【「根性なし司法書士」が営業を語る】


以前から良くしていただいている、某県某支部の支部長から
 
「研修講師やってくれないか?」
  
とオファーいただきました。

地元愛知県からは、「問題児」とか「反逆児」と言われて、まったくオファーがありませんけどね。
 
正式決定ではないようなので、某某某の連発ですが(笑)
正式決定になったら嬉しいな。
 
 
研修テーマですが、せっかく他県の私を呼んでいただけるわけですから
私にしかできない話をする予定です。

【お前は何ができるんだ?】
http://na0ism.exblog.jp/24181085/
 
同業者に、専門分野の話してもアホみたいだし怒られそう。
 
なので、どの士業も必ず関心があることで、なかなか聞けないこと。
関心があるなら、研修でやればいいじゃんと思うけど

「金、金言うな」「営業なんて士業のやることじゃない」
 
と、内部で言われてしまってなかなか研修テーマにならない
(愛知県司法書士会一宮支部ではそうでした)
  
「営業」

をテーマにする予定です。
 
営業って、

「やらなきゃいけないけど大変」
「セールストークが大事」
「断られてからが勝負」


いろいろ考えなければいけないことがある。

でも、私は

・大変なことはやりたくない
・セールストークはさっぱり
・断られたら諦める


という「根性なし」なので、根性なしでもできる営業について話します。


先日、開業したての同業者の方と営業についてお話ししましたが
 
・売りもの
・お客さん
・売り方


がはっきりしないので、営業を苦戦していました。
 
でも、売りものがはっきりしていても、同業者と同じものを売っているとなお苦戦するし
お客さんが競合しても苦戦する
また、売り方が同じならどうしようもない。
 
だから

「資格も同じだし売りものも同じだから、値段下げないと仕方ないよね」

となってしまいます。
 
「仕方ないよね」

になっちゃうと、何もアイディアが浮かびません。

仕方ないよねではなく
 
「資格も同じだし売りものも同じだけど、どうしたら安売りせずにすむか」

「どうすればいいか」

になれるかが重要です。

「どうすればいいか」

になれるかが重要です。

大事な事なんで二回書きました。
 
 
以前、愛知県行政書士会一宮支部が外部講師を招いた営業のセミナーは
「3Cを覚えろ」とか「AIDMAだ」という情報知識を話すしょうもないセミナーだったので
 
私が行う、某県某支部の研修は、単なる営業のノウハウではなく、「営業の考え方」を伝える研修にします。
 
今から楽しみだ!

研修タイトルを「俺の法則」にしたら怒られるだろうな

b0181744_16484890.jpg

[PR]
by 073995332 | 2016-04-19 16:49