【「専門知識」で選ばれたいですか?】

 
「どうして私を選んでくれたのですか?」
 
以前、自分を贔屓に使ってくれるお客さんにそう尋ねた方がいいよ
という記事を書きました。
 
【さよなら「強み」を教えてくれた人】
https://na0ism.exblog.jp/28344089/
 
で、自分では専門知識の深さでお客さんに選ばれていると思っていたのに
実は、お客さんは「人柄」で選んでくれていた、というのはよくある
 
だから、自分の選ばれてるポイントを伸ばそう。
というのは「基本のき」です。
 
実際に私も長年取引してくれている会社の社長に質問して
思わぬ特長で自分が選ばれていたことを知ったクチです。
 
そんな自分の特長が分かったので、その特長が活きる仕事内容は何か
どういったお客さんに自分の特長が活きるのかを研究しました。
 
例えば、「人柄」で選ばれている人は、徹底的にその人柄を良くすれば
ますますお客さんに選ばれやすくなるわけで、専門知識を増やすより楽。
 
でも、先日、お話したある専門家の方は
 
「人柄で選ばれている自分はダメだ!」
「もっと専門知識を増やして専門知識で選ばれるようにしないと!」
 
って、言っていて私にはかなりショックでした。
 
だって、私のように
 
「人柄で選ばれた方が勉強しなくていいから楽じゃん」
 
って思ってる人ばかりじゃないんだ!
専門知識で選ばれたいって人もいるんだ!

というのは大きな気づきでした(笑)
 
でも、意地悪な言い方をすれば「専門知識比べ」をしたら
上には上がいるし、それに
 
AI
 
AIには勝てません。
専門知識自慢の人は、あと数年の命ですね。
 
そして、いくら専門知識を増やしてもその凄さが分かるのは
 
同業者だけ
 
お客さんが凄さに気づくのは稀の稀ですよ。
同業者に「凄い!」と思われても、お客さんとれなきゃ意味ないし
お客さんにも分かる自分の価値を表現して伝える努力をした方がビジネスになると思うんですけどね
 
やっぱ、士業の人は「同業者の目」が気になっちゃうんですね
仕事くれるのはお客さんなのにね。
 
私はお客さんの目しか気にしていません


b0181744_18002843.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-11-01 18:06