【ザ・ジョイントベンチャー②】

 
昨日、一番楽な売上UP法は
 
他人と組む、すなわち
  
ジョイントベンチャー
 
だとお伝えしました。
 
さらに

「なんか新規事業のアイディアないかな?」
 
そうお嘆きの方、アイディア豊富な私がJVしてもいいですよ(笑)

ともお伝えしました。
 

それでも、JVは敷居が高いな、と躊躇される方に朗報です。
 
私は、アイディアだけ出して
 
丸投げ
 
しているものもあります。
 
アイディアだけ出して
 
「あとやっておいて」
 
で済ましている事業があります。
 
「スマホ終活」はその典型例ですね。

【「スマホ終活」やってます】
https://na0ism.exblog.jp/28329533/
 
丸投げっていうと言葉ば悪いけど、JVの本質って 
 
自分が苦手なことは得意な人に
自分ができることでもより得意な人にお任せする
 
ってことじゃないですか?
 
それに、新規事業って
 
アイディア
 
事業のもとになるアイディアがなければ行動にも移せない。
 
漫画を例にすると、「ドラえもん」の絵を描ける人はいくらでもいるけれど
ドラえもんの「アイディア」を出したのは藤子不二雄。
 
アイディアを出した人こそ称賛されます。
 
だから、アイディアだけ出して、「丸投げ」していても全然OK(笑)
言い出しっぺでも全然OKです。
 
こう考えることができたらJVがやれそうな気がしませんか?
 
 
でも、経営者の方って優秀で努力家の方が多いから 

「自分が苦手なことは得意な人に
自分ができることでもより得意な人にお任せする」
 
よりも、苦手なことは克服してなんでもやってやろうってなるし
困ってるからと他人が手を差し伸べても、他人の助力を断ってしまいがち。
 
そうやってしまうと事業って大きくなりませんよね。
JVできませんよね。
 
素直に
 
「アイディアあるんだけど、私だけではできないんで助けて」
「すごい機械もってるんだけど、それを活かすアイディアないから助けて」
 
と言える人こそがJVを成功させられるんと違うかな。
私はそう考えてJVをしています。

b0181744_17415276.jpeg

[PR]
by 073995332 | 2018-08-10 17:00