人気ブログランキング |

2016年 07月 20日 ( 1 )

 
「星のように自由に生きている人だなと思いました」

先日、「占い」をしてもらったのですが

占星術、タロット、数秘術、四柱推命、気学、易、姓名判断、手相・・・
 
いろいろあって、何がなにやらサッパリ分かりません。
とりあえず「占星術」をしてもらいました。
 
占星術って面白いですね。
自分が生まれた時の星で、自分のことがいろいろ分かる。
 
私が出会う人に恵まれ、良いことづくしなのは、生まれた時の星がそう定めているから。
自信をもらいました。
 
私が、村瀬尚仁ではなく「村瀬なおひと」としているのも
 
「名前をひらがなにしたほうが運気があがる」
 
と、風水の専門家に言われたからです。

【本田健さん】
http://na0ism.exblog.jp/24085442/
 
占いの先生に、良いことばかりたくさん言われたので一つ一つは覚えていませんが
 
「村瀬さんは、星のように自由に生きている人だなと思いました」
 
と言われたことはハッキリ覚えていて、「星のよう」なんて言われたことがないので嬉しかったです。
 
占星術の星の動きを見ていても、星は気まぐれ
人が予測するような動きは一切しません。
 
そんな星に例えて貰えるなんて嬉しい。
 
 
で、占星術、タロット占い、アストロダイスをしてもらったのですが
 
果たして占いに来る方は
 
「占星術をしてください」
「タロット占い希望」
「いや、アストロダイスで」

 
と占いの種類を決めてくるのか、が疑問でした。
 
そして、占いの種類が多いと決められないのでは、という仮説を立てました。
 
先生曰く、「(占いの種類を)決めてくる人はほとんどいない」


どの占いにどんな特性があって、どんなことが特に分かってなんて一般の人には分かりません。
 
分からないから、占いの頼み方、占いの「買い方」も分からないに違いない。
だから、占う側、売り手が「買い方」を教えてあげる必要があります。
 
極端なことを言えば、占ってもらう人は

占星術、タロット、数秘術、四柱推命という種類には関心がなくて
 
どんな占いでも自分の悩みを解決できればそれでいい、と思っているに違いない。
 
なので、占いにも
  
「おまかせセット」
  
を作ってしまったらどうか、と考えました。
 
占いは30分いくら、という時間制が多いようですが
 
「おまかせセット」は、時間無制限○万円とか会費制で月○万円にするとか。
色々な売り方できますよね。
  
 
そんなことを考えながら、私の仕事も「おまかせセット」できる気がしてきました。
 
「相続おまかせセット」
 
依頼者は、遺言が良いのか、生前贈与が良いのか、それとも信託がいいのかが分かりません。
なので、専門家が示してあげる。
 
でも、それだけでは普通なので、オプションサービスをつける。
普段、お金を頂かずにやっていることに値段をつけて、オプションにする。
 
遺言の「松竹梅」コースはできつつあるので、次は

「相続おまかせセット」の作成を進めたいと思います。

【やってほしいことより感謝の言葉】
http://na0ism.exblog.jp/25933142/

b0181744_1848586.jpg

by 073995332 | 2016-07-20 18:48