【従業員いませんが何か?】

「年商2億円くらいの会社?(もうからないから)勘弁して」
「○○の手続きしても100万くらいにしかならないから割に合わない」
 
他士業の方からそんな話を聞いたら、私は黙るしかない。
 
100万円ももらえるのならスゴイじゃん!
年商2億の会社からはどれだけの仕事がもらえるんだろう!
 
私なら喜んで引き受けたい仕事なんですけどね。
 
・報酬の相場
・負担している固定費(家賃、人件費等)
 
そんなことを考えたら、「100万円では割に合わない」という方もいるのかもしれません。
特に固定費は、仕事があろうがなかろうが毎月かかりますからね。
多くの事務員、従業員を抱えている事務所は大変です。
 
 
「先生(私のこと)のところは事務員何人ですか?」
 
と名刺交換をした同業者からよく聞かれます。
 
たぶん
 
司法書士=登記手続き

   ↓
 
登記手続き=銀行、不動産業者

   ↓

銀行、不動産業者=事務員をたくさん抱えないとやってけない

   ↓
 
事務員たくさん=儲かっている事務所
 
こんな「連想ゲーム」から、事務員の人数を聞きたがるのだと思います。
 
従業員はいないし
 
「私=登記手続き、ではない」

から、司法書士業界的に言うと、私のところは儲かっている事務所ではありません(笑)

 
でも、登記手続き以外にも仕事はあって
おつきあいしたくない銀行、不動産業者がなくてもやっていけてます
やりたくない仕事をせず、取引したくない相手と付き合わなくてもいいからとても楽です。

従業員に支払う給料のことも考えなくてもいいし。
 
司法書士業界的に、銀行や不動産業者と付き合いたくないというのはあり得ないけど
司法書士業界的に儲かっていない事務所でも、全く問題ありません。

無理に業界に合わせることなんてありませんから。

私はそう思ってます。
 
b0181744_18563316.jpg


[PR]
by 073995332 | 2017-12-07 19:01