人気ブログランキング |

2016年 01月 18日 ( 1 )

 
司法書士会では、会員に年間12単位の研修受講を義務づけています。
1単位が1時間なので12時間の研修を受けなければなりません。
だいたい一つの研修が2時間。
 
でも、いちいち司法書士会館等の研修会場に出向かなくても
インターネットで、受講しそびれた過去の研修を受けることもできるので便利。
今週末も、先月受けそびれた研修の録画を見ましたし。
 
ところで、研修の準備をする司法書士会も大変です。
会員が退屈しないように様々な分野の研修を準備しないといけません。
 
「お前研修担当やれ」

と言われても私にはとても務まりません。
研修担当の会員にはいつも感謝しています。
 
 
私は「勉強が嫌い」です。
 
仕事を受注するための勉強は好きですが、知識を得るだけの勉強は好きではないです。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

【依頼を呼ぶための仕組み作り】
http://na0ism.exblog.jp/24140940/
 
先週末に、インターネットで受講した研修も、法律の解説が多くて
その仕事を受注するためにはどうしたらいいか、という話はありませんでした。
 
知識だけ入れておいて、あとは「待ちの姿勢」でじっと待つ。
賢い人は、「どうやって仕事につなげるか」まで考えて研修を受けているのでしょうけどね。
 
研修で得た知識を一般の方に対して

「法律がこうなってるから、あなたたちは法律を守りなさい」
「手続きがこうなっていて、司法書士ができるのはここまで」
 
 
と言ってみても、誰も耳は貸しません。
 
ルールを守れとか司法書士はこんなことができる、と言っても、そんなこと誰も関心を寄せません。
 
「こんな法律があって、こんな風に活用すると得する」
「司法書士しかできないこんな手続きがあって、司法書士を使うといいよ」

 
得する
儲かる
メリットがある

 
そういったことを直接言うなり、相手に「匂わせる」なりすれば
相手は関心を持ちます。
 

「得する」「儲かる」なんて言ってると、同業者から怒られそうですが
誰だって損したくないし、得をしたいのは事実。
 
司法書士も、もう少し「商売っ気」を出せばいいのにな

と、研修を受けるたびに私は思う。

逆に言うと、司法書士は「商売っ気」ない人が多いから、私が自由にやれるのかなあとも思います。
 
 
今日も、「どうやったら仕事につなげられるか」を考えつつ、研修を受けてきます。

b0181744_1716191.jpg

by 073995332 | 2016-01-18 17:16