人気ブログランキング |

2018年 09月 21日 ( 1 )

 
私は朝活「BNI」に参加しているのですが
BNIでは、紹介の出し方もらい方、プレゼンの仕方等のトレーニングがあります。
 
BNI=business network international
 
だから、「ネットワークビジネス」と勘違いされることもありますが
早起きは習慣化されるし、ビジネスのためなら朝早くても平気という前向きな経営者が多いので気に入っています。
 
で、BNIには「カテゴリー」というものがあって、1専門分野1人が参加できます
 
例えば、すでにBNIのグループに「フランス料理」の人が参加していたら、そこのグループにはもう「フランス料理」の人は参加できません。「イタリア料理」の人は参加できますけどね。
 
士業であれば、カテゴリー「司法書士」とか「税理士」で参加している人もいますが
厳密に言えば司法書士や税理士って職種であって専門分野ではありません。
 
専門分野だから、司法書士なら「相続」「法人登記」でしょうし
税理士なら「確定申告」「相続税」になるんでしょうね。
 
ちなみに私のカテゴリーは
 
遺言・みまもり
 
です。
 
司法書士の「し」の字もありません。
 
最初は、頑なにカテゴリー「司法書士」を貫いていたのですが
ある時

「一般の人は、司法書士が何をする人か分からない」
 
ことに気がつき、司法書士ではなく「遺言・みまもり」にカテゴリー変更しました。
 
 
私のカテゴリー変更は、何が得意業務なのかを一般の方に伝えたいのと
ただ、司法書士と言うよりも「遺言・みまもり」の方が覚えてもらいやすいかな、と思ったからです。

【「絞れば」売れる】
https://na0ism.exblog.jp/28606216/
 
で、「カテゴリー『遺言・みまもり』です」とBNIの方に伝えると
 
「登記の仕事やらないの?」
「仕事の紹介減るやん」
 
と心配されます。特に士業の方に。
 
先日も、ある弁護士の方に
 
「仕事の大半は登記でしょ?そんなことして大丈夫?」
 
と心配されました。心配してもらってありがとうございます。
ちなみのその方のカテゴリーは「弁護士」でした。
 
「トラブルがあったら弁護士に相談」ということは誰でも知っています。
だけど、トラブルの質もいろいろあって、弁護士として報酬をいただけるトラブルもあれば、いただけないトラブルもある。
できれば、お金にならないトラブルは相談には乗りたくないというのが本音だと思う。

ただ「弁護士」と名乗るより「離婚」とか「相続」とカテゴリーを絞った方が、質のいい仕事、お客さんに恵まれると思う。
だって、弁護士ってトラブルの渦中に身を置くからストレス半端なさそだし
できたら、ストレス減らして少しでも楽にお金稼ぎたいでしょうから

 
でも、専門分野や業務を絞りこむって
 
怖い
 
怖いんですよね。
 
私も頑なにカテゴリー「司法書士」にこだわっていましたから。
 
ただ、絞りこんでみたら、仕事が減るどころか増えて、やりたくない仕事は来なくて
普通に「司法書士」を名乗っていたころより、ずっと私と言う存在を覚えてもらいやすくなりました。
売上も上がったし。
 
昔、天海祐希主演の「離婚弁護士」というドラマあったけど
あれくらい絞りこんだ方がぜったい売れると思うな。
 
ところで、10月から始まる米倉涼子のドラマは「元弁護士」ってどうなんだろ?

b0181744_20565284.jpg

by 073995332 | 2018-09-21 21:17