人気ブログランキング |

2010年 10月 11日 ( 1 )

国土交通省は、賃貸住宅に関する「原状回復ガイドライン」を見直す方針だそうです。

敷金返還請求を行う場合「・・・ガイドラインに則り・・・」といった形で引用することも多く、
法的拘束力はないものの、賃貸借関係においては事実上「拘束力」を有するものです。

記事にもありますが、ガイドラインと実際の事例で乖離する場面も多いし、重要な判例も相次いでますので、改訂に至りました。

実務家の感想としては

「あ~また勉強せんならんな」といったところですかね?


記事はコチラ
by 073995332 | 2010-10-11 11:16 | 裁判