【私、進んでますか?】

  
「弁護士とか司法書士の事務所って電話しづらいじゃないですか?」
「私自身も他の事務所に電話するときはドキドキするけど、一般の方のドキドキって私の比じゃないですよね」 
「だから私はLINE@というツールを使って、私とコミュニケーションをとりやすくしています」
 
そんな話を異業種の方にしたら
 
「あなたは進んでますね」
 
と褒められました。
 
人は他人のことは分かりません。
司法書士としたら、司法書士事務所なんて気楽に電話したらエエやん、と思ってるでしょうが
一般の方にしたら、電話をかけるハードルはとてつもなく高い。
 
だから、LINE@でシュッと私に連絡できたら、依頼者はとても楽だろうな、と思ったのでLINE@の導入をしました。
 
「LINEの登録は実名でなくてもできるからあてにならない」
 
そんな意見もあるでしょうが、私はそんなことはお構いなしです。
 
LINEを好きだろうが嫌いだろうが、世の中の流れがそうであるのだから
私は迷わず導入しました。
 
で、友だち追加お願いします

友だち追加
 
 
電話しづらいのなら、電話させなければいい。
電話だと資料が見えないけど、LINEなら資料を添付することだってできる。
 
こんな便利なツール使わない手はありません。
 
また、LINE@にはLINE@の使い方があって
LINE@に、このブログみたいにダラダラ文章を載せてもダメ

スマホでスクロールしなくても読めるくらいの文章量がちょうど良い。
 
フェイスブックとも違うし、Twitterでもない使い方をしないと意味ないです。
 
LINE@はすでに「オワコン(終わったコンテンツ)」である
 
メルマガ
 
と違ってメッセージの開封率が高い。
 
スマホにLINEの通知が来たら、とりあえず確認するけど
メルマガは確認されず削除されるのがオチ。
 
毎週同じ日時に記事を発信していれば、「友だち」の目に触れやすくなるし
私という存在を忘れずにいてもらえます。
 
電話のようなストレスを感じさせることはないし
決まった日時に記事を配信していれば「単純接触効果」が生まれて、私のことを忘れずにいてもらえます

※単純接触効果とは、簡単に言えば「接する機会が多ければ多いほど、相手に好感を抱きやすくなる」という心理学の法則
 
 
LINE@でつながっていれば、今すぐは私に相談することはないけど
私のことを忘れない限り、相談をしてもらえるチャンスはやってきます。
 
「司法書士です」って名刺をもらっても、保管してる人なんてまれ
大抵の人は名刺を無くしてしまって、名刺がなくなれば存在を忘れられますからね。
 

友だち追加お願いします

友だち追加

b0181744_19212435.jpg

by 073995332 | 2017-12-27 19:21