2017年 01月 12日 ( 1 )

司法書士事務所の依頼者の関心事は2つあります
 
・いつ依頼内容が完了するのか
・費用はどれくらいかかるのか
 
です。
 
そのうち2番目、「費用」の話はいつも慎重になります。
 
はっきり費用をお伝えできる場合は良いのですが、後から追加で費用をお願いする場合だってある。
事前に「追加で費用をお願いすることもある」と伝えておかないと、トラブルになることもある。
 
ご依頼を通じて依頼者と信頼関係が築けていても、費用でこじれて信頼関係が崩れてしまうという話はよく聞きます。
 
私が直接、依頼者とお話ができていれば費用のお話はキチンとできますが
私が直接お話ができない場合、ご紹介で依頼をいただく場合は少し難しい。
私と信頼関係が築けている方からのご紹介なら問題はないのですけどね。
   
「とにかく安いから依頼してみて」
 
安さをウリにしているわけではないのに、「安いから」でご紹介いただく場合。
 
私に依頼していただいて「安い」と感じてもらえたのは、価格以上の価値を与えられたと喜べますが
依頼をいただいたことがない方が「安いから」と言っていただいても少し困ります。
 
ご紹介いただくのは有難いのだけど
依頼したことないのに何で安いと思うのだろう?
 
また、「安いから」で来られた方に私が費用のお話をして
「安いと聞いていたのに高い」と言われても困ります。
 
 
高い、安いというのは、依頼者の主観によるし
また、依頼者が何と比較して高い安いと決めているかは分かりません。
 
「あそこの事務所は〇〇円でやるって言っていたけどあなたのところは?」
 
と聞いてもらえれば、他の事務所と比べてるんだな、と分かりますけどね。
 
安いと言ってもらえれば一安心ですが、高いと言われた場合にはそれだけの費用がかかる理由をご説明します。
  
 
ご依頼されるかどうかは、私ではコントロールできないことなので断られることもある。
ご縁がなかったということ。

値下げをして無理やりこちらからご縁をつなげることはしません。
たぶん値下げをしても、ご縁はつながらないと思うし。
 
いくら値下げをするかに頭を使うより、どうやったら新しいご縁に恵まれるかに頭を使いたい。
 
幸い、値下げをすることも値下げを求められることがほとんどありませんので
良いご縁に恵まれているのだと思う。
 
仕事には恵まれたいし、自分の思うような報酬もいただきたい
良いご縁にも恵まれたい、でも値下げはしたくない。
 
やりたいこと、望むことは、誰しもたくさんあると思います。
そんなときは、まず「やらないことを決める」
 
私で言うなら「値下げ」
値下げをしないことを決めています
 
やらないことを決めると、自ずとやりたいこと望むことを達成するにはどうすればいいのか分かる
 
 
※偉そうに感じたらごめんなさい
b0181744_22164784.jpg

[PR]
by 073995332 | 2017-01-12 22:19