【「進撃のノア」に学べ】

 
専門家が専門知識あるのは当たり前
専門知識があるうえで、何をプラスするのか
何をプラスして、どうお客さんに選ばれるのか
 
そこんとこ考えておかないと
 
「司法書士です」
「何かあったらお願いします」
 
くらいしか名刺交換の時に伝えられません。
 
 
変わってるね
 
今までさんざん「変わってる」と私はホメてもらえるのですが
ホメられる理由は
 
発信しつづけてる
 
SNS、ブログ等で発信を続けているから、だと思います。
 
私が発信を続けている理由はシンプルで
 
私のことを知ってほしいから
 
資格を持っていても
専門知識が豊富でも
 
世間から「あそこに村瀬がおる」と知ってもらわなければ、依頼なんて来ません。
また、「村瀬ってどんな奴」が分からないと、依頼なんて来ません。
 
飲食店に例えるなら
 
場所も
料理の種類も
料理人の素性も
 
分からない飲食店なんて、誰も来ないでしょ。
 
同業の方が、そういったことをやっていないから
やれば私が選ばれる確率が高くなるな、ということで
私は発信を続けています。
 
 
で、「進撃のノア」です。
 
最初、何かの本のタイトルかな?と思ったら
 
キャバ嬢の源氏名でした
 
進撃のノア
 
って名前のキャバ嬢、スゴくないですか?
この娘の名刺もらったら一発で覚えませんか?
こんな名前の娘に会いたくなりませんか?
   
夜のお店の女性なら、見た目が良いのは当たり前
見た目に何をプラスしたら、指名が増えるのか?
 
彼女がしたのは、「ノア」という普通の源氏名に「進撃の」を加えたこと。
そっから指名売上ともグンと増えた。
 
詳しくは本読んでみてください。
 
 
私は、キャバ嬢も司法書士も同じだと思うんですよね。
 
自分が商品で
 
覚えられてナンボ
 
だから。
 
覚えられないと食いっぱぐれる。
 
キャバ嬢が食いっぱぐれないように必死にやってることを
私がちょこっとでも学びパクれば、食いっぱぐれることはない。
 
たった1000円ちょっとの投資(本の値段)で、売れる秘密が学べるって得ですよね。
 
士業、フリーランスの人は「進撃のノア」に学べ

 
b0181744_08415504.jpg

by 073995332 | 2018-10-16 17:00