【「営業」は学ぶな!】

 
「営業なんてしなくていい」
「依頼が来るのをじっと待っていればいい」
 
昨日から2日間に渡り東京で開催される「ブレア・シンガー」の営業セミナーに参加してきました。
(所要により初日だけ参加)

http://www.blairsinger.jp/
 
営業のセミナー受けてくるんだ、と親に言ったら
 
「営業なんてしなくていい」
 
と言われてしまいました(笑)
 
たぶん、私と親に「ミスマッチ」があったのだと思います。
 
親戚・・営業=飛び込み営業、テレアポ営業
 
私・・・営業=紹介営業
 
英語で「door to door」という飛び込み営業、「cold call」というテレアポ営業は学ぶというより根性の問題でしょう。
とても飛び込み営業する勇気はありません。
 
飛び込み営業する士業は少し怖いな。
でも、やる人いないから目立っていいかも。

士業だって、いや士業だからこそ営業は必要です。
私は根性なしだけど営業について語ってます

【「根性なし司法書士」が営業を語る】
http://na0ism.exblog.jp/25686273/

 
確かに、営業がいらないと思うような場合もある。
私の仕事は、依頼者の方がどこかで私のこと(事務所、電話番号等)を見つけて連絡をしてくれます。
 
「こんなことで困っていて、仕事をお願いしたい」
そんな時は、セールストークとかクロージングなんて考える必要はありません。
 
でも、多くの司法書士がそんな感じなんで
私もそんな感じでやっていたら、仕事の依頼をいただくのが難しくなる。
 
なので、私は営業について学んでいます。
 
営業は、名刺をばらまくことじゃない
興味もない人に売り込むことでもない
 
自分が理想とする顧客に出会った時に、何を言うか、どのように印象つけるか
また、その人が何を言ったらどう反応するのか
千載一遇のチャンスを逃さないための準備をしておく。
 
営業ってそういうことじゃないか?
 
よく、不意にプレゼンのチャンスを与えられて、グダグダのプレゼンする人がいますが
どうして常に準備をしておかないのか、私には不思議で仕方ありません。
 
チャンスは二度と来ないよ~


ブレア・シンガー、今日はどんな話したんかな?
 
b0181744_22061032.jpg

[PR]
by 073995332 | 2016-09-02 22:09