【司法書士は「幸せ産業」】

 
4月からキックボクシングを始めて、気がついたことがあります。
 
「体重は思ったほど減らない」
 
今まで運動不足だったから、週1回でも運動をすれば体重がすぐに落ちると思っていました。
 
それが減らない。
 
減ったは減ったのですが、自分が思うほど減りません。
 
でも、身体は締まってきました。
お見せできないのが残念だけど。
 
脂肪が筋肉に変わったから、そんなに体重が落ちないのだ、と理解するようになりました。
  
あと、足がかなり上がるようになりましたよ。
 
サンドバックを相手にキックの練習をするのですが、サンドバックの上の方にキックが当たるようになった。
ローキックだけじゃなくて、体幹ぶれずにハイキックもできるようになった。
 
たかが週1回ですが、自分の身体は自分が頑張った分、成果が出ることが分かりました。
自分は、コツコツ続けることが苦手なんですが、キックボクシングは楽しいから続くんだろうな。
 
意味もなく(意味はあるけど)ジョギングしたり
意味もなく(意味はあるけど)筋トレしたりは
 
楽しくないから絶対続かない。
 
 
ところで、司法書士の仕事は様々ありますが、私は自分が楽しくない仕事は引き受けません。
 
楽しい仕事=依頼者が喜んでくれ、誰も不幸にしない仕事

です。
 
以前は、「相手が不幸になっても依頼者が喜んでくれればいい」

と思っていたので、簡易裁判所の争っている案件などは
 
「相手に地獄を見せよう」
「トコトン追い詰めてやろう」
   
そんな事を嬉々として考えていました。
 
依頼者のリクエストは絶対だし、相手を不幸にしようとも仕事は仕事
 
そう割り切ってやってた。
 
しかし、自分では割り切っているつもりでも、心のどこかに仕事と割り切れない自分がいて、精神的に辛くなってきた。
 
結果、仕事を始めて10年経って、楽しくない仕事は引き受けないことにしました。
 
楽しくない仕事をしていたときは、笑ったり冗談を言ったりする余裕はありませんでしたが
楽しくない仕事をしない今は、余裕を持って依頼者と接することができるようになりました。
 
「楽しい仕事」だけ引き受けようと決めると
楽しいことに自分の思考がフォーカスされるので、自然と楽しいことに目が向く
 
また、自分の雰囲気も楽しい方向に変わっていくような気がします。
 
 
自分が弁護士なら「楽しい仕事」だけやる、ってのは難しかったと思います。
弁護士には刑事裁判の仕事もあるし、基本的に「もめ事」でご飯を食べていますからね。
 
司法書士は、基本的に「幸せ産業」なので、弁護士と違って「楽しい仕事」だけすることも可能です。

【やっぱり幸せ産業】
http://na0ism.exblog.jp/21880704/
 
仕事を始めた当初は
 
「自分には楽しい仕事が来ることはない」
「相手を不幸にしても仕事になればそれでいい」
 
と考えていましたが

今となってみては、自分が意識を変えることで「楽しい仕事」にめぐり会えることが分かりました。
自分自身が「楽しい仕事」を遠ざけていたのかもしれません。
 
 
蛍光ピンクのTシャツで楽しさをアピールしてます。

b0181744_18074534.jpg

[PR]
by 073995332 | 2016-09-12 18:08