【必ず勝てる場所で戦え】

 
今週は、任意後見契約&遺言書の案件が多い一週間で
有り難いなと思っている司法書士村瀬なおひとです。
 
「遺言の専門家です」
 
と業務を絞っただけで、年間1、2件だった遺言作成の仕事が

10倍

に増えました。さらに単価も上がっています。
 
業務を絞ると、お客さんも絞れて、さらにやるべき事も絞られるから無駄がない
そして、業務を絞っても他の仕事は減らない。
  
これが、登記専門です、って言っていたら、10倍も増えなかったと思います。
 
今から16年前の開業当初は
 
銀行にお願いに行けばお客さんを紹介してもらえると
何のウリもないのに、お願いしますばかりの「お願い営業」しかできませんでした。
 
周りの先輩士業は、銀行から仕事をもらっていたから
自分もそうするモンだ。そうしなければいけないって思い込んでいた。
 
私がいくら頼んでもお願いしても仕事は来ません。
 
銀行は、私が先輩士業と戦ってはいけない場所
戦っても勝てる場所ではなかった。
 
だから、今もそこでは戦いません。
 
 
戦う場所
それも、勝てる場所が分かっていれば連戦連勝です。
 
きっと、遺言とか高齢者に関係することは、私が戦えば勝てる場所。
だから、そこでしか私は戦っていません。
 
でも、私は遺言書とか生前贈与とか名義変更とか仕事の中身では戦いません。
仕事の内容、専門知識で戦ってしまったら、たぶん私は勝てない。
 
なので、仕事の内容とか、専門知識の「前」で戦う。
  
コミュニケーション
 
だったら、戦えば、もしくは戦わなくても勝てる自信がある。
だから、私はコミュニケーションを最重要視しています。

士業は、コミュニケーションを軽視してる人多いから
まだまだ、知識があれば仕事が来ると思い込んでる人多いし。
 
仕事の内容、専門知識ではなく、コミュニケーションで勝つ
 
なんて言うと、専門家のくせに、ってバカにされそうですが
コミュニケーションさえ取れていれば、私がどんな提案をしても受け入れてもらえます。
価格がいくらであろうと、そして極端な言い方をすれば内容がどうあれ、受け入れてもらえる。
 
逆に、仕事の内容、専門知識が素晴らしくても、コミュニケーションがダメなら、依頼なんて絶対に来ません。
 
飲食店でも、最高の食材最高の料理を出すけど、店員料理人が最悪の店より
料理はそこそこ、でも店員料理人がとびっきり愛想が良い店の方が流行りますよね。
 
 
もし、思うように依頼が来ない士業の方がおられましたら
一度自分が「戦う場所」がどこなのか、考えるとよいと思います。

b0181744_18102130.jpg

[PR]
by 073995332 | 2017-09-28 18:44