らせるなんてありえないので、お願いしていた一切の保険を解約しました。
 
 
保険代理店の対応を書きましたが、私にも自省する点は多々あります。

・仕事が立てこむと、依頼者にマメな進捗報告ができない
・移動が多いので、すぐに電話に出られない
・事情はあれど、仕事が遅いと思われることがある
 等々
 
私がどんな状況にあろうと、それは依頼者には関係のないことです。
 
「仕事立て込んでるから」「今週は出張が多くて書類つくれない」「相手方と連絡取れないから」
なんて、言い訳したくなることありますけどね。

お金をいただいて雇われているのだから、お客さんが連絡欲しいタイミングで連絡できるように努めなければならない。
仕事もなるべく迅速にこなさなければなりません。
 
・・・なかなかできないことが多いけど、努力はしています。
 
たぶん、同業者の誰もが同じように忙しく、同じような対応をしているような気がします。

「センセイはみんな忙しい」んだって。
 
でも

「人がやらないから自分もやらない」

のか

「人がやらないから自分はやる」

のか

どちらを選ぶかで後々違ってくるような気がします。
 

私自身、なかなかマメな連絡はできていませんが
  
「人がやらないから自分はやる」をモットーにして行動しているので
 
人に覚えてもらいやすくなったり
「ぜひ会いたい」と言ってもらえたり
「面白い」と褒めてもらえたり 
「わざわざやってもらってありがとう」と感謝されることがあります。

「人がやらないから自分もやらない」という姿勢では、今後ますますお客さんから選ばれにくくなるんじゃないかな。

自動車保険の代理店も司法書士も掃いて捨てるほどいますから

b0181744_14503213.jpg

by 073995332 | 2016-02-09 14:51
 
「誰々さんとこの旦那さんの浮気がばれて大変なことになっている」
 
そんな話よく聞きませんか?
 
聞かされてもあまり楽しい話ではないですよね。
 
奥さんが荷物をまとめて子どもと出て行った

とか

奥さんと子どもが旦那さんを追い出した

と言った話はよくあります。
 
「誰々さんとこ大変だったから、あんたも気をつけなさい」
 
私に浮気するような甲斐性があるように見られていることを喜ぶべきか微妙です(笑)
 
浮気じゃないけど、ベッキーが叩かれすぎて気の毒です。
人間なんだから間違いもおかしますし、間違いおかした分だけ何か身近に感じられます。
  
 
浮気してしまって、浮気した人が謝って元の鞘に収まればハッピーですが、
収まらなかった場合は別居や離婚になってしまいます。
 
離婚問題といえば、養育費とか慰謝料とか精神的苦痛とか性格の不一致とかで弁護士の出番ですが
司法書士もコソっと出番があります。
 
ずっと昔、「離婚調停」の申立書を作って、離婚の支援したこともあります。
相手方に凄まれて大変な目にあいましたけど。
 
調停の申立書はめったにありませんが
「財産分与」の手続き、例えば、夫名義の不動産を、離婚に際して妻名義にするという手続きは結構あります。
 
「財産分与」の手続き等細かいことは、詳しく書いている弁護士等のブログ(いっぱいあります)を参照してもらえばよいですが、
手続きをしていていつも思うことがあります。
 
「疲れた」

とか

「しんどい」

とか

「嫌になった」

と言って、中途半端に投げ出して大変なことになっている人が多いです。
 
<ケース1>
離婚の原因となることが発覚して、色々大変で離婚届を出して「疲れた」
そして、夫婦共有名義の財産の精算が終わらないうちに、元配偶者は再婚をしてしまう。
 
具体例を書くと、元夫名義の家に妻が住み続け、妻が夫に名義変更の協力を求めても無視されてしまう。
仮に元夫が亡くなったら、元夫の相続人は後妻と2人の間の子どもになってしまいます。
 
疲れようがしんどかろうが、財産等の精算が済むまでは頑張らないとダメです。
自分一人で頑張ることが難しければ専門家を頼ってください。
  
<ケース2>
夫が浮気して新しい女性と暮らしている。
元夫と女性から「離婚してほしい」とさんざん言われたから「嫌になった」
そして、離婚届にハンコを押す。
 
「離婚してほしい」と言われているのだから、こちらはある意味有利な立場です。
こちらの条件をのませるだけのませればよかったのにな、といつも思います。
 
離婚してしまってからの名義変更はとても難しいです。
弁護士を頼めば別でしょうけど、こちらが有利なのに無駄なお金出さなくてもいい。
 
 
離婚を専門に扱っているわけではないし、離婚当事者の方は本当に大変かとは思います。
しかし、不動産の名義変更しかり、養育費しかり、残った住宅ローンしかり
離婚に至るまでには解決をしないといけない問題が多々あります。

疲れるでしょうし、しんどいでしょうし、嫌になることもあるでしょうが踏ん張ってもらいたいです。
自分で解決が難しければ、一人で悩まないでどうぞ専門家の力を借りてください。
 
私は離婚の専門家ではありませんが、適切な専門家をご紹介しております。

b0181744_17385698.jpg

by 073995332 | 2016-02-08 17:39

「あんたまだ手続き慣れとらんなあ。普通書類送るやろ?」
 
(いえっ、もう14年この仕事でご飯いただいてますけど?)
(書類送りつけたら、大概の人は怒りますよ)

 
「お前、弁護士法違反やろ?」
 
(別に紛争性ないし、状況の説明してるだけなので弁護士法関係ないですよ)
 
「何で司法試験受けんかったんや?」
 
(勉強大変そうだし、刑事事件とかやったら精神病みそうだし)
(今となっては、受けなくて正解でしょ?)

 
 
しばらく前、ある相続人の方とこんなやりとりをしました。
 
何人かいる相続人の方のところに、私の依頼者と共にうかがって
相続発生の経緯、相続財産についてご説明をさせていただきました。
 
自分でもたまに反省するのですが、十分な説明をしようとすると
相手にとっては「まどろっこしい」と思われることがあります。
 
ただ、「まどろっこしい」と思われても、「この書類にハンコついて返送して」と書類を送りつけることはしません。
他の同業者のことは分からないけど、14年の経験から私はそう決めています。
 
冒頭のやりとりのように、遠慮会釈ない「直球」な物言いをされる方は、嫌いではありません。
交渉の相手方だったら、話が早い方が多いので好きです。
 
しかし、その時は交渉しに行ったわけではないので、少しやりにくかったですね。
状況を説明して相続手続きにご協力いただけるように、依頼者と共にひたすらお願いする立場ですからね。

しっかし、「ド直球」な物言いだったなぁ
 
交渉だったら、強気に攻めますが
お願いするときは、下手下手に出て「負けるが勝ち」を貫いています。
 
遺言書1通あれば、遺留分の問題はありますが、お願いしなくてもいいし
下手に出なくてもいい。
 
いつも書くことですが

「紙切れ(遺言書)1枚あったらな~」

とボヤキたくなることは少なくありません。
 
 
普通、負ける、ということはあまりいいことではありません。
 
プロスポーツ選手が負ければ、ファンをがっかりさせるし
私の仕事でも、例えば、交渉事で負ければ、依頼者の信用はなくすし、報酬も少なくなります。
 
でも、時として「負ける」ということは、強い人にしかできないことなんじゃないかなと思います。
私は、昔、「負ける」ことができませんでした。
 
自分に困ったことや弱いところがあっても、人に頼りたくないし見せたくない。
だから強がって無理をしていました。
 
「人に頼ったら負けだ」
「弱みを見せたら負けだ」
「人に迷惑かけたら負けだ」


いつもそう思っていました。
可愛げないですね。

自分のできないこと、弱いところを認める「強さ」とか「器の大きさ」がありませんでした。
 
いつも、人との「勝ち負け」ばかり考えていて
自分が勝てばうれしいけど、負けていても負けを認めず、相手を批判することで優越感に浸っていました。
 
でも、ひょんなきっかけで出会った人たちのおかげで、自分の「器」が段々大きくなり
少しづつ「負け」られるようになりました。
 
・自分は案外何もできない
・出来てると思ったら、それは人のおかげだった
・迷惑かけられないのは、その人を信頼していないからだ

 
全然「勝」っていなかったことに気がついた。
 
「負けだらけ」
 
・俺だけだとできないから手伝ってくれますか?
・自分の代わりにやってくれて、いつもありがとう
・〇〇さんなら安心して任せられます。

 
負けることができるようになってから、仕事も人間関係も好転しました。
 
欠点や弱いことを見せた方が、人に好かれるし共感されやすい。
 
何でもできて、非の打ち所がない人って、何か嫌やん?
実際の非の打ち所がない人はまだしも、非の打ち所がないように「装ってる人」は負けられないような気がします。
 

「も少し負けることができたら人に好かれるのにな~」

私がそう思う人けっこういます。
 
「負ける」って勇気いるから、「勝ったつもり」になっていた方がその人にとって楽なんでしょうね。
 
勇気出して一回「負け」ちゃえば、楽になるんだけどな。

b0181744_2163414.jpg

by 073995332 | 2016-02-05 21:06
 
『あなたの事務所に本当に郵便物が届くかどうか分からないから』
 
私は、いつも特定の郵便局で郵便物を出し、切手、印紙を買っています。
局員の方とも顔見知りです。
 
でも、ご依頼を受けて、そこの郵便局でゆうちょ銀行の解約手続きを行う際に
 
「公的な機関から届いた事務所宛の封書」

の提示を求められます。
 
解約をする際に、愛知県司法書士会発行の会員証(事務所所在地の記載有り)
の提示をしていますが、さらに

「公的な機関から届いた事務所宛の封書」

の提示を求められます。
 
ようは、司法書士会は公的な機関ではなく
私の事務所の存在が公的に証明されないので

『あなたの事務所に本当に郵便物が届くかどうか分からない』

という素晴らしい理由だそうです。
(ゆうちょ銀行の解約手続きは必要書類等が郵送されます)


<ゆうちょ銀行のサイトより>
http://www.jp-bank.japanpost.jp/faq/faq_cat10.html

Q:相続の手続きはどのような流れで行うのですか。

A:まず、相続人様の状況等を記入した「相続確認表」をお近くのゆうちょ銀行または郵便局の貯金窓口に提出していただきます。
次に、「相続確認表」に基づき、後日「必要書類のご案内」を送付いたしますので、必要書類をご準備いただき、お近くのゆうちょ銀行または郵便局の貯金窓口にご提出ください。
全ての必要書類をご提出後、1~2週間で代表相続人様の通常貯金への入金等の払戻処理をいたします。


 
最近は、バカらしいので争いません。
仕方ないので「名古屋市役所から事務所宛に届いた封書」を常に鞄に忍ばせています。
 
「郵便局から書留で封書届いたことあるから、郵便局は事務所の存在認めてるんじゃないの?」

と言ったことがありましたが、

「その時はたまたま届いただけかもしれない」

と言われてしまいました(笑)
 


「そっかー、それだけ郵便局の配達システムも書留も信用できないってことですね」
「気をつけよ~」


と嫌みを言っておきました。
 
 
ゆうちょ銀行よりずっと規模が大きい某U○J銀行はそんなこといいません。
その他の金融機関もそんなこと言いません。

ゆうちょだけです。
謎です。
 
窓口で、食べ物や飲み物の試食試飲をしていても、私だけ勧められません。
謎です。
 
たまには食べてみたいです。
 
 
うちの近所では、銀行預金の相続手続きや解約手続きを行う司法書士が少ないみたいで
おかげで各金融機関にて、いろいろ謎な体験をさせてもらっています。
 
b0181744_14404284.jpg

by 073995332 | 2016-02-04 14:41
 
「弁護士と司法書士はどう違うのですか?」
 
よく聞かれますね。

弁護士は何でもできる人
(何でもできるから、こんな仕事もできるあんな仕事もできると言って業務特化しない人が多い)
 
司法書士は、不動産の名義変更とか法務局の手続きをする人
(自分のお客さんは、不動産業者と金融機関としか考えていない人が多い)
 
行政書士は、役所関係の書類を作る人
(平日の真っ昼間の研修でもなぜか出席できる人が多い)
 
と私は答えています(括弧内は私の心の声です)
 
試験の難易度はともかく、どの資格でも新規参入する方はなかなか大変です。
 
私は、たまたま運が良くて開業した時に、「引き受け手が足りないくらい」債務整理の仕事があったので
何とか生活ができました。
 
今も、その際に積んだ経験と人脈で、債務整理以外の仕事を受注できています。

運とか人の縁とか、自分の力ではどうしようもないことですが
ただただ、ありがとうとか感謝の言葉を言いたくなります。
 
 
試験の難易度とか業務範囲以外で、司法書士の特長と言えば

「双方代理」

じゃないかと思います。

「双方代理」とは
例えば、Aが所有する建物をBに対し売却する際に、司法書士Cがその建物の所有権移転登記について、AとBの双方の代理人となる代理のことをいいます。

 
司法書士と似た資格の行政書士にも、双方代理を行うことはないし
訴訟代理人になる弁護士にとって、双方代理なんてありえないことです。

これは、民法108条が関係しています。

第108条(自己契約及び双方代理)
同一の法律行為については、相手方の代理人となり、又は当事者双方の代理人となることはできない。
ただし、債務の履行及び本人があらかじめ許諾した行為については、この限りでない。

同じ法律行為については、相手方の代理人となったり、または当事者双方の代理人となったりすることはできません。

弁護士が原告と被告双方の代理人になることができたら、そもそも裁判になりませんし
原告が頼んだ弁護士が被告の代理人にもなってしまったら、原告が不利益を被ってしまう。
だから禁止されています。
 
 
なお、司法書士が双方代理オーケーなのは

売買契約が締結するまでは、売買契約の内容等、売主買主が対立関係にあるけど、
契約が成立してしまえば対立関係が解消され、残されるのは「債務の履行」つまり、移転登記だけなので双方代理が可能なのです。
 
「債務」という言葉を聞くと、お金の支払いをイメージするかもしれませんが

債務とは、法律的に
特定人(債務者)が他の特定人(債権者)に対して、一定の行為(給付)をすることを内容とする義務です。

 
 
先日も、過去対立関係にあった当事者について
一方当事者から依頼を受けて、相手方当事者に登記の委任状をもらってきました。
 
最初は、「敵方の回し者」ということで頑なでしたが、電話でお話して、実際にお会いして快く委任状にサインをいただけました。
 
しかし

お会いした喫茶店の支払いを相手方がせず、私が相手方の分までしなければならなかったのは
未だに対立関係にあるということだったのでしょうか?(笑)

b0181744_2043474.jpg

by 073995332 | 2016-02-03 20:43
 
仕事柄

書類を郵送してその書類に印鑑をもらって、私宛に返送してもらう

ことをよくします。
 
切手を貼った返信用封筒を同封しておけば、相手方に負担をかけることがありません。
 
今回
 
外国にいる方に書類にサインが欲しくて、郵送しようと思ったのですが

返信用封筒はいいとして「切手」をどうしたらいいのか、少し悩みました。
 
「返信 外国 切手」でググったら

「国際返信切手券」

というものの存在を初めて知りました。
(写真参照)

https://www.post.japanpost.jp/int/service/int_coupon.html

これは、先方に郵送料の負担をかけずに返信を受け取りたいときに利用していただく返信用切手券(クーポン)。
一枚送付すれば、先方が現地の事業所で原則として手紙(航空便)の基本料金分の現地切手と交換できます。
 
ただ、存在は知ったものの、岩倉市内の郵便局には在庫がなく、
となりの小牧市の郵便局にかろうじて在庫がありました。

ちなみに1枚150円です。
 
 
司法書士としての必須の知識は

「外国にいる日本人の方は印鑑証明書の発行を受けられない」
「印鑑証明書の代わりに署名証明書の発行を在外日本大使館で受ける」


です。
 
でも、今回は、「国際返信切手券」なるものを知ったので、少し賢くなりました。
 
「書類送るけど送料そちら持ちで返送してください」

よりも、相手方に負担のかからない方法の方が喜ばれますよね。

また、どうしても早めに書類を送りたかったので「EMS」というものを使いましたが
書類を送るだけで1,500円もするのには少し驚きです。

https://www.post.japanpost.jp/int/ems/
 
郵便局に行くと、外国籍の方がよく「EMS」を使っていたので
一度使ってみたかったのですが、一度でいいな。
高いよ。
 
 
恥ずかしながら、司法書士業を始めるまでは、
「普通郵便」「速達」「小包」くらいの知識しかありませんでしたが
 
仕事を始めてから、「簡易書留」「特定記録」「翌朝10時便」「配達証明」
といろいろな種類の郵便を使うようになりました。
 

で、私が何を言いたいかと言うと、

相続手続きで不動産の名義変更は、いつまでにしなければいけないというリミットはありませんが
人の動きもグローバル化しているので、早めに名義変更をしていただいた方が良いです。
 
単純に、「外国にいる方に署名証明書を取ってもらえばいい」と考えがちですが
在外日本大使館まで数百キロ離れているところに住んでいる方もいます。
 
今回は、幸いにも大都会にお住まいの方ですのでそのようなことはないですが
書類一枚とるのに一日潰していただくのは大変申し訳ない。
 

2月は、司法書士会が勝手に「相続登記はお済みですか月間」にしているので
相続登記がお済みでない方は、ぜひ相続登記をしてください。
b0181744_17531294.jpg

by 073995332 | 2016-02-02 17:53