人気ブログランキング |

2009年 08月 12日 ( 1 )

お盆のさなか(?)、市役所で登記相談してきました。

相談者1人・・・・042.gif
気合いをいれて相談者を待っていましたが残念です。

3時間の相談時間のうち、2時間45分はポケラーとしてました。

あまりヒマそうにしていたため、市民相談室の職員さんが気を遣ってお話してくれました。

最近は、住宅ローンに関する相談が多いそうな。
ローンの支払いがキツイと。

昨今の不況からボーナスの出ない企業が続出。
住宅ローンはボーナス払いとセットのケースが多いから、6月のボーナス払いが出来ない。
「6月危機」と言われるやつです。

住宅ローンは30年以上の長期間に及びます。
10年くらい支払っていても、利息分の支払いにしかなりません。

民事再生手続には「住宅ローン特則」という手続もありますが
住宅ローン特則は、個人にとっての住宅の大切さに着目して、不幸にして苦境に陥った住宅を持つ個人の方の経済的再建を支援するために設けられた制度です(住宅ローンの支払のために多重債務化していく人も多い)。小規模個人再生手続、給与所得者等再生手続と組み合わせて利用するものです。

住宅ローン以外の負債はカットを受けますが、 住宅ローン自体はカットされません。住宅ローンについては今までどおりの条件で支払うか、支払い条件を変更(リスケジュール等)して最後まで支払うかの選択をします。

リスケ(リスケジュール)も法律上可能ですが、あくまでもローン会社が首を縦に振らないとダメです。

また、忘れがちなのが「税金」です。
住宅ローンさえ支払うことができればなんとかなる、そう思っていて固定資産税を滞納している人。
結構います。最悪、住宅に「差押え」が入ってしまいます。

「家を諦めてください」
依頼者に告げるときは、心が痛みます。
 
by 073995332 | 2009-08-12 22:02 | 登記