人気ブログランキング |

2018年 09月 28日 ( 1 )

 
私「BNIという集まりがあって・・・」
相手「あっ、私、ネットワーク系のやつ嫌いなんで」
 
BNIという集まりに私は参加していて、毎週金曜日には早起きしています。
 
ビジネスネットワークインターナショナルという怪しげな名前なので
たいてい「ネットワークビジネス」と誤解されます(笑)
 
私が参加しているのは、ミッドランドチャプターというグループです
 
【ミッドランドチャプター】
https://www.midland-bni.com/
 
私は約5年間参加していますが、早起きの習慣はつくし、異業種の人と知り合えるから
良いなと思いますが良い悪いは人それぞれなんで、仕方のないことですね。
 
 
異業種交流会的なものに行くと、名刺をバラまいたり、興味のないものを強引にセールスされたりしますが
BNIでは、そのような人は少ないですね。
 
また、交流会に行くと「話の通じる人」ばかりが集まる傾向がある
例えば、士業なら士業同士が集まるとか、建築系の方はその方ばかり集まるとか
 
でも、BNIでは、様々な職種の方が集まっていて
 
「司法書士という資格は知ってるけど、何をする人か知らない」
 
という人がたくさんいます。
 
だから、司法書士を知らない人に、司法書士はどんなことをする人なのかをプレゼンできる良い機会でもあります。
 
で、プレゼンが悪ければ
 
「あなたの話はさっぱり分からない」
 
と言われてしまう。
 
そう言われたら、「どう話したら分かってもらえるか」って知恵を絞るようになります。
知恵を絞れば絞るほど、専門用語がそぎ落されて分かりやすいプレゼンになる。 

【あなたの話はさっぱり分からない】
https://na0ism.exblog.jp/26870092/ 
 
 
また、BNIでは
 
1to1
 
ワントゥーワン、と言って2人の人がお互いの仕事の説明、欲しいお客さん、欲しい仕事を話し合うことを推奨していて
 
1to1をすることで、仕事の紹介が出しやすく、そして仕事の紹介を受けやすくなります。
 
他の異業種交流会では、1to1のような取り組みはしていないんじゃないかな?
 
1to1でも、相手の話していることが分かりにくければ「もう少し分かりやすく話して」とか
「あなたを紹介するときにどうやって声をかけたらいい?」と突っ込んだ話もできます。
 
ただ名刺を渡すとか
「何かあったらお願いします」と、何万分の1の確率の「何か」を待っているより
1to1をした方が、ずっと仕事の成約率は高いです。
 
ビジネスネットワークインターナショナル
 
って、名前は怪しげだけど、ちょっと見学だけでもしてみたらいいと思う。
 
私は、BNI以外でも、ついつい
 
「どんな人が理想のお客さんですか?」
「あなたを紹介するときどうやって紹介したら仕事になりますか?」
 
と、聞くことが癖になっています。
 
もし、ネット上だけの付き合いの人でも
リアルにお会いして名刺交換をする機会があったら、私は
 
「あなたを紹介するときどうやって紹介したら仕事になりますか?」
 
と聞くと思います(笑)
 
 

※私はどこにいるでしょう?
b0181744_16071571.jpg

by 073995332 | 2018-09-28 16:33