人気ブログランキング |

2016年 03月 29日 ( 1 )

 
私は、ご依頼をいただいたとき

「どうして私を選んでいただけたのですか?」

と依頼者に、必ず聞くようにしています。 
 
数ある司法書士がいる中で、

なんで私だったのか
どんなところが良かったのか
実際会ってみてどうなのか
 
を聞く。
 
選ばれる理由、自分の強みが分かれば、営業活動が楽になりますからね。
 
【強烈な選ばれる理由】
http://na0ism.exblog.jp/24335544/
 
先日、仲のいい税理士に
 
「オシャレな士業っていないから、スーツをオーダーしてオシャレな士業を目指せ!」

と言われました。
 
確かに、士業でオシャレな人ってなかなかいません。
 
「外見じゃなくて中身で勝負」
 
だから、他の士業と同じような無難なスーツで良いんだ。
目立つ格好してミスしたら何言われるか分からない。
 
でも、中身って外から分からないんですよね。
また、中身はご依頼をいただかないことには勝負できない。
 
そして、外見=服装じゃない。
服装、雰囲気、仕事に対する思い、露出、情報発信等、「外見」にもいろいろあります。

「中身の前に外見で勝負」

だと私は考えています。
 
 
外見の一種、露出、広告の話ですが、
3月に出した広告にさっそく反応がありました。
 
「仕事を頼みたい」
 
依頼者にお会いして、いつものように聞きました。

「どうして私だったのですか?」
 
今回は、いつも以上に「どうして」が気になりました。
 
なぜなら、今回広告を出した情報誌の私と同じページに弁護士の広告も載っていたから。
 
「同じページに弁護士もいたのに何で?」

で、私が選ばれた理由なんですけど

「(私の方が)営業時間が早かったから」

だそうです(笑)
 
やっぱり中身はあんまり関係ないですね。


オシャレ雑誌「LEON」を見ると、昔の愛知県司法書士会会長を思い出します。
その会長の事務所には、「LEON」のバックナンバーが山ほどあったらしいです。
オシャレさんでしたけどね。
b0181744_20344478.jpg

by 073995332 | 2016-03-29 20:36