【皆がやることはやらなくていい】

 
「人ができることはできなくても
人ができないことができればいい」
 
誰が言った言葉かは知りませんが、私が好きな言葉です。
 
何でもソツなくこなせる人よりも、たとえ苦手なことがあっても
どこか一つでも人より秀でていればいい。
 
私自身、人ができることで、できないことが多いので
この言葉に救われています。 
 
また、

「皆がやることはやらない」

というのは私が決めていること
 
これは、逆に言うと

皆がやらないことをやる

ですね。
 
・気の向いた時にしかブログ書かない人が多いから自分は週5回ブログを書く
・同業者向けに営業の話をする人がいないから営業のセミナーをする
・司法書士で顔出し、自撮りする人がいないから、自分はどんどん顔出し、自撮りする
・LINE@使いこなしている士業がいないから、自分は使いこなす人になる
・赤い色を身に着けて仕事する男性が少ないから、自分は赤い色を身に着ける
 
特に、赤い色の件
男性はグレーとか落ち着いた人を身に着ける人が多いけど
 
「自分はグレーを着るために生まれてきたんじゃない」

と、私はよくわからないことを言って赤着ています。
 
 
人がやらないことをやってると、ほんの少しですが不安になる
なぜならモデルとなる人がいないから。
 
でも、皆がやってることをやっていれば安心だけど
得られるものは少ない
なぜなら、美味しいとこは皆に取りつくされているから。
 
反対に、人がやらないことをやることで得られることは沢山ある。
 
ブログを週5日書く→取材、書籍化の話が来る
営業のセミナー  →司法書士業以外でお金がいただける
自撮り      →リアルに会わなくても親近感を覚えてもらえる
LINE@    →LINE@のセミナーで事例として紹介してもらえる
赤い色      →人に覚えてもらいやすくなる 
 
だから、皆がやることはやらなくていい
 
人がやらないことは不安だけど
モデルになる人がいないなら、自分がモデルになってしまえばいい
 
人がやらないことをやれば、競争しなくても済みます
競争する相手がいないから
競争しなくても仕事がいただける
 
 
「人がやらないこと」は良いこと尽くしなのに
これでもまだ、あなたは「みんなと一緒」がいいのですか?
 
 
※、このニット、赤じゃなくてピンクでした
b0181744_21464832.jpg

[PR]
by 073995332 | 2017-01-27 21:50