2018年 11月 02日 ( 1 )

 
「相談に伺いたいのですが、何を持っていったらいいですか?」
 
電話等でご相談の予約をするとき、必ず聞かれるのが
 
費用
持ち物
 
「費用はいくらかかりますか?」
「持ち物は何がいりますか?」
 
です。
 
費用はおおよその金額を伝えて、後で見積書を作る
持ち物は、ご相談内容によって違いますが、相続なら
 
・相続する資産についての書類(登記簿、権利証とか通帳など)
・本人確認書類
・(実費分の)お金
 
ぐらいですね。

細かな
出生から死亡までの戸籍謄本
住民票の除票など
 
を口頭で伝えても伝わらないから、事務所に来ていただいてから
 
必要書類一覧を見せながら説明しています。
 
 
私は専門家なんで、相続手続きは何百件も扱ってお手のものですが
一般の方は相続手続きするのは(父母の相続の)2回くらい。
 
だから、分からなくて当たり前、書類が揃ってなくて当たり前
本人が分かりやすそうな書類だけをとりあえず持ってきてもらいます。
 
私も何か手続きするときは、事前に持ち物の確認をしますが
電話口でブワーと話されても覚えられないし、メモを取れない時だってある。
 
覚えられるのなんて、せいぜい、2、3個でしょ。
 
自分が覚えられないのに、人に覚えさせようなんて気づかいがなさすぎですからね。
 
たまに役所に問い合わせをして
 
「これとこれとあれと、そしてこれと・・・・」
 
という具合に気を使うことなく、延々必要書類を話す人います(笑)
で、イライラして「あと何個必要書類ありますか!」と電話口で言ってしまうのが私です。
 
自分がやられて(今でもやられる)とても嫌だったので、自分のお客さんには
手紙やメールなど文章にして伝えます
 
 
これは間違いないことだと思うけど、あなたが電話で問い合わせをした際に
 
「これとこれとあれと、そしてこれと・・・・」
 
という感じに必要書類を伝えるような事務所、会社と取引するのは止めた方がいいっすよ。
 
あなたのことを思いやってくれる事務所、会社と取引するようにしてくださいね

 
b0181744_18465985.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-11-02 17:00