2018年 09月 13日 ( 1 )

 
私が4年前に書いた
 
【土地家屋調査士にとって私は・・・】
https://na0ism.exblog.jp/22834834/
 
が記事ランキング1位になっています。
 
これ書いたの4年前ということにもビックリですが
私のブログにアクセスされた方の検索キーワードが
 
土地家屋調査士 仕事ない
 
だったのもビックリです。
 
4年前の記事で、土地家屋調査士にとって私は
 
使えない司法書士
 
つまり、仕事の紹介が生まれない司法書士だってことを書きました。
 
調査士の方にお願いするのは、年に数回の
 
表示登記
建物滅失登記
 
くらい。
 
測量や土地の分筆の仕事なんて、私のところにはありません。
4年たっても相変わらず「使えない」(笑)
 
 
土地家屋調査士が仕事ないのかどうかは分かりませんが
一般の人にとって、土地家屋調査士が何をするか分からない。
 
だから、調査士も何をするか分かってもらえてる
 
士業、建設会社、住宅メーカー
 
と取引したがるのかもしれません。
 
で、どの調査士も士業等と取引したがるから、仕事にあぶれたり価格を低く抑えられたりって想像に難くない。
取引先が限られているというのはだいぶキツイですね。
 
私が、司法書士の上得意先である銀行に対して「銀行嫌い」と言っていても仕事があるのは
個人の方からのご依頼が多いからだし、相続、遺言ってはっきり意味が分からなくても何となくわかってもらえる。
 
どうやったら調査士の仕事が増えるんでしょうね?
 
・独自の商品を開発する
・合同事務所にする
・異業種とのアライアンス
・営業の仕方を変える
・元請けになる
 
かな?
 
「うちの業界知らん奴が勝手なこと言うな!」
 
と思ってる人いると思うけど、案外「業界知らん人」の意見の中に気づきがあるし
業界知ってる人としか取引してないから、厳しいんだと思うな。
 
私自身、司法書士のこと知らない人から積極的に意見聞いて、仕事のヒントもらっていますよ。
 
土地家屋調査士 仕事ない
 
で、このブログにたどり着いた方は、調査士のこと知らない人から意見聞いてみてください。
b0181744_16440077.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-09-13 17:33