【司法書士で稼ぐ方法】

  
私は、同業者とあまり仕事の話をしたくありません。
 
なぜならば
 
話してもつまらないから
 
こんな手続きをしたとかこんな勉強をしてるという話はするのに
この仕事でこれだけ稼いだ、というビジネスの話をしようとしないから。
 
司法書士、士業以外の人と話す方が刺激になるし楽しい
   
このブログでも書いたのですが
 
↓   ↓   ↓   ↓
【じゃあ、司法書士で食えますか?】
http://na0ism.exblog.jp/23369758/
 
「~ねばならない」
「~すべき」
という考え方にとらわれすぎだし
 
・(登記申請)数をこなさないと儲からない
・1申請の報酬が安いから、たくさん数を集めようとする
・たくさん集めようとするために報酬額を下げる
 
というビジネスモデル(?)を捨てきれないでいる
 
  
きっとその根底には
 
登記の仕事をたくさんこなす司法書士が素晴らしい
 
という考えがあるから
 
登記の仕事が少なくても稼いでる司法書士を賞賛する文化はありません。
 
(登記とは、法務局に申請書を提出する作業のことです)
 
また、登記の仕事をたくさんこなせば儲かるやろう、という安易な思い込みもある。
で、登記の仕事をたくさんくださるのは「銀行と不動産業者」 
  
みんながみんな「登記の仕事をたくさん欲しい」と思っているから、
みんながみんな「銀行と不動産業者」に営業をする。
 
考えてることも営業先も一緒って何だか変だし、そんなことをしていても稼げっこない。
 
そもそも登記で稼ぐのは無理
 
登記は「手続き」でしかないから、「手続き」で多くのお金は頂けません。
それなのに、多くの司法書士は「手続き」で稼ごうとしている 
   
手続き以外で多くのお金をいただくにはどうすればいいか
 
を考えている司法書士は数少ないと思います。
 
みんな、登記からも法務局からも銀行からも不動産業者からも離れられない。
 
それらから離れて考えることができたら、稼ぐ方法も見つかると思います。
 
  
手続き以外で稼げないか
銀行、不動産業者と付き合わなくて稼げないか
数を増やさなくて稼げないか
 
「どうしたらできるか?」
 
をずっとずっと考え続けたら、登記に頼らなくても司法書士で稼ぐ方法は見えてくる。
 
私は、5年前くらいから考え続けてアイディアが出て、アイディアを使ってみてブラッシュアップして
一度そのアイディアを手放して、新しいアイディアを出しての繰り返しをずっとしています。
   
  
アイディア出しの方法とか含めて 
司法書士向けに「10倍高くても売れるセミナー」やろうかな。
 
b0181744_20322934.jpg

[PR]
by 073995332 | 2016-10-26 20:33