【私がホテルのラウンジを使う理由】

 
 
私は、打ち合わせとか会食の場所を決めるのが嫌です。
人に決めてもらって何も考えずに打ち合わせや会食の場所に行くのが好きです。
 
どーしても私が決めないと行けない時は
 
打ち合わせは、ホテルのラウンジ
会食は

「お金持ってる年上の男性」

に連れてってもらった店か

「女性」

に教えてもらった店にしています。
 
ホテルってコーヒー1杯1000円以上しますが、ソファの重厚感だったり静かさがいい
それにホテルだと、相手を丁重にもてなしているイメージ出ませんか?
 
昔は、ド○ールや○ターバックスで打ち合わせをしていましたが五月蠅いし落ち着かない。
なので、今は名古屋駅前のマリオットアソシアホテルのラウンジを使ってます。
 
 
会食の場所は、どんな店を選ぶかで自分の味覚や生活レベルを判断される気がして苦手。
私は自分の味覚に自信ないしね。
ビジネスパートナーになる人、関係を深めていきたい人との会食にチェーンの居酒屋はあり得ないし。
 
だから、接待に長けている「お金持ってる年上の男性」か
味覚や店の雰囲気を察知する能力に長けた女性の選んだ店を会食に使っています。
 
考えすぎかもしれないけれど、自分が打ち合わせの場所をホテルのラウンジに指定されたら
 
「おっ、少し気合い入れよう」
 
と思う。
 
それに、私が今まで見てきた業績のいい経営者で、チェーンのコーヒーショップで打ち合わせしてる人なんていなかったし、会食場所は味も雰囲気もよかった。
 
 
まだまだ自分はラウンジを使うレベルじゃないから
 
とか
 
売上アップしたらあの店で会食しよう
 
という方がいますが
 
「自分はもうそのレベルだから」
「あの店で会食するに相応しい」
 
と思い込んでホテルを使い、会食をした方が、「そのレベル」への到達は早いです。
重要なのは実際はどうあれ「そう思い込むこと」です。
 
私は「思い込みの達人」なので
 
自分はグリーン車に相応しい
自分はオーダースーツを来てもOK
自分は気軽にタクシーをつかってもいい
自分は・・・・・
 
と思い込んで、そのとおりに行動して少しづつ「セルフイメージ」をあげています。

【全てはセルフイメージ】

https://na0ism.exblog.jp/25936353/
 
繰り返しますが、自分が成長するには自分が成長したと「思い込むこと」ですよ。

b0181744_19111928.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-05-18 18:26