【「見守り契約」増えています】

 
「・・・役所で財産管理契約か任意後見契約をしたほうが良いと言われて・・・」
 
最近、そのようなお問い合わせが増えています。

【「見守り契約」ってなに?】
https://na0ism.exblog.jp/28428250/
 
私の記憶では、3年くらい前は「任意後見契約」って言葉を一般の方から聞かされることはありませんでした。
専門家も「成年後見」推しで、認知症がどうの、リーガルサポートがどうのって話ばかりでしたからね。
 
インターネットの影響かなぁ?
 
 
専門家の「成年後見」推しの影響もあってからか
 
高齢者=認知症=成年後見
 
というイメージが強くついて
認知症にならなきゃ高齢者の身の回りのこと資産のことを管理できないと思われてる方多いですね。
 
確かに、認知症になられた方のケアは大事な問題で、専門家のサポートは必要不可欠だと思う。
しかし、認知症のイメージが強すぎる。
 
認知症じゃなくても、身体の不自由な方、お独り暮らしで将来に不安を抱えている人はたくさんいます。
そういった方が「私は認知症じゃないから使える制度がないんだ」ということで、手続きを断念されることもあるでしょう。
 
財産管理契約や任意後見契約という制度があっても
その制度が認知されていないと、選択肢にもあがらないですからね。
 
一般の方、特に年配の方は情報検索能力が弱く、主な情報源は、新聞、テレビ、口コミぐらいで
最新の法律や手続きには疎くて当たり前
 
そろそろ「成年後見」推しはそこそこにして、財産管理契約や任意後見も推した方がいいと思う。
 
 
任意後見って、別に専門家本人が任意後見人にならなくても良い
家族間で契約締結をして、そのサポートをしてもいいから、専門家にとって成年後見に比べてやりやすい。
 
それに、成年後見だと一人の専門家が関与できる案件は限られるけど
任意後見だと直接関与しなくてもいいケースもあり、わりあい多くの案件を扱える。
 
任意後見契約を結んだからと言って、認知症になる人ばかりじゃないし
認知症にならずに亡くなられる人の方がむしろ多いと思う。
 
うちの事務所の来られる年配の方に
 
「こんな方法あるんですよ」
 
と伝えると「いいこと聞いた」と皆さん喜んでくださる。
 
簡単でいいから、パンフレット等あると周知しやすいですよね。
 
うちは、すぐに渡せるようにイラスト多めの「見守り契約」パンフレット用意してあります。

b0181744_14480128.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-07-23 17:00