【「何でもできる人」はきっと損する】

 
Windows7のサポートが切れるまでにまだ時間あるのに
早々とWindows10にした司法書士村瀬なおひとです。
 
人によっては
 
「Windowsなんて猿が使うもの」
 
なんてひどいこと言う人いますが、司法書士用の業務ソフト使っている関係で
猿だろうがなんだろうがWindows使っています。
 
で、パソコンの入れ替えは全て専門の業者さんにお任せ。
2台のパソコンを入れ替えるのに半日かかりましたがおかげでストレスなく動きます。
 
また、少しでも調子が悪いと
 
「動かないよ」「何とかして」
 
といつも連絡して対応してもらっています。
 
SNSを使いこなしとか「スマホ終活」というセミナーをやっていても
私はパソコン本体にはからきし弱い。
 
自分で勉強してどうにかしようという気もありません。
自分の苦手なことは得意な人に任せてしまえばいいというスタンスです。
 
そういえば、「スマホ終活」も、ビジネスパートナーに任せっぱなしや。
パワポもアプリも何もかも作ってもらってるもの(笑)
私がやったのは「スマホ終活」という商標出願を弁理士にお願いしたことだけ。
 
 
名刺交換をさせてもらうとき、士業の方でたくさんの資格をお持ちの方
士業以外の方でしたら、たくさんの取り扱い商品、業務を書かれている方がおられます。
 
私も、司法書士の仕事をしながらも

「FPを取った方がいいかな」
「中小企業診断士だ」
「いや社労士だ」

と資格取得の誘惑に揺れ動いたことが多々ありました。
たくさんの資格があれば仕事が増えるはずという「幻想」を抱いていた。
 
でも、いくつも資格があっても仕事が増えるわけじゃない。
かえって仕事の幅が狭まることもあります。
 
司法書士と社労士の資格もってる人のところには、社労士の方からのアライアンスの申し出はないでしょう
税理士と行政書士の資格を持っている人のところには、行政書士から相続対策の仕事は来ない。
 
たくさん資格があってなんでもできる人のところには、なかなか案件、特に紹介案件は来ない。
私の「いやらしさ」なのかもしれませんが、どうせ仕事を紹介するなら「お返し」をいただけそうな所に紹介します。
 
相続税が出そうな案件は、必ず私に「お返し」をしてくれる税理士にお願いしてるし
相続争い案件は、お返ししてくれる弁護士にお願いする。
名刺に「司法書士税理士」と書いてる人には絶対紹介しないな(笑)
 
紹介で仕事を発展させたい人は「なんでもできる」ではなく

「できないこと」
「人に任せたいこと」

が明確な方がいいし

仕事を独占してわずかなお金を得るより
自分ができそうな仕事でも、自分より得意な人に任せて人間関係、人脈を豊かにしたほうがずっといい。
 
私のように、資格取得すれば仕事が増えると誤解している方
資格を取らなくても人に仕事を任せて、紹介で仕事を増やす方法もありますよ。
 
b0181744_17285750.jpg



[PR]
by 073995332 | 2018-08-02 17:32