人気ブログランキング |

【この制度使えなくないですか?】

 
 
「相続手続きが簡単に」
 
という触れ込みで、平成29年5月29日から,全国の登記所(法務局)において,各種相続手続に利用することができる「法定相続情報証明制度」が始まってます。

「法定相続情報証明制度」について
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji05_00284.html
 
私、制度が始まった時、「ものは試し」でやってみようとしたのですが
 
断念
 
理由は
 
ちっとも簡単じゃないから
 
以上。
 

「相続手続が簡単に」

という触れ込みだから
相続に必要な書類が大幅に減ったとか、わざわざ戸籍を集めなくてもオンラインで完了
 
というイメージを持たれる方がたくさんいるのですが
 
相続の必要書類は減っていない
戸籍はわざわざ集めないとダメ
 
なんです。
 
相続財産が不動産以外に、預貯金等ある場合
 
確かに、「法定相続情報証明制度」を使えば、銀行等で戸籍のコピーをとる時間が短縮されます。
 
でも、私にとって「法定相続情報証明制度」のメリットはその程度。
 
「証明書」をもらうために、わざわざ法務局まで出向く時間が惜しい
司法書士である私が法務局に行きたくないのに、一般の方はなおさら行きたくないと思います。
 
法定相続情報証明制度についてご質問を受けることはありますが
 
「あんまり意味ないと思います」
 
と答えています。
 
 
先日の新聞報道等で、行政手続きの電子化が大幅に進む、とありましたが
私は大賛成。
 
会社設立が簡単にオンラインでできたら便利でしょう。
戸籍の収集もせずに相続手続きができたら便利
 
司法書士なんていらなくなっちゃいますね。
 
でも、遅かれ早かれ「その日」は来る。
司法書士とか「士業」という職種は、国が電子化、IT化に本気出せばたちまち無くなってしまうから。

今は、使えない「法定相続情報証明制度」ですが、ここ数年で、大幅に便利になるかもしれません。
 
 
私は、「その日」に備えて、意外と地道に動いていますよ。

b0181744_15500902.jpg

by 073995332 | 2018-01-23 15:50