2018年 05月 03日 ( 1 )

 
今日は「憲法記念日」ですが、私は憲法が苦手です。
 
大学の時の憲法の試験はさんざんな出来映え。
試験で何を問われているのか、どのように回答をしたらいいのかサッパリ分からない。
 
それに憲法の教科書は重いし値段が高い。
 
「芦部信喜という人の本が一般向けで良いよ」

とすすめられて読みましたが、どんだけ一般の人のレベル高いと思ってんだか。
 
司法書士試験の試験科目に憲法がなくてよかった。
(※現在の司法書士試験では試験科目に含まれています)
 
 
たまに、新聞記事で憲法関連の記事を見るくらいで、実生活、私の仕事で憲法が関係してくることは2点くらいです。
 
1つは、憲法第25条
 
第二十五条
すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
 
10年くらい前は頻繁に、今は年に1、2件くらいある
 
生活保護
 
憲法第25条を根拠とする生活保護制度を利用するために
病気、失業された方に付き添って、市役所等の福祉課で生活保護の申請をします。
 
恥ずかしい話ですが、私は司法書士になるまで生活保護なんて制度は知りませんでしたし
経済的に困窮している人がこんなに多いことも、窓口となる福祉課の対応の不親切さも知りませんでした。
 
生活保護制度も、社協の貸し付けの制度も全て現場で学ばせてもらいました。
 
 
あとは、憲法第21条
 
第二十一条
①集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
②検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。
 
言論の自由ですね。
 
このブログのある記事について、「気に入らないから削除しろ」と、法律家(?)の人から言われた時に

「あの資格試験には憲法がないから仕方ないか」

と思いました。
 
意見に気に入らないなら反論をすればいいのに削除しろって凄い。
 
「削除しろ」って言えることも含めて
言いたいことを発言、発信できるって素晴らしいことですよね。
 
 
私は5月3日の「憲法記念日」になるといつも、21条、25条の条文が頭に浮かぶ。
憲法改正(改悪?)も叫ばれていますが、改正されたら9条よりも21条、25条がどうなっちゃうのかが気になります。


※画像は(株)ピーエイチピー研究所のサイトから引用しました
https://www.php.co.jp/kenposyugi/

b0181744_17585854.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-05-03 18:21