【誕生日は感謝を表す日】

 
昨日7月26日は私の46回目の誕生日でした。

「おっさんやん」とも
「よくここまで生きてきたな」とも思いました。
 
ところで、私は現在月2回大阪で開催されている経営の勉強会に参加していまして
ある日の勉強会のテーマが
 
感謝を伝えよう
 
でした。
 
経営と感謝がどんな関係がある?と不思議に思われるかもしれませんが
感謝なくして経営なんかできなくないですか?
 
お客さんに選んでももらったことに感謝
生活できることに感謝
お仕事をいただけることに感謝
・・・・・・感謝、感謝してませんか?
 
確かに、仕事が立て込んで忙しくなると「なんでこんなに忙しいんだ!」ってイライラしますよね。
 
でも、誰しも仕事を始めた当初は、仕事なんて全く来なかったハズ。
小さな仕事でも依頼されることがとてもうれしかった。
 
それなのに、ちょっと仕事が取れて忙しくなると、嬉しさを忘れ苦痛を感じたり
選んでもらったことへの感謝を忘れてしまいます。
 
たぶん、忙しく働く経営者への「戒め」も込めて、感謝を伝えよう、だったのかもしれません。
 
 
で、誕生日の話に戻るのですが、実は一番感謝しなければいけないことって
 
この世に生まれてきたこと
 
だと思うんですよね。
 
この世に生まれてきたこと
産んでくれたことを感謝する相手は
 
両親
 
私の誕生日は両親に感謝を伝える日なんですよね。
残念ながら父はなくなっているので7月26日に、手書きの手紙を母親に渡しました。
(写真参照)
 
「気持ちを伝えるために手書きしましょう」
 
と、疎遠の親族に相続手続きの依頼文を書くように依頼者にお願いするんですけど
普段パソコンに慣れているので、手書きは大変。
 
こんなんで、自分の自筆証書遺言作れるかな~

【遺言書が作りやすくなります】
https://na0ism.exblog.jp/28436685/
 
手紙の内容は
 
・自分が幼かった時の母とのエピソード
・自分の子どもを見ていて思ったこと
・昔と今の自分の変化
 
そして
 
この世に生を与えてくれてありがとう
 
と最後に書きました。
 
 
自分の親に改まって感謝の言葉を伝えるって、なんだか照れ臭いしめんどくさいし
できたらやりたくないものかもしれません。
 
でも、もし感謝の気持ちを伝えずに母親が亡くなったらきっと後悔する。
実際に、父が亡くなったに私が感謝の気持ちを伝えたのは、父がこん睡状態になってからだったから。
父が亡くなった時、ものすごく後悔しましたからね。
 
母が元気なうちに感謝の気持ちを伝えられたので多分後悔はないと思う。
でも、とても喜んでくれたので来年も手紙を書こうと思います。
 
母はクリアしたので、次は感謝を伝える最大の難敵
 
私のパートナー
 
タイミングを見て、私のパートナーへの手紙を書く予定です(笑)

b0181744_16342530.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-07-27 16:35