2018年 03月 13日 ( 1 )

 
 
あなたには
 
ファン
 
がいますか?
 
私にはファンがいます。
アイドルでもイケメンでもないただのおっさんの私ですが、私にはファンがいます(笑)
 
これって、SNSの力があってのこと。
SNS、インターネットがなかったら、私は「愛知の片田舎の変なおっさん止まり」だったと思います。
 
初対面の方に「前からお会いしたかった」と言われたり
「村瀬さんがいるから、朝活に参加しました」
「何か見たことある」「ファンです」
 
アイドルとか芸能人って、きっとこんな感じなんだろうな、と嬉しいようなビックリするような体験をしています。
おかげでおちおちコンビニで立ち読みも躊躇するようになりました。
 
言いたいこと
書きたいこと
やりたいこと
 
好き勝手やっているのに
ブログが炎上したり(笑)
某SNSでディスられたりしてるのに(笑)
 
会いたかったとかファンです、って言ってもらえるのは有り難いことです。
 
 
ファンができることのメリットは
 
ファンは裏切らない
 
アイドルを見ると分かると思いますが、ファンはそのアイドルがどんな状況になっても応援します。
何枚、何十枚とCDを買う。どこでライブが行われても駆けつける。
応援してるから時間もお金も存分に使ってくれます。
 
だから、私のような個人事業主は、お客さん作りより

ファン作り

ファン作りをした方がイイ。

お客さんは、裏切ります。
 
別にあなたじゃなくてもいいんです。
新しい可愛いアイドルが出てきたら、そちらに乗り換えます。
落ち目になったら見切りをつけられます。
あなたのために時間もお金もそれほど使ってくれません。
 
また、お客さん作りをしようとする人は
 
自分にとってメリットがあるかないか
 
で、人を見てしまいがち。
 
自分にメリットがないなら、付き合わないよ、というスタンス。
少し感じ悪いですよね。
 
もし、ファン作りをしようとするなら
 
自分の良さやウリを発信して、人(ファン)に楽しんでもらわないとダメですよね。
 
楽しませること
 
「この人といると楽しい」
「この人の発信はためになる」
「この人から勇気がもらえる」
 
そんなメリットを人に感じさせることができたら、その人はあなたのファンになりますよね。
 
 
お客さん作りよりファン作り
 
今日から、ファンを作るための小さな1歩を踏み出してみましょう。

b0181744_17434554.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-03-13 18:35