人気ブログランキング |

<   2015年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 
「村瀬先生、これは少し難しいと思うよ」
 
いつもお世話になっている公証人の太田先生に、遺言書作成についての打ち合わせをしました。

太田先生はこんな方です。

↓  ↓  ↓  ↓

【間に合わなかった・・・】
http://na0ism.exblog.jp/21193640/

「難しいと思うよ」と言われたのは、遺言書の文言について。
今回の遺言書は「寄付」についての記載があるので、遺言者の意志が実現されるような文言を作ったのですが、どうも難しそう。

もう少し文案を練って、また太田先生のご意見を伺おうと思っています。
 
 
遺言書での遺産の寄付をお考えの方が増えています。

自分の古里へ、住んでいた市町へ
教育に役立てて欲しいから、教育支援機関へ
ユニセフ、ユネスコへの寄付もあります。
 
かくいう私も、毎月少額ですが寄付をしています。
私なんて財産を築けそうにないですからね(笑) 

【人生の選択肢を広げる武器】
http://na0ism.exblog.jp/21705122/
 
教育の機会を与えて、人生の選択肢を広げられるように
日本の将来を担う人材に投資したいから、寄付してます。

「東日本大震災こども支援募金」
http://www.unesco.or.jp/kodomo/

ここに毎月寄付している理由は、子どもたちに渡るお金が
返済不要だからです。
お金をもらっても返さなくていい。
 
奨学金の中には、子どもたちが社会に出た後に返済をしなくてはいけないものも少なくありません。
 
社会に出たとしても、みなが安定した仕事に就けるわけではないし、
勤めていたとしても、会社がなくなってしまうことがある。

収入はなくなったのに、奨学金の返済は毎月しなければなりません。
おまけに奨学金を受けるときに、保証人が必要な場合もあります。

以前は、債務整理の仕事を多く扱っていて、お金の怖さはよく分かっていますし
一般の消費者金融より、税金の督促など公共のところの方が熾烈な取り立てをすることを知っていますから。
 
奨学金という名前を借りた、学資ローンみたいなところに私は寄付したくありませんでした。
 
 
冒頭の遺言書での寄付の話に戻るのですが、寄付をする場合は
寄付する財産の使われ方を指定した方がよいです。

教育のために使って欲しい
障がい者のために使って欲しい


また、肝心なのは、寄付する先が永続性のある機関であること。
寄付する先がなくなっていたら遺言書の意味がなくなってしまいますから。
だから、赤十字とか、ある程度実績のある機関を寄付する先に選ぶ必要があります。

太田先生に「難しいと思うよ」と言われたのは、そのあたりのことです。
 
 
遺言者の意志が実現できるような遺言書作成のために、もう少し知恵を絞ります。

b0181744_17561527.jpg

by 073995332 | 2015-12-11 17:56
 
昨夜は、岐阜県多治見市にて「岐阜成功塾」第6講義の講師を務めてきました。

「岐阜成功塾」
https://www.facebook.com/gifuseikou...

岐阜成功塾については

【誰から学びますか?】
http://na0ism.exblog.jp/24600777/

をご参照ください。
 

私は、講師をしていますが、講師だからと言って話し方が上手いわけではありません。
声も「眠そうな声」「のんびりした声」と言われて、あまり好きな声ではありません。
決められたことを話すのも苦手。決められた原稿どおりに話すことができません。
「完コピ(完全コピー」なんてできるわけがない。

話すことに自信がありません。


でも、

「あなたは話し方が面白いから、話し方教室なんて行ったらダメだよ」

江上隆夫さんという方に言われた。

「江上隆夫さん(通称エガちゃん)」
http://www.brand-mgr.org/interview/...

http://biz-journal.jp/2015/10/post_...


「なんか耳に心地いい声」

自分は嫌いな声だけど、人にそう聞こえるならそれでいいか、と思った
 

「完コピしてる人の話聞くくらいなら、オリジナルを聞いた方がいい」

コピーはオリジナルには勝てないから、完コピーなんてしなくていい。
もっとも、コピーして自分らしさを加味してオリジナルを作ることに意味はあります。


話すことに自信はないんだけど、話す側が楽しそうに話していれば、楽しさが伝わりますよね。。

私は、話すのではなく、伝えることを意識しています。

「話すの上手だけど、話の内容が残らない」

より

「話すの下手だけど、話の内容がよく伝わる」

を目指しています。


昨夜の講義のあと、受講生の方からこんな感想をいただきました。

『昨日はありがとうございました。
同じ司法書士の村瀬さんということで期待して参加しましたが、期待を超えていました。
EXCELLENT!
司法書士はつまらない人間が多いのですが、うれしいですね。』

同業者の方を前にして話すのは緊張します。
それもベテランの方だと特に。

「期待を超えていた」と言われると、とても嬉しい。

講義の中でお話した

「ブランディング3+1の法則」

を、私がしっかり使えていたからでしょうか?

「ブランディング」というとボンヤリしたイメージですが
4つの要素に分解すると分かりやすくなりますからね。


実は、岐阜成功塾の講師を最後に、講師を辞めようか、と思っていました。
最近、いろいろ辞めたくなってますね私(笑)

講師は準備が大変だし、体調にも気をつけなきゃいけない。
集客だってしなくちゃいけない。

講義が始まっても、上手く伝えられるだろうか
退屈しないで聞いてもらえるだろうか
笑ってもらえるだろうか

心配が尽きません。

でも、

「期待を超えていた」

とか

「昨日の講義の3時間、1秒も不要な時間はなかったと確信する内容でした。」

なんて、感想を聞くと、大変だけどまた講師やろうかな、という気持ちになります。

やろうかなよりやらないかんな、という気持ちになりました。

「結言セミナー」もしばらくやってないし、「新コンテンツ」も一回やっただけだし
月1回のペースでセミナーやらんといかんですね。
 
 
岐阜成功塾の私の講義は昨日で終わりましたが、来年1月の第7講義も聞き逃せません
岐阜成功塾にご期待ください。

b0181744_20233171.jpg

by 073995332 | 2015-12-10 20:23

平成28年4月9日、いよいろ名古屋成功塾第3期が開催されます。
まずは、平成28年1月30日及び同年2月13日の体験セミナーに来てくださいね。
 
過去、ブログに書いた成功塾についての記事を並べてみましたが、だんだん文章が長くなってますね。
それだけ私も成長したってことかな。

成功塾in名古屋
http://na0ism.exblog.jp/20543281/

【成功塾名古屋の価値】
http://na0ism.exblog.jp/22759309/

【人生は誰と出会うかで決まる】
http://na0ism.exblog.jp/24303930/


正直なことを言うと、第3期に参加するかどうかを迷いました。
迷ったというより、成功塾の仲間と高山に行った時に

「もう成功塾辞めます」

と言うつもりでした。
 
第1期の第一講義の栄えある講師を務めたし、第2期も「ブランディング」の講義をしました。
で、岐阜成功塾の講師もしています。
 
もう、やりたいことやったし、成功塾に携わらなくても良いのではないか。

新しく講師をやりたい方に譲った方が、成功塾自体も活性化するし
いつまでも古い人間が関わっていたらいかんでしょうと。
 
でも、私は運営スタッフおよび講師として参加することにしました。
 
 
成功塾の目的は、大きく言えば、

「ビジネスで成果を上げること」

もっと言えば

「(売り上げ等の)数字を出すこと」

です。

でも、私は

「成果は数字だけじゃない」

と考えています。

確かに、サムライコンサル塾で学び、成功塾で講師を務めたことで、数字が上がったことはまぎれのない事実です。

でも、数字が上がった背景には、自分に関わる人との関係が良好になったことがあります。

・人と笑顔で接することができるようになった
・余裕をもって相手の話が聞けるようになった
・人に「与えること」ができるようになった
・人と人をつなげるようになった


などなど 

数字ではないけど、これらも立派な成果です。

過去の私を知ってる人からすれば、とんでもない劇的な変化です(笑)

「どうしちゃったの?別人だけど大丈夫?」と言われるくらい。

・セミナーなんて受けたことなかったけど、成功塾で前向きになれた
・人に対して自信持って自己PRできるようになった
・人前で話すのにオドオドしなくなった


そんな「成果」を認められるのは、名古屋成功塾で、私ぐらいじゃないか。
勝手にそう思い込んでいるので、そういった塾生の「成果」を評価するために、成功塾に携わることを決めました。


一番大きかったのは、岡野誠「新塾長」から電話をもらって、第3期の構想を聞かされたからなんですけどね。
その構想だったら、今後の自分の方向性にも当てはまる部分が大きいと思ったから。

自分が「こうしたい」と思っていたところに、「こんなんやるんだけど」と提案があった。
これは縁だと思ったし、私は、縁には抗わないので。
 

写真だけ見ると、成果を追求するコワイ人揃いに見えますが、
ゆるい人もいますので、まずは体験セミナーにお越しください。
 
怖いもの見たさでも興味本位でも結構です。
損はさせません。


「人生は誰と出会うかで決まる」

名古屋成功塾が、みなさんの人生を決めるような場でありますように。

b0181744_18292935.jpg

by 073995332 | 2015-12-08 18:29
 
私が注目している人の一人に「見城徹」という方がいます。
見城さんは、ベストセラーを何冊も出版している、株式会社幻冬舎代表取締役社長です。
 
私は、氏の著書は何冊か読んでいて、その考え方に感化されています。

著書に

「名刺交換の時に、名刺を切らしていたら郵送で送れ」

と書いてあったので、実際に郵送してみたこともあります。
郵送したからと言って、特段良いこともなかったのですが(笑)

先日、初めてテレビで見城さんを見たのですが、印象的なことを言っていました。

「ヒットの4条件」

①オリジナリティがあること
②明解であること
③極端であること
④癒着があること

 
出版業界で、いわゆるミリオンセラーを出すには、4つの条件が必要。
 
①~③はよく分かります。
オリジナリティがないから、やってることが明解でないから、お客さんに選ばれにくかったり価格競争になる。
また、「みなと同じように」「目立たないように」してる、極端なことをやらないから選ばれない。

なので、私はオリジナリティにこだわるし、明解に分かりやすさを大切にするし
時には、極端なことをブログに書いたりしています。
 

で、④「癒着があること」

見城氏はこう言います。

『癒着とはどういう状態を指すか。
お互いがお互いを必要として結果を出す唯一無二の関係だ。
しかし、誰かと癒着するにはキラーカードを持っていなくてはならない。』

 
見城氏は、秋元康氏や、村上龍氏らと「癒着」を築いているから
彼らと唯一無二の関係を築いているから、ヒットを飛ばせているのです。

自分を省みて、私は誰かと唯一無二の関係を築けているわけではありません。
ヒット、自分が売れるためには自分の努力だけではどうにもならないことがある。
 
他者の協力は不可欠です。

癒着を築くには、ちょっとやそっとの関係では無理。
相手が喉から手が出るほど欲するキラーカードをお互いに差し出しあうことで築ける。

異業種交流会でちょっと名刺交換をしたり
一緒に酒を飲んでなれ合うだけでは癒着は築けません。
 
 
癒着とまではいかないけれど、自分に興味を持ってくれて良い情報をもたらしてくれる人には恵まれています。
もし、そういった人たちと癒着を築こうとするには、その人たちが「喉から手が出るほど」欲するキラーカードを手にする必要がある。

キラーカードを手にするのも、自助努力だけでなく他者の協力が不可欠の要素です。

癒着は大事。癒着に染まれ。

b0181744_17435737.jpg

by 073995332 | 2015-12-07 17:44
ブログを書いていて

「いつも読んでます」

とか

「こないだの記事良かったね」

と言われると励みになります。

何も言ってもらえませんが、密かにブログを読んでいて
楽しみにしてくれている同業者の方もいらっしゃるようです。

ありがたい限りですね。

今のように、だいたい週5回ブログを投稿しはじめて3年くらいたちました。

それまでは気の向いたときに書いていたのですが、野呂エイシロウという人の書いた本のなかに

「ブログは毎日書け」

とあったので、そんなもんかとブログを続けることを決めました。
毎日でも書けないことはないけど、週5にしました。
 
ブログ以外にも、Facebook、Twitter、インスタグラムもやってますが
ブログはSNSと違い、記事が「流れて」いかず、ちゃんと書いた分がたまっていくので良いですね。

ブログは、

3年前の自分は、どんなことを考えていたのか

とか

文章つまらなかったな、文章短かったな、

ということがすぐに分かります。

ちゃんと書いた記事が保存されるので、Googleなどの検索エンジンにもかかりやすくなるし
書いた記事の件で、大手出版社やテレビの制作会社からも問い合わせがありました。
 
先日は、東京の多摩市、調布市等が出資している
「一般社団法人 多摩南部成年後見センター」からもお電話がありました。

↓  ↓  ↓  ↓

【私の仕事じゃない】
http://na0ism.exblog.jp/25101516/

私が知らないだけかもしれませんが、週5日以上ブログを書いていて、マスコミ等から記事の問い合わせがあったという同業者の話は聞いたことありません。

もっとも、司法書士はマスコミからの問い合わせがあるより、銀行や不動産業者からの問い合わせを重要視するでしょうけどね(笑)

 
以前、士業のブログが続かない理由について書いたことがあります。

・「さすが」とか「すごい」と思われる記事を書こうとするから
・見込み客ではなく、同業者の目を気にするから
・何も考えていないから
・ブログを営業と考えていないから
 
他にも、

「短期的に成果をあげようとしている」

というのもあるかもしれません。

ブログを書いていれば、仕事が来る。
しかも短期間で。

でも、全然成果が上がらない。
だから止めてしまう。
 
ブログを書いていても、短期的に成果をあげることは難しいです。

ブログは営業ツールではありますが、情報発信と見込み客との関係作りのために使うツール。
マメに情報発信して、「この人面白そうだな」と興味をもってもらうために使う。
 
月1回程度記事を書いただけでは情報発信とは言えないし
当たり障りのないことを書いていたり、専門知識ばかり書いていても、「面白そう」と思ってもらうことは難しい。

気長にコツコツとマメに情報発信して、見込み客との関係作りをして初めて成果が上がります。

私は、コツコツ物事を進めるのは大の苦手なんですが、
ブログに書くことはいつも私が考えていることなので、コツコツと続けることができています。

偽りのないいつもの自分を表現しているのですが、読み手の方にとっては「面白く」映るみたいですね。


「資格」や「優秀さ」でお客さんに選ばれる時代はとうの昔に終わっていて
「その人らしさ」が出る情報を発信しないと、お客さんには選ばれない。

そのことを分かっている人は案外少ないのです。

b0181744_20434089.jpg

by 073995332 | 2015-12-04 20:46
 
時に、私は「緊急対応」が必要な案件も扱います。
 
緊急対応が必要な案件とは、生死がかかわるとか、犯罪被害に合ってる方とか、生活保護受給世帯とか、
いろいろあります。
 
余命いくばくもない重篤な病気にかかったけど、自分の命があるうちに問題を解決してほしいとか
特殊詐欺被害に合ってる方の相談に乗ることもあるし
生活保護申請の同行をしたり、受給の相談に乗ることもあります。
 
緊急対応を得意としているわけではないですが、こと岩倉市で言うと、私くらいしか色んな案件を扱える人いないので。
  
他の事務所で「うちはそういう案件を扱っていない」と言われた方が、私にまで断られてしまうと
相談するところがないですし。 

とはいえ、司法書士は基本的に争いの解決を主としない「幸せ産業」なので、緊急対応が必要な案件は年に1度か2度。
 
先日は、そんな年に1度か2度の緊急対応案件がきました。
  
 
あまり詳しくは書けないのですが、

社会は弱い人にはとことん辛く当たり、持たざる者はとことん虐げられる

話を聞いているだけで、こちらもしんどくなるような案件でした。
 
経済的に恵まれていない方でしたので、「法テラス」の無料相談を活用しました。

「法テラス」
http://www.houterasu.or.jp/index.html
 
 
法テラスと言えば、こんなことも私やりましたよ。

↓  ↓  ↓  ↓

【法テラス主催のイベントで講師!】
http://na0ism.exblog.jp/24112221/ 


アドバイスはさせていただきましたが、アドバイスだけでは問題の解決は難しい。
アドバイスしたのちは、動かない行政を動かす方法を考えたり、場合によっては人権にかかわることなので法務局への相談も視野に入れています。

もちろん、私が行政に働きかけをしたり、法務局での相談をサポートしても、お金にはなりません。
 
お金にならないけど、「まあ、しゃあないか」です。

何かのご縁があって、頼ってくださったわけだから、仮にお金にならなくても仕方のないこと。
お金にならないからって、私が放り出してしまったら、きっと私以外の引き受け手はないと思うから。
 
「まあ、しゃあないか」でやってれば、いずれ自分に良いことがあるかもしれない。

良いかっこするわけじゃないけど

「これは、徳を積むときだな」

と思ってます。
 
自分の調子が悪い時ほど、人に良くしてあげよう、徳を積もうと思う。
 
11月は何かと調子が悪かったので、たくさん徳を積んだような気がします。
そのおかげで、今月に入り少しづつ調子が戻ってきました。

やっぱり、徳を積むって大事だな。

b0181744_213302.jpg

by 073995332 | 2015-12-03 21:33 | つぶやき
 
営業をするには宣伝が欠かせません。
今日も、宣伝媒体についての打ち合わせをしました。
 
媒体としては、口コミ、インターネット、メルマガ、SNS、広告、飛び込み営業等々あります。
 
媒体は、いろいろ試してみることが大切。
例えば、私は広告を出す場合、3年ほど出し続けて様子を見ます。
3年やってみても効果がなければスッパリやめる。
で、新しい媒体を試します。
 
いろんな媒体を試しましたが、最近は「口コミ」の効果の高さに気づきましたので
どうやったら口コミが拡散するか、拡散してもらえるかを腐心しています。
 
あっ、口コミ拡散に興味のある方は、「ブランディング」を学ぶことをお勧めします。
 
↓  ↓  ↓  ↓
  
【ブランディングの効用】
http://na0ism.exblog.jp/25082784/
 
岐阜成功塾に来て頂くのがお勧めですが、個人的にもお教えしますよ。
士業の方は「ブランディング」を学ばないとダメですよ。
 
 
宣伝媒体の話に戻りますが、宣伝をする前に

「自分の欲しいお客さんは誰なのか」
「自分の売りたい商品は何なのか」


を明確にする必要があります。
 
・SNSが流行ってるから、SNSさえやればお客さんがたくさん来るに違いない。
・インターネットやるならSEO対策をしっかりやろう

ではありません。 

マーケティング&営業戦略の基本は

「誰に」
「何を」
「どうやって」


をしっかり考えること。

これは広告にも言えます

「誰に」=自分の欲しいお客さんは誰

「何を」=自分のどんな商品を買って(知って)欲しいのか

「どうやって」=どうやって売るのか(宣伝するのか)


「誰に」と「何を」をおろそかにして、「どうやって」を充実させても意味がありません。
 
 
でも、「どうやって」ばかり考えている方は多いです。

今日の打ち合わせでも、SEOがどうの、リステリング広告がどうのという「どうやって」の話ばかり業者さんしてましたから。

業者の方は、SEOについて「他の司法書士事務所は、こんなにアクセス上がりましたよ」と説明してましたが、
 
「それはたまたまそこの事務所だけじゃないの?」
「(統計をとった)サンプルの母数はどれだけですか?」

とつっこんだら、心許ない説明をされていました(笑)
 
リステリング広告についても、私の「誰に」「何を」を考えたら、
効果的でないことは分かっていますので、お断りしました。

きっと、業者さんに言われるがまま「どうやって」ばかりやってしまう人が多いんだろうな~
 
 
私は、電話帳広告もやってますが、異業種の方がやっている
とても効果的だけど、他の事務所が絶対やらないノウハウを使ってます(笑)
b0181744_18345119.jpg

by 073995332 | 2015-12-02 18:35 | つぶやき
 
お仕事をいただくとき、私はいつもお客さんに聞くことがあります。
 
「私のことをどこで知りましたか?」
 
でも、最近は、私が人からお客さんを紹介されることが多いので
 
「○○さん(紹介者)とはどういうお知り合い(関係)ですか?」

と聞かれることも増えました。
 
「ビジネスパートナーです」
「経営者の先輩として、いつも良くして頂いている方です」

とお答えしています。
 
 
で、「私のことをどこで知りましたか?」なんですが
 
最初は、「インターネット」とか「電話帳広告」と言っていた方が、

「実は、○○さん(紹介者)に紹介されました」

と言われることがあります。
 
紹介は、本当にありがたい。

過去に私に仕事を依頼していただいて、成果に満足していただいたからこそ紹介が生まれる。
 
「私が仕事頼んだ時に良くしてもらったから」
 
良い評判より悪い評判の方が伝わりやすいのが世の常。
 
過去に

「あなた以外に別の司法書士も紹介されたけど、その人は良い話聞かなかったから頼まなかった」

と言われたこともありますから。

私もきっと良い評判ばかりではないでしょうから、良い評価をいただいたからといって浮かれていないで気を引き締めないといけませんね。
 
自分がしっかりやってるつもりでも、周囲にはそう見えないこともあるでしょうし
私以外の要素が、悪い評判を生んでいる場合もあります。

気を付けよう。
 
 
私は、紹介が生まれやすくなる仕組み作りに感心があって、その仕組みには「商品」が重要な役割を果たすと思っています。
 
「商品?当たり前じゃん」と思われるかもしれませんが、自分の「商品」が定まっていない方は少なくありません。
 
商品=自分しか扱えない商品、同業他社とは異なる商品

と私は考えています。

こう考えると

例えば、税理士の税務申告は「商品」にはなりませんし
行政書士の建設業許可も「商品」にならない。

もう一工夫必要です。

また、専門家の売りたい商品ではなく、相手方がほしい「商品」を開発し、売る必要もありますよね。

【経営者へのアプローチ法】
http://na0ism.exblog.jp/25078961/

このブログに書いたことが大事かな。


今日も、ある中小企業診断士の方から連絡をいただきましたが、中小企業診断士の「商品」も難しいなと思いました。
でも、商品というより「商品名」を考えたら面白くなりそうです。

他の中小企業診断士と同じことを言っていても、「商品名」があるかないかで、お客さんへの響き方が違うと思います。

全く新しいことを考える必要はなくて、ただ「魅せ方(見せ方)」を変えればいい。


てか、一般的に「経営コンサルタント」と言われる中小企業診断士に、経営のことをアドバイスする司法書士って面白いですね。

b0181744_18574581.png

by 073995332 | 2015-12-01 18:58