2017年 01月 11日 ( 1 )


私が司法書士を始めて数年経ったとき、ふと気がついたことがあります。
 
「これはどこかで割り切らないと身体がもたない」
 
仕事を始めた時は、多重債務の仕事が多くて、夜中の12時から面談なんてこともありました。
今でこそ、ラジオや広告で多重債務を扱う事務所が多くありますが、昔はそういった事務所は少数。
毎月毎月どんどん仕事が増えていきました。
 
依頼者だけではなく、役所、警察、税務署、依頼者の家族、病院、アウトローの方等々への対応もしなければいけませんでした。 
  
「それって司法書士の仕事じゃないじゃん?」と思っていても、放り出すわけにもいかないし
役所へ滞納した税金の説明をしたり、警察にヤミ金の対応をお願いする
依頼者の家族のケア、たまにアウトローの方とお話しをする、などしていました。
 
今、振り返ってみてもよくやっていましたね
 
ヤミ金の件で何度も足を運んだので、警察でも顔覚えられていましたから(笑)
 
いろいろ大変な事がありすぎて、「割り切り」もそうですが
マイナス、ネガティブなことも前向きにとらえることができるようになりました。
 
「今がどん底だから、あとは上がるばかりだ」

とか

「大変なことが多いけど、助けてくれる人がいるからラッキー」
 
マイナスなものの中にもプラスを見出す
ネガティブをポジティブに変えることをしていましたね。
 
そういったことが上手くできるようになってからは、少しづつ気持ちが楽になっていきました
  
  
ところで、先日、芸人の「カズレーザー」さんの言葉をネットで見つけて
良い言葉でしたのでフェイスブックで紹介しました。
ちなみにカズレーザーは大学の後輩です(笑)
  
『人間、どうせ幸せになるのよ。
ハッピーエンドに決まってるのになんでそんなバッドエンドにしたがるの?
理由を見つけて自分が不幸だと思おうとしてるだけで、思わなきゃずっと幸せだからね。
幸せの前提があるから不幸を見つけるのができるんであって、見つけなきゃいい。目をそらす努力!』
 
 
人生って楽なことばかりじゃない大変なことだってある。
だから大変なことをどうやり過ごすがが大事
 
いつも務めて機嫌よくして、思考も感情もポジティブできれば
大概のことはやり過ごせます。
わざわざ自分からネガティブにする必要はありません。
  
なぜなら 
自分からネガティブにならなくても、不幸にならなくてもどうせ誰かがそうしてくれます。
例えば、批判されたり、悪口言われたり、嫌われたりする。
  
不幸にするには自分でも他人でもできるけど
幸せにできるのは自分だけ。
  
お節介にも誰かが自分を不幸にしてくれるんだもの。 
卑下して自分を不幸にする必要なんてない
 
せめて自分だけでも自分を幸せにしてあげよう
思い切り思い上がって自分を幸せで満たそう。
 
私はいつもそう考えています。
 
特に私は自営業なので、誰に頼るでもなく自分が全て。
自分ではコントロールできない要素を頼りにするわけにはいきませんからね
 
自分がコントロールできることに注力して、自分を気分良くさせてポジティブに物事に取り組む。
それだけを考えています。
 
 
※ポジティブな感情、ポジティブな思考は、ポジティブな場から得られます。
b0181744_21433793.jpg

[PR]
by 073995332 | 2017-01-11 21:44