2018年 04月 17日 ( 1 )

 
先日、ある弁護士と
 
弁護士にしろ司法書士にしろ、資格を持ってる人の能力に差はないんだから
依頼をいただける人とそうでない人は「ほんのちょっとのこと」を気にしているかだよね
 
そんな話をしました。いやしたような気がします。
酔っ払っていたので、そんな話をしたような気がします。
 
「ほんのちょっとのこと」
 
最初の電話対応だとか服装だとか表情だとか
専門家の能力以外のことが、依頼の決め手になることがよくある。
 
【電話応対自信あり!】
https://na0ism.exblog.jp/26997917/
 
私自身が電話が苦手でドキドキしちゃうので、電話を受けるときは相手の方が話しやすいような応対を心がけています。
司法書士事務所に平気で電話出来る人なんていないからね。
 
「ほんのちょっとのこと」
 
相談を受ける専門家にとっては「よくある相談内容」であっても
相談者にとっては特別はことです。
 
だから、「よくあることですよ」と一般化しないことです。
「よくあること」だと思っても、相談者の話を親身になって聴いてあげることが大事
 
また、いくら「無駄話」だと思っても、聴いてあげると相談者の満足度も高まります。
 
 
一般化してはいけない
無駄話も聴くことが大事
 
これって、私が誰かから学んだわけじゃなくて、自分が数多くの相談をし
多くの失敗をして学んだことです。
特に、痛い目にあって身に付けたものは決して忘れません。
 
数多くの相談をこなして「聴くこと」に対しては、私、自信があります。
 
たまに、専門家の人と相談のロープレをすることがあるのですが
多くの専門家は「聴」けてなくて、「聞」いたり、酷い人は「訊」いちゃってます。
「訊く」は最悪です。
 
でも、私は自分の「聴くスキル」を体系的にまとめているわけじゃない
言い方悪いけど、適当なスキルだったりします。
 
どこかで体系的に聴くスキルを学べて、自分のスキルを体系的に整理できないかな、とずっと思っていました。
 
たまたま縁があって
 
「JCO」という団体の「コミュニケーション講座」を受けることができて
適当だった私のスキルも、何となく体系的に人に伝えられそうになりました。

「聴けない」人や「聞い」ちゃってる人、上から「訊く」ことしかできない人は
コミュニケーション講座を受けた方がイイと思う。
 
「聴く」「聞く」「訊く」の違いは、ほんのちょっとのことだけれど
その「ほんのちょっとのこと」ができると依頼される数も絶対増えます。
 
 
「聴くスキル」を体系的に学びたい方はコチラの講座をオススメします


【たった2時間で質問力が変わるコミュニケーション体験講座】
https://office4c.wixsite.com/communication

b0181744_16415595.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-04-17 17:00