人気ブログランキング |

2018年 03月 23日 ( 1 )

 
 
いつも好き勝手に書いているこのブログですが、意外に読まれているようでビックリです。
好き勝手書いてるだけなのに、何か役立ちますかコレ?
 
で、ブログの読者が、わざわざ時間も旅費もつかって広島から来てくださってさらにビックリ。
お酒を飲みながら話すと良いことも話すんだけど、それ以上に余計なこといい加減なことしか話さないので、さぞかし呆れたことと思います。
 
でも、わざわざ来てくださってありがとうございました
 
安田晋一郎さん!
 
 
安田さんが私に聞きたいと仰っていたことは
 
私のアイディア発想法
 
司法書士業務なにも関係ないですね(笑)
 
ちなみに、アイディアが出やすい場所はこの記事に書きました
 
【馬と枕とトイレ】
https://na0ism.exblog.jp/27926263/
 
また、人と話しているとアイディアが浮かびやすいですね。
実際に、安田さんとお話していて、いくつか安田さんのお役に立つようなアイディアが出たような気がします
・・・酔っ払っていたのであまり覚えてないけど。
 
 
誰しもアイディアを出せるのだけど、せっかくのアイディアを潰してしまうのは自分なんですよね。
 
・自分は司法書士だからそんなことを考えるべきではない
・他の司法書士はそんなことをやっていない
・おかしなことは口に出すべきではない
 
「~であるべき」とか「同業者の目」
  
がアイディアを潰す。
 
また
 
「司法書士は同じ商品を扱うから差別化独自化なんてできっこない」
「仕事は法律の範囲内でしかできない」
 
という「思い込み」もアイディア発想を妨げます。
 
 
他人が縛られている常識を疑ったり

「どうしたら~できるだろうか?」
 
と、「自分へ問いかけるクセ」をつけておくと、アイディアって出やすいと思う。
 
私は
 
「司法書士は登記で食わないかん」という業界の常識(?)を疑って、自分なりのスタイルを作ったし
 
「遺言ってマイナスのイメージしかないから、どうやったらプラスのイメージ付くかな?」
 
 
結言
 
というアイディアが出ました。
 
他にも
 
・何から何まで自分一人でやらなくてもいい。共同受任もアリ
・士業以外の人とのJV(ジョイントベンチャー)もオッケー
・司法書士業以外でお金をもらっても良い
・他
 
こんな風に考え方を変えたり、アイディアを出したりしています。
 
この中でも「専門家なんだから人に頼らない」という思い込みから解放されて
人に任せる人と組んで仕事をしてもいい、と思えるようになったのは大きかったですね。
ほら、専門家って一人で抱え込んで何でもやりたがる人多いから。
 
自分が後生大事に抱え込んでいるものを手放してみるのも、アイディア発想のやり方の一つでしょうね。
 

b0181744_18081656.jpg

by 073995332 | 2018-03-23 18:14