2018年 05月 07日 ( 1 )

 
GWとか長い休みになると「休んでない自慢」する人が不思議な
司法書士村瀬なおひとです。
 
GWは、母の実家の田植えの手伝い(邪魔)をしながら
伯母に渡しておいた「エンディングノート」の書き込みをしました。
  
【「エンディングノート」なんて書かないよ絶対】
https://na0ism.exblog.jp/28212567/
  
・「もしものことがあったら知らせて欲しい人」の住所氏名連絡先
・金融商品の把握
・かかりつけの病院
・葬儀の希望
 
書き込んだのはこんなところ。  

縁起でもないけど、葬儀については互助会に入っておいた方がいいんじゃないか、という話になりました。
病院で亡くなった場合、遺体を運ぶのにどこかの葬儀会社にお願いしたほうが安心だし。
でも、赤ん坊のころから世話になってる伯母と、最近こんな話ばっかしてるの良くないなと思う。
お盆休みの時は、もっとハッピーな話をしよ。
 
 
GWは遊びに行ったという人は多いと思いますが、私は家族親戚と一緒の時間を過ごしました。
普段、一人で出歩いて好き勝手しているから、少し長めの休みくらい家族親戚と過ごそうと思って。
 
30歳くらいの時には、全く意識しなかった自分の死
40代後半になって少しづつ意識し始めました。
 
死んでしまったら家族と接することができない。
→だから出来る限り家族と接するようにしよう。
 
死んでしまったら好きなことができない
→思い立ったときに好きな事をしよう

死んでしまったら親孝行できない
→何でもないときでも親孝行をする
 
『死ぬときに後悔すること25』という本ではないですが、どんなことがあっても後悔だけはしたくないな。
40代で自分が死ぬことを考えるのって、早すぎますかね?
 
でも、自分の健康を慢心していて危うい目に合ってる人って結構いますから
自分の健康に用心深くなるのはいいことなんじゃないかな、と私は考えています。
 
 
 
死ぬときに後悔すること25
 1 健康を大切にしなかったこと
 2 たばこを止めなかったこと
 3 生前の意思を示さなかったこと
 4 治療の意味を見失ってしまったこと
 5 自分のやりたいことをやらなかったこと
 6 夢をかなえられなかったこと
 7 悪事に手を染めたこと
 8 感情に振り回された一生を過ごしたこと
 9 他人に優しくなかったこと
10 自分が一番と信じて疑わなかったこと
11 遺産をどうするかを決めなかったこと
12 自分の葬儀を考えなかったこと
13 故郷に帰らなかったこと
14 美味しいものを食べておかなかったこと
15 仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと
16 行きたい場所に旅行しなかったこと
17 会いたい人に会っておかなかったこと
18 記憶に残る恋愛をしなかったこと
19 結婚をしなかったこと
20 子供を育てなかったこと
21 子供を結婚させなかったこと
22 自分の生きた証を残さなかったこと
23 生と死の問題を乗り越えられなかったこと
24 神仏の教えを知らなかったこと
25 愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと
『死ぬときに後悔すること25』より
大津秀一(緩和医療医=終末期医療の実践医)著
発行:致知出版社

b0181744_13531023.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-05-07 13:53