AI、自動運転車、フィンテック・・・
 
世の中の流れの速さに振り落とされそうな司法書士村瀬なおひとです。
 
商売をする上で
 
ライバル
 
ライバルの存在はつねに気にかかります。
 
昔は、自動車産業なら、トヨタ、ニッサン、GM、BMW等がライバル関係にありましたが
今は、グーグル、アップルなど、非自動車産業もライバルに参入することが目されています。
 
今後、3年先、5年先には劇的な変化がありますね、きっと。
 
 
私の司法書士という仕事もライバルがいる。
それは同業の司法書士であったり、弁護士、行政書士であったりします。
 
だから、どの士業も「業際」をとても気にしている。
 
業際というのは、例えば、税金の申告は税理士しかできない、というような
法律で定められている、各士業の仕事の範囲のことです。
 
以前、司法書士会の研修に講師としてやって来た弁護士の方が
 
「これは司法書士の業務ではないですからね」
 
と暗に「業際」をにおわせるような話をながながとしていたので面白かったです。
弁護士も司法書士をライバルとして見てるんだなぁ。
 
士業の世界も士業ばかりを見ていると、自動車みたいに思わぬ異分野からライバル参入なんてこともあるかも(笑)
 
 
異分野からのライバル参入は少しおいておいて
あなたには身近なライバルっていますか?
ライバルがいるとして、どうやってライバルに勝っていきましょう?
 
新分野の勉強をして知識を深めますか?
「安売り」競争を仕掛けますか?
異業種交流会に出かけて人脈を広げますか? 
 
実際に私も、勉強してみたし、安売りはしなかったけど高くも売れなかった、異業種交流会にも行きました。
けどライバルに勝てるような要素は得られなかった。
 
で、気づいたのは
 
自分は何をする人なのか
 
自分は何をする人かを伝えられていないということ。
 
そして、自分も伝えられていないし、ライバルも伝えられてない。
 
「司法書士です」「登記の仕事してます」「相続手続きやってます」・・・
こんな感じ。

一般の人にとって司法書士なんて何する人か分からないし
「登記って土こねるやつ(陶器)」でしょとか
「相続って税金でしょ」って普通に言われる

だったら、「自分は何をする人か」を伝えられるようにしたらいいじゃんって。
 
技術開発でしのぎを削る自動車産業に比べたらずいぶん楽ですよね。
ライバルに勝つには、「自分は何をする人か」を伝えるだけでいいんだから。
 
私は司法書士のこと書いてますけど、これって他の業種にも当てはまりますからね。
 
名刺交換しててても、相手が「何をする人か」分からない事多いですし
「あなたは何をする人ですか?」なんて親切に聞いてくれる人なんていないですよ。
私はよほど興味を惹く人でないと「何する人ですか?」って聞きません。
名刺をいただいて終わりです。
 
あなたは「自分は何をする人か」を相手に伝えられていますか?
 
 
ところで、やろうやろうと言ってなかなかやらない
 
「やろうやろう詐欺」 

を私は長いことしていましたが、やっと名刺のリニューアルしました。
名刺を渡してみて、相手の反応を見て、さらに良いものにします。

b0181744_16270001.jpg
 


[PR]
# by 073995332 | 2018-05-21 16:38
 
 
私は、打ち合わせとか会食の場所を決めるのが嫌です。
人に決めてもらって何も考えずに打ち合わせや会食の場所に行くのが好きです。
 
どーしても私が決めないと行けない時は
 
打ち合わせは、ホテルのラウンジ
会食は

「お金持ってる年上の男性」

に連れてってもらった店か

「女性」

に教えてもらった店にしています。
 
ホテルってコーヒー1杯1000円以上しますが、ソファの重厚感だったり静かさがいい
それにホテルだと、相手を丁重にもてなしているイメージ出ませんか?
 
昔は、ド○ールや○ターバックスで打ち合わせをしていましたが五月蠅いし落ち着かない。
なので、今は名古屋駅前のマリオットアソシアホテルのラウンジを使ってます。
 
 
会食の場所は、どんな店を選ぶかで自分の味覚や生活レベルを判断される気がして苦手。
私は自分の味覚に自信ないしね。
ビジネスパートナーになる人、関係を深めていきたい人との会食にチェーンの居酒屋はあり得ないし。
 
だから、接待に長けている「お金持ってる年上の男性」か
味覚や店の雰囲気を察知する能力に長けた女性の選んだ店を会食に使っています。
 
考えすぎかもしれないけれど、自分が打ち合わせの場所をホテルのラウンジに指定されたら
 
「おっ、少し気合い入れよう」
 
と思う。
 
それに、私が今まで見てきた業績のいい経営者で、チェーンのコーヒーショップで打ち合わせしてる人なんていなかったし、会食場所は味も雰囲気もよかった。
 
 
まだまだ自分はラウンジを使うレベルじゃないから
 
とか
 
売上アップしたらあの店で会食しよう
 
という方がいますが
 
「自分はもうそのレベルだから」
「あの店で会食するに相応しい」
 
と思い込んでホテルを使い、会食をした方が、「そのレベル」への到達は早いです。
重要なのは実際はどうあれ「そう思い込むこと」です。
 
私は「思い込みの達人」なので
 
自分はグリーン車に相応しい
自分はオーダースーツを来てもOK
自分は気軽にタクシーをつかってもいい
自分は・・・・・
 
と思い込んで、そのとおりに行動して少しづつ「セルフイメージ」をあげています。

【全てはセルフイメージ】

https://na0ism.exblog.jp/25936353/
 
繰り返しますが、自分が成長するには自分が成長したと「思い込むこと」ですよ。

b0181744_19111928.jpg

[PR]
# by 073995332 | 2018-05-18 18:26
 
事業が上手くいっていたり
人と少し違ったことをやっていると
 
悪口を言ってきたり、批判をしてくる人が増えてきます。
 
「そんなことをすべきではない」
「大した仕事してないくせに」
「知識のない若造のくせに」
 
みたいに(笑)
 
もしあなたが、そんな悪口、批判をされるようだったら、私は
 
おめでとう!
 
心からおめでとう、と言いたいです。
 
人は「どうでもいい人」には構わないけれど、自分の神経に障る人には過敏に反応します。

「あいつが頑張っているならオレも頑張る」というポジティブな人ばかりではなく
とうていかなわないから、悪口言って「けなす」ことにエネルギーを使うヒマな人の方が多かったりします。
 
まあ、私も「けなす」人間だったのでよく分かります(笑)
 
上手くいってる人が羨ましいのと
自分の仕事がとられるんじゃないかってことで「けなし」ちゃうんですよね。
 
悪口、批判は、あなたが上手くいっている証拠。
 
悪口言われたり批判されて、ブレーキをかけたら相手の思うツボで
悪口言われたら逆にアクセルを踏んでください。
 
私は、最近、悪口も批判もされないので、成功にはほど遠いのかもしれません・・・・
 
 
他の業種はどうかは知りませんが、司法書士、士業は
 
業界ウケ
 
をひどく気にする人が多い気がします。
 
まったく関係ないのですが以前、小学生の読む雑誌を見ていて女の子の記事の特集が
 
「同性ウケ、先輩ウケするコーディネート」
 
だったのにひどく驚きました。女性は大変だ。
 
で、業界ウケの話
 
今は業界の人との付き合いがないから分かりませんでしたが
過去、「もうかってる事務所」のことを良く言う人はいませんでしたね。
 
SNSにプライベートのことをあげるのをためらったり
「仕事してないと思われるのが嫌だ」という理由で、仕事のことばかりアップしてる人多いですね。
 
誰も、SNSなんてチェックしていないのに。
 
いくら業界ウケが良くてもそれで仕事の受注が増えるわけでもないのに、どうしてあんなに業界ウケを気にするのか不思議です。
  
「業界ウケが悪くなったら終わり」
  
という狭い価値観の中で生活しているんでしょうね。
 
悪口、批判はされなくても「業界ウケ」が悪くなるのも、上手くいってる証拠に当てはまるかもしれません。
業界で上手くやるより、業界外にエネルギー注いでそちらで「ウケ」たほうが絶対仕事は増えるし
  
私も、司法書士業界なんてちっぽけな業界で、バカみたいに四苦八苦していましたけれど
司法書士業界との付き合いを減らしたら、ずいぶん楽になったし、新しい発想もたくさん生まれましたから。
 
 
もし、「業界ウケ」を気にしすぎて苦しいな、って方は、思い切って業界から飛び出しましょう。

b0181744_18091754.jpg

[PR]
# by 073995332 | 2018-05-17 18:30
 
先日、東京まで情報収集に行き暑さと人の多さに酔っ払った村瀬です。
早朝の品川駅の人の多さは気持ち悪いくらいです。
 
ところであなたは「名刺交換」をした後、その名刺をどうしていますか?
 
私は、名刺をいただいても保管をすることはまれ、です。
大半は捨てています

「○○士 名前」
 
という名刺は、かなりの確率で捨てています。
 
保管するのは
 
変わった仕事をしている方
キャラクターが変わっている方
 
の名刺です。

【「変わった人」が好き】
https://na0ism.exblog.jp/26097625/
 
 
先日、SNSで「助成金補助金に強くて変わってる人」の紹介を募りましたが、私の琴線に触れる「変わった人」は現れませんでした(笑)
 
例えば、司法書士のような士業であれば資格を持っていれば、能力はどの人も変わりはない。
能力に差がないところに「真面目さ」「誠実さ」をうたっていっても、資格取るような人は真面目に勉強してるに違いない。
 
特に社労士さんは、どうでもいいような細かい数字をコツコツ覚えた人の集まりです。
真面目で誠実なのは当たり前だと思う。
 
どの人も判を押したように「資格」「真面目」「誠実」推しで来たら、誰の印象にも残りません。
 
一目で印象に残るような特長を打ち出していかないとすぐに忘れられちゃいますよね。
 
 
「自分はそれほど変わっていない」
 
と言う方は、交換する名刺に工夫をしたらどうでしょう?
 
私もいわゆる「センセイ名刺」ではないけれど、最近「フツーの名刺だな」って思うようになってきました。
あっ、「センセイ名刺」も捨てます。

【「センセイ名刺」はもったいない】
https://na0ism.exblog.jp/24738121/
 
一目で私の「強み」が伝わらないから「フツーの名刺」って思うようになった。
 
ここでいう「強み」って、自分が得意なこととかやりたいことじゃありません。
 
自分がNO1であること
 
強みとは「自分がNO1であること」なんです。
 
名刺交換してビジネスチャンスをつかみたい方は
ぜひ「自分がNO1であること」を名刺に分かりやすく入れてみてください
 
さっそく、私もほったらかしにしていた「自分がNO1であること」を名刺に入れますよ 
b0181744_18354625.jpg

[PR]
# by 073995332 | 2018-05-16 18:36
 
 
このブログ、月~金まで投稿しています。
土日は休むかと思いきや、土日は
 
LINEブログに投稿しています!
 
https://lineblog.me/naoism/
 
こちらのブログもフォロー、「いいね」してもらえると嬉しいです。
 
なんで、LINEブログを使っているかというと
せっかくアカウント取得したのに、使わないのはもったいないからと
LINEブログは、LINEのタイムラインにも流れるから、そんな理由で使っています。
 
エキサイトのブログは、私の考えや営業方法について書いていますが
LINEブログは、私が読んでいる、読んだ本について書いています。
 
ちなみに、先週の日曜に投稿した記事は
 
鈴木おさむ著「テレビのなみだ」
 
という本
 
この本は10年前くらいに買ったのですが、ずっと本棚にあります。
 
私は、読まない本は「ブック○フ」に売りに行くのですが(新しい本でも内容に乏しければ躊躇なく売ります)、この本は売れない。
とても良い本。
 
  
自分とは異業種(鈴木おさむさんは売れっ子放送作家)の人で、売れてる人の考えに触れるのは自分の仕事のヒントになる。

鈴木おさむは人を笑わせる仕事で
私は人を安心させる仕事
 
どちらも人に関わる仕事だから、鈴木おさむの人に関しての考え方や人との接し方で
自分の仕事に活かせること、何かないかを探す。
 
司法書士とか士業って、専門知識豊富な「専門バカ」が多いけれど
結局は人がすべて。
 
依頼者という人にどう接するか、どう伝えるかだし
専門知識以外で私なら村瀬なおひとをどう伝えて、選んでもらうかだと思う。
 
「テレビのなみだ」文庫版もあるみたいなので、手に取ってみてください。
 
 
あと、LINEブログは、本の写真をとってスマホでちゃちゃっと投稿できる手軽さもあって、土日でダラダラしながら投稿できるのも良いですね。
 
LINEブログのフォロワーさんも増えると励みになります。

https://lineblog.me/naoism/

b0181744_08475506.jpg

[PR]
# by 073995332 | 2018-05-15 17:00