【専門家だけが拘る世間ではどうでもいい話題】

 
この仕事は税理士の仕事で
この仕事は司法書士の仕事
 
他士業の仕事は扱ってはいけない
 
専門家にとってこれは重要なことで、例えば、行政書士が司法書士のように「登記申請代理」をしたら司法書士法違反になります。
下手したら逮捕されます。
 
でもね、これって一般の人にとっては
 
どうでもいいこと
 
「なに士」だろうが、自分が頼んだことをやってくれる人なら誰でもいいんです。
 
 
会社設立手続きのように、司法書士でも行政書士でもできそうな仕事。

「業際」
 
っていうのですが、これがよく問題になります。
 
行政書士なのに会社設立登記申請した
 
とか
 
司法書士なのに定款の作成代理した議事録作成した
 
というように。
 
お客さんにとっては、どっちでもいいことを専門家同士が争っています。
 
私の扱う「遺言書作成」も業際でしょうね。
行政書士も司法書士も私は持っているのであまり気にしたことないけど。
今はそんな感じですが、数年前までは愛知県司法書士会の会務に関わっていたので
法務局に行政書士のポスター貼られると「おかしくないですか?」と法務局まで苦情を言いにいったりしていましたけどね。
 
ひょっとしたら、私の事務所に仕事の問い合わせをした後に、他士業の方の事務所に電話をして
 
「司法書士事務所より安くやりますから」
 
と言われて仕事を取られているのかもしれません。
 
現に、「それ〇〇士の仕事じゃないじゃん」ということを堂々とうたってる人もいますからね。
 
以前は、そんな人たちにカリカリしていましたが、今はどうでも良くなりました。
 
費用が合わないのは仕方のないことだし
お客さんにとって自分の困りごとを解決してくれるなら誰でもいいわけだから。
それに違法なことをしてる人はそのうちに目立って捕まえるだろうと思ってるし。
 
カリカリしたり、「あいつは許せない」とSNSでつぶやいてるより
自分が売れる方法を考えていた方がずっと健康的だから。
 
業界のことを考えて「業際」をうるさく言ってくれる方は素晴らしいと思うけれど
無責任に聞こえると思いますが、業界より自分が食べていけることが私にとっては大事。
 
業界のことを考えて行動しても、業界は食べさせてくれないし、自分を守ってくれないから。
 
先日、少しTwitterで賑わっていた「業際」について、思うことを書いてみました。

b0181744_10351980.png

[PR]
by 073995332 | 2018-07-20 10:38