【成長は「居心地の悪さ」の中にある】

 
ここのところ月2回他県に行き学びを深めています。
 
たまたま「SNS」の投稿を見ていて
 
面白そうだ
 
と感じたので、迷わずその講座の申し込みをしました。

でも

「その講座を受けて自分の仕事に役立つのか」
「受講料と交通費を使うだけの価値があるのか」
 
そんなことはあまり考えなかった。
 
 
なにぶん他県で、わざわざ愛知県から来るような物好きは私くらい。
また、他の受講生はスーツ姿で、「短パン」で来てるの私くらい
それに「センセイ業」をされている方がほとんど。
でも、最高気温「39度」の愛知県から行くんだから、楽な格好してないとバテますよね?
 
また、ワークやシェアタイムでも

「あなたは特殊だから」
「それはすでに大手がやってるから」
「そんなことはすべきじゃない」

なんて言われるし
まあ、居心地悪いったらありゃしない(笑)
  
でも、自分が成長できるのは、自分のことを知らない人がたくさんいるところ
心地よくないところ、居心地の悪いアウェーの地だと思います。
  
放っておかれる
何か言っても否定される
受け入れられない
 
そんなアウェーの環境が私は大好きです。
 
 
ところで、「知り合い」とか「仲良し」の人がたくさんいるところって
 
怠けてしまいせんか?
 
私は確実に怠けます(笑)

自分のことを伝える努力とか
自分を良く見せる努力とかをしなくなる。
 
別に伝えなくても分かってもらえてるし、良く見せなくても良く見てもらえる。
まあ、適当にやればいいやで適当にやってる。
 
でも、アウェーでは、イチからいちいち自分のプレゼンをしなけりゃいけなくなる。
「知り合い」には伝わっていたことが、全く伝わらない。
ホントは伝わっていないのに「知り合い」だから、伝わったフリをしていたってこともある。
 
同業者には「ツーツー」の話でも、一般の方にはチンプンカンプンで伝わらない。
だから「ツーツー」が通用する環境にいたら、なかなか仕事に恵まれない。
でも「ツーツー」の環境って楽なんですよね。努力しなくて済むし。
 
だから、「ツーツー」の環境にどっぷり浸かってした私に
  
「あなたの話はさっぱり分からない」
 
と言ってくれた人にはとても感謝しています。 

あの言葉がなかったら、伝える努力をしていなかったでしょうね。

【あなたの話はさっぱり分からない】

https://na0ism.exblog.jp/26870092/
 
で、アウェーの環境で私のことが伝わってるかどうかは分からないけど
居心地の悪さのおかげで着実に成長していると思う。
 
もし、今より成長したいと思っている方は、「アウェーの環境」を探して飛び込んでみてください

b0181744_17584233.jpg


[PR]
by 073995332 | 2018-08-07 18:26