【村瀬さんは何人でやってますか?】

  
「村瀬さんの事務所は何人スタッフがいますか?」
 
同業者とか士業の方と名刺交換をするとき、必ずされる質問です。
 
「一人でやってます」
 
というと不思議そうな反応、少し冷ややかな反応をされることがよくあります(笑)
 
司法書士事務所のビジネスモデル(?)って
 
「銀行や不動産業者から単価の低い仕事をたくさん集めて、たくさんのスタッフでひたすら処理する」
 
のが理想とされます。
 
だから、いくらの仕事をしたかより、何件の仕事をやったかが重視される。
 
周りの成功しているとされる司法書士事務所がそんなだから
司法書士ってそうあるべきと思い込んでいる人が多い
 
「何人スタッフいますか?」という質問はその典型じゃないかな。
 
負け惜しみと思われても構わないんだけど、スタッフがいたらスタッフに何を教えるのか困るし
スタッフがいるスペースの確保も考えにゃならん。
スタッフとその家族の人生をしょい込むなんて私にはできません。
だから私は独りが気楽でいいです。
 
たくさんのスタッフを雇用している事務所は、私とは方向性が違うけどスゴイと思う。
 
 
たった3ヶ月でクビになりましたが、私が勤めていた事務所って
今にして思えば
 
人を雇う必要がない
 
先生一人で十分にやっていける事務所だったと思う。
人を雇っていたのは、ただの「見栄」だったんじゃないかな。
 
多くの司法書士は、どこかの事務所で修業をして修行先でやっていたことに倣って
自分の事務所運営をします。

・銀行や不動産業者が苦手だ
・人を雇うのは面倒
・たくさんの仕事なんて集められない
 
という私のような変わりものは、ロールモデルとする事務所がなかったから
自分で四苦八苦しながらやるしかありませんでした。
 
ロールモデルがないから同業者には聞けないし
異業種の方でロールモデルになる人の話をずいぶん聞いた。
 
時には、お金を支払って「アイディア」をいただき、その「アイディア」を丸パクリしたこともある。
 
たまに、母に褒められる(?)ことがあるんです。
 
「あんたは自営業なのに自分に閉じこもらないし、かといって同業者ともつるまない。上手いこと異業種の人との付き合いを増やしている」
 
って(笑)
 
そりゃー自分に閉じこもっていたら仕事なんて来ないし
同業者と付き合っても仕事にならない
仕事が来るのは異業種の人からだからね。
 
上手いのかどうかは分からないけど
今、アライアンスを組んでいるのは、IT業、医療業界、建築業の人ですね。
どの業種の人も、司法書士業とは遠いから誰もアプローチしないし、このアライアンスはスタッフを雇わなくても外注で事足りる。

【「何でもできる人」はきっと損する】
https://na0ism.exblog.jp/28531047/
 
 
私が学んだ異業種の人の中に「何人スタッフがいますか?」って質問する人はいなかったし
一人ですごく売り上げを立てている人がたくさんいました。
 
「たくさん人を雇わないと稼げない」
 
って思い込んでる人は、

「人を雇わないと稼げないって本当かなぁ?」
 
とほんのちょっとでも疑問に思ってみると、新しい発想が生まれると思う。
 


b0181744_20415898.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-08-30 20:45