2018年 04月 10日 ( 1 )

 
先日、岐阜県多治見市にある
 
多治見ききょう法律事務所
 
にお邪魔してきました

https://tajimi-law.com/
 
離婚相談の件数が多いので、私も将来の離婚を見据えて・・・ではなく
 
4月から開催する
 
「スマホ終活」
 
というコンテンツについて、意見を聞きたかったので、名鉄とJRを乗り継いで
朝ドラ「半分、青い」でアツい多治見市まで行ってきました。
 
現行の司法試験より難易度も高く合格者数も少なかった旧司法試験を
大学在学中にしかも1回でパスしてしまった代表の木下弁護士と
若手の藤田弁護士にお時間をいただき打ち合わせをしました。
 
スマホ終活というコンテンツは、3年先、5年先を見据え
いわば、私がお客さんを育てるために行うもの。
 
現状、終活というと相続対策をしましょう、遺言書を書きましょう。
亡くなったら相続手続きをしましょう、というもので、司法書士、弁護士始め競合相手が多い。
 
競合がいるまっただなかに突っ込むほど大変なことはありません。
だから、競合のいない状態を作れればとても楽。
 
スマホ終活は、まだ機が熟していないけれど
その分、私がお客さんを育てていくことができる。
 
しかし、私はそういった発想はできるものの、細かい点が抜けていたり
俯瞰的な物の見方ができないことがあるので、自分より優秀な方に手伝ってもらいたい
そういったことで、多治見ききょう法律事務所にお願いにうかがいました。
 
 
以前の私であれば、人にお願いするとかは絶対にしませんでした。
全部自分のモノで、他人に頼んだら自分の取り分が減る、と考えていました。
 
例え、自分より優秀で適任な人がいても任せるなんて発想はないし
自分が劣っているとも認めたくなかった。
 
自分に自信ないから、人に任せたら負けとか
全て取られてしまうとか悪いことしか考えてなかったですね。
 
いつからかは忘れましたが、自分のできないことを人に任せるようになって
いや、自分ができることも人に任せることができるようになってからは、楽だし人の輪も広がった気がします。
 
「スマホ終活」で使う契約書の文案の作成は、私でもできてますが
私より優秀な人にお願いした方が完成度が高いし
 
このコンテンツ自体も、私一人ではなく複数人でやった方が拡散が早い。
愛知県と岐阜県多治見市でやったら面白いし、私より多治見ききょう法律事務所の方が信用されるだろうし(笑)
 
 
売れてない人、まあ私は士業なんで、売れてない士業の特徴として
 
何でも自分でやろうとする
 
があると思います。
 
分かりやすい例で言えば、今持っている資格だけでは仕事がないから
勉強して新しい資格を取るとかね。
私もいっときFPの資格とろうかなと思ってましたから
 
集客できないから、集客の勉強をする
ホームページがないから、勉強して自分でホームページ作るとか
とにかく何でもやろうとする。
 
分からない事をイチから勉強するのは無駄で
その道のプロに任せた方が早いし、人の輪が広がり仕事にも繋がりやすいと思う。
 
 
「スマホ終活」は私がプランだけ示して
あとは優秀な方々が「カタチ」にしてくれるのが理想ではないかと考えています。
 
b0181744_17582299.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-04-10 18:00