【私が汗だくになる理由】


私は週に一日汗だくになる日があります。
 
それはトレーニングの日
 
筋トレ、ストレッチ、キックボクシングをみっちり2時間やっています。
冗談抜きで汗だくになるし、水分補給のための2リットルのペットボトルがカラになる。
 
身体も顔も少しづつ締まりだし、代謝も良くなって肌つやもいい。
 
最初は、誰もやっていないしカッコいいからという理由で始めた「キックボクシング」でしたが
最近は、キックボクシングより筋トレとストレッチの方に価値を感じています。
 
体力つくりが大切だからとスポーツに精を出す経営者の方が多い
でも、批判を承知でいいますが、テニスやゴルフをやったところで体力つくりにはなりません。
 
あれは、レジャーです
キックボクシングも私にとっては筋トレ後のお楽しみ、レジャーです。
 
レジャーでは
体幹鍛えられるわけではないし
バランスよく筋肉がつくわけじゃない
 
5年先10年、20年先も元気に仕事をするために、私は汗だくになってトレーニングをしています。
私がキックボクシングを始めた43歳という年齢も身体つくりをするラストチャンスだったと思う。
 
「ヒマだからトレーニングができる」
 
そんなことも言われますが、トレーニングは仕事だと思っているんで
強制的にトレーニングの時間を作っています。
無理やり時間つくらないとトレーニングなんてできません。
 
ヒマがない方なんて、本当はいなくて
ヒマがないと言いつつ、飲み会の時間はきっちり作る人もいる。
1週間のうち、1時間、2時間の時間もとれない人なんていないと思います。
 
けっこう、同年代の方が体調崩して仕事できなくなってますからね。
早いうちに体力つくりしないと、仕事すらできなくなる危険性もあります。
 
ぶっ倒れるまで仕事して、休んで、またぶっ倒れるまで仕事する
そんな人の考えは私には理解できません
ぶっ倒れたら迷惑する人たくさんいるやん。
 
1年くらい強制的に「トレーニングの時間」を設けたことで
一週間のデトックスができて、身体も締まって、以前よりも意欲的に仕事に取り組めるようになりました。

私にとって2時間の時間を「投資」することで得られるリターンは結構大きいです。

 
b0181744_18321764.jpg

[PR]
by 073995332 | 2017-05-26 21:25