2018年 02月 26日 ( 1 )

 
  
ピョンチャンオリンピックカーリング日本代表女子の
  
「なまり」
   
が注目されました。
   
「そだね~」
  
とか
  
「押ささる」(押すことができる)
 
とか。
 
私もLINEのやりとりで「そだね~」を頻繁に使うようになりました。
「なまり」って良いですよね。
 
出張行くとその土地の「なまり」が、私はとても楽しみです。
 
というものの、私も「なまり」がある愛知県在住ですが、自分では「なまってる」という感覚がありません。
むしろ
 
「標準語じゃん」
「なまっとらんし」
 
です。
 
でも、数年前、電話で関東の人と話していて
 
「(なまってるから)やっぱり関西の方ですね」
 
と言われた時は、少しショックでした。
 
「なまっとらんし!」
「それに愛知は関西じゃないし」
 
私が思うに、お年寄りはともかく愛知県の人は、イントネーションが独特。
「カギをかう」「机をつる」「とっきんとっきん」「放課」という方言はあるけど、他の地方の人からしたらイントネーションが違うみたいです。
 
 
「なまっとらんし」と思うものの、愛知県で仕事をする以上「なまって」いた方が、仕事にはプラスです。
 
法律用語って、固いし漢字ばっかだし、聞き慣れないから「音」で聞いても分からない。
特に私は年配の方相手の仕事なので、なるべく法律用語を使わないようにしているし、標準語っぽくしないようにしてる。
私自身がカチカチの法律用語を使われるのが嫌なせいもありますけどね。
 
年配の人にしたら「おカタイ職業の人」が訛ってると、より親しく話してくれる。
だから、難しい話をするときほど「なまって」いた方がイイと私は思います。
 
ちなみに、愛知県は、尾張(名古屋市より北の方)と三河(豊田市より西の方)で言葉が違っていて
私は尾張弁を話します。家族と話すときは出ませんが、中高の同級生と話す時は尾張弁が強く出ます。
 
同じ愛知県の司法書士でも尾張と三河では「なまり」が違う。
三河の方が「なまり」が強いと思う。
 
愛知県外で仕事をするときは、「標準語っぽい」名古屋弁で話すのですが
大阪で仕事をすると「関西弁」につられてしまいます。
 
仕事でちょくちょく東京に出張するようになって気がついたのですが
「関西の方ですね」という関東の人も「イントネーション」が独特。
 
言葉で表すのが難しいのですが、イントネーションが
 
平坦
 
抑揚がなくさらっと話す人が多い。
 
お客さんでも東京出身の方が少なくないのですが
 
「何かテレビドラマのセリフみたいな話し方するなぁ」
「少し冷たい感じがする」
 
標準語(関東弁?」は標準語で、地方に行くと損することが多いでしょうね。
 
「なまり」があった方が、何となく親しみわきませんか?

b0181744_16543748.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-02-26 18:53