人気ブログランキング |

2016年 09月 28日 ( 1 )

遺言書作成に関わることで、ご高齢の方の人生の一端を垣間見ることができます。
 
ご苦労をされた方、幸せなご経験ばかりされた方、ご病気を患われた方
そして戦争を経験された方。
 
先日ご縁をいただいた方は、戦闘機に乗られていた方でした。
 
「永遠のゼロ」という小説に感化されすぎて
 
戦闘機=ゼロ戦
 
というイメージしか私にはありませんでしたが、第二次世界大戦の時
日本にはゼロ戦以外の能力の高い戦闘機もあって、私の依頼者は
 
疾風(はやて)
 
という戦闘機に乗っていたそうです。
 
ご自宅に疾風の模型があったり、依頼者と疾風が写っている写真を見せいただいたり
同窓会というのは不適当かもしれませんが、戦闘機乗りとして若かりし日々を一緒に過ごした戦友との旅行写真を見せていただきました。
戦闘機のエピソードをまとめたら価値のある歴史的資料になるんと違うかな。
 
ご依頼は遺言書作成ですが
仕事とは別にじっくりと、エピソード、そしてストーリーを聞かせてもらいたいです。
 
私はストーリーフェチなんです(笑)
   

ストーリーは人を惹きつけます。
  
【「ストーリー」が気になる】
http://na0ism.exblog.jp/23660067/
 
私がブランディングの話をするときには
 
「ストーリーは最強ですよ」
 
という話をします。
 
世の中にある職業で、オンリーワンのものはまずありません。
私の司法書士という仕事も、全国に何万人も同業者がいます
 
どうやったら、何万人もいる同業者の中でも目立てるかを考えたとき
ストーリーを語るのは、その他大勢から抜きんでる有効な方法の一つです。
 
どんなきっかけで今の職業を選んで
どんな思いで仕事をしているか
その思いを抱くに至ったストーリーはどんなか
自分の扱う商品にまつわるストーリーは何か
 
それらを語ると、見込み客の反応が全く違います。
私自身ストーリーで選ばれていると自負しています。
 
誰にだってストーリーがあるけど、それに気づくか気づかないか
ストーリーを語るか語らないか。
 
見込み客に選ばれるポイントはそんなに難しくはない
私はそう考えています。
  
  
ちなみに今日のブログのタイトルは
フランス映画「潜水服は蝶の夢を見る」にインスピレーションを得ました。

b0181744_22224402.jpg

by 073995332 | 2016-09-28 22:24