【ブログのネタから司法書士の売りものを考える】

いつも収入印紙を買いに行く郵便局で、窓口の方がさかんに商品を勧めています。
(法務局や裁判所の手数料は印紙で納めます)
 
「これは身体に良いから」
「塩分控えめ」
「どうのこうの」

 
で、さかんに勧めますが、お客さんは預金を積みに来ただけなので、当然商品は買いません。
 
別に郵便局で買わなくても、スーパーで買えば同じようなものがずっと安く買えます。
 
郵便局の方が片手間で売ってるのならいいのですが、聞いたところでは局員の方には「ノルマ」がある。
 
「今月中にこの商品を何個売れ」
「年賀状を何枚売れ」


というノルマ。
 
ノルマがあるなら、もう少し真剣に売り方を考えれば良いのに。
郵便局に行くと、いつもそれを思います。
 
ノルマを課せられた商品じゃないけど、今だったら

「熊本のもの」

を売ったら、すごく売れるんじゃないかと思います。
 
何があるだろ?

焼酎、辛子レンコン、馬刺し、熊本ラーメン・・・・

ぐらいでしょうか?
 
熊本地震で、義援金を送ったり、物資を送ったり
または、ボランティアに行く人もいたり

皆、熊本を支援したい。
 
熊本のものを購入するのも、立派な支援ですからね。
 
だから、郵便局の窓口でも「熊本フェア」とか「熊本を応援しよう」と銘打てば売れるのに。
郵便局にいる間ずっと考えていました。
 
郵便局が小回りのきく組織なら、すぐさま、そういった売り方をするのでしょうけどね。

私がもし、小売店を経営していたのなら、すぐに「熊本を応援しよう」フェアするんだけど
残念ながら司法書士業ではフェアできません。
 
フェアできないので、外食するときは熊本料理専門店を中心に利用したいと思います。
 
 
「売りもの」、「売り方」、「フェア」なんて、士業ではあまり考えないことかもしれません。
 
フェアではないですが、司法書士でいえば

「相続登記はお済みですか月間」

なんて、市民に全く認知されていないフェアのような月があります(笑)
 
「売りもの」は、司法書士であれば同じものだし
「売り方」も、似たり寄ったり 
 
でも、何とか同業者と違うアプローチできないかな、と考えていると
何かしらアイディアが浮かびます。
 
今日の、郵便局でのやりとりや熊本のものも、今すぐではないけど将来的に何かしら
私の「売りもの」であったり「売り方」に活かせるような気がします。
 
「何かないかな」

といつも考えていると、いつも見ている風景、いつも会っている人からも
「ヒント」が貰えます。
 
  
このブログを書くことも、実は、新しい「売りもの」「売り方」を発想するための方法の一つです。
 
ブログを書くには、普段からアンテナを張ってないと「ネタ」は引っかかりません。
 
「何かブログのネタになることはないか」

と考えているから、先日のような「自動音声の相続電話営業」なんてネタがひっかかります。

【自動音声の相続電話営業】
http://na0ism.exblog.jp/25519076/ 
 
「何かないかな」なんてって、一見ボサーとして見えますが

実はブログのネタ探し兼司法書士の売りものを考える大事な動作です。
 
 
※ブログを書いていたら「馬刺し」が食べたくなりました

b0181744_18551055.jpg

[PR]
by 073995332 | 2016-04-21 18:56